自立の育つスキマを意識する   

昨日書いたような意味で、塾の先生から「健全性」を心配されるような事態は、こじろうのときもはなひめのときもなかったと思うけれど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←親が完璧包囲網体勢じゃないところが大事

まずいやり方だった、と反省している部分はあります。つまり、中学受験を成功させるという意味では特に問題なかったけれど、その後の自立を育てるという部分では問題ありだったということです。

問題ありだったと思うのは、主にこじろうのときの受験です。手を出した量、親子の密着度でいえばはるかにはなひめのときのほうが上なんですが、そういうことでは決まらないんです。

こじろうの受験のときは、たっぷり寝てましたし、十二分にゲームやってましたし(-_-;; 余裕はたっぷりあったのではと思ってましたが、気持ちの上でのゆとりというのは、何分ゲームができたかで決まるものではありません。勉強をどれだけ、どういうふうにやるという決め方の、方向性というか。

こじろうの勉強は、「ちゃちゃっと『栄冠への道』やっておしまい」というのが習慣のベースになっていて、それにプラスして、漢字語句ノートをやろう、だとか、再チャノート(間違えた問題の再チャレンジノート)をやろう、とか、親が必要性を思いついたものをそこにプラスしていく交渉が行われる…こじろう本人が必要性を実感するかどうかは関係なく。

ただ分量で、かけひき(笑)が行われ、「多いよ」「多くないよ」、綱引きの結果、じゃあ今日はこれとこれね。そして、残り時間はゲーム(^^;;
(ゲームというものは、時間がどれだけあってもそれを無言で吸い込んでしまうというか、ゆとり時間をゆとりや充実として実感しにくいのも問題のようである)

結果として勉強時間が、六年生としてどうよ、という少なさであったとしても、親が押し付ける、子どもが抵抗する、その構図が定着しているところが問題。

こんな生活でも、「こつこつ積み重ねたことの価値」を体験するとか、「定着する勉強の仕方」を体験するとか、そういうプラス面はあった。それは、その後の中学校生活、さらには現在の高校生活に生きているとは思うけれど、中学生になりたてのこじろうは、決して勉学意欲旺盛な子ではなかった(注: ひかえめな表現です)。

その後、なんだかんだあって中学三年生くらいではいろんなことがうまく噛み合うようになったと思うけれど、それは母の功績ではもちろんなくて、本人が環境に馴染んで、部活やら、仲間やら、そういったいろいろな支えがあった成果だ。

はなひめの受験のとき、こじろうよりずっと関わっていたけれど、その中で頭の隅に置いていたのは、「自立のためのスキマ」。はなひめが自分で工夫したり、もうちょっとがんばったり、そういうことができる「スキマ」というのは、体力・気力的なゆとりでもあり、時間的なゆとりでもあり、自分の中から出てくる意欲が活躍することができる空間のこと。なかなか難しいのだけれど、二度目だからわりと「まあいいやそれでも」的な諦念がどこかにあることがやや幸いした(笑)

あと、はなひめの側に、中学受験の意思と第一志望校に向かう意思がはっきりしていて、そして、過去問をやった様子が、あんまり万全でなくいろいろと課題山積だったことがよかったと思う。

特に、うまくいきそうな手ごたえが感じられるようになったのは六年後半。詳しくは、過去記事「自立の育つスキマ」をご覧ください。

六年秋ごろのはなひめは、疲れている様子もなく、緊張はしていないけれど、ゆるすぎる感じではなくて、ごく自然に受験に向かってほんの少しずつ集中していくような。面談のときに室長先生にも、「ちょうどいい感じ」と言われて、なんかうまくいきそうな気がした(そのわりに、最終回の模試では大コケしたけどね…)。

その流れが、本命入試のときの、「ほんとうの本気集中」につながったと思う。中学生になってどうなるかはまだこれからだけど。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2013-03-02 07:39 | 中学受験 | Comments(11)

Commented by とらますく at 2013-03-02 12:07 x
いつも楽しく拝読させていただいております。
勉強法のサイトを運営しております。医師の佐藤と申します。
当サイトにも是非一度いらしてください。もしよろしければ是非相互リンクも!
貴サイトの益々のご発展をお祈りしております。受験お疲れ様でした!
Commented by ゆーちゃん at 2013-03-02 18:58 x
過去記事「自立の育つスキマ」は好きな記事でした(*^^*)はなひめちゃんが担任の先生に恵まれて成長しているのを見ていいな~と思ったのでした。
今の息子は塾は楽しく通ってるけど宿題は好きな科目しか自分からはやらない感じですが、六年生の後半になったらはなひめちゃんみたいになってるといいな~と思います!
Commented at 2013-03-02 22:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gura at 2013-03-02 23:41 x
スキマはやっぱり大事なんですね。

スキマは工夫やひらめきや夢や・・・色んなものが育つ大事な時間なんだなあ。

自立が子育ての最終目標で、生きる力、生活重視だった我が家ですが、今回中受を通して、生活力がぐんとアップしました。目からうろこ。生活と勉強、どちらも大切で、密接にかかわっていたんですね。

勉強とスキマ、中受とスキマ、自立とスキマ・・・。

子育てを振り返るいい時間をもらいました。有り難うございます。
(^-^)~
Commented by an-dan-te at 2013-03-03 09:52
とらますくさん、
ありがとうございます。リンクは作ってないので、すみません。
Commented by an-dan-te at 2013-03-03 09:59
ゆーちゃんさん、
はなひめの場合、小学校六年間、一度も学級崩壊に当たってないんで!!(またろうもこじろうも当たった) どんな小学校生活になるかって、ほんと運ですね(^^;;

ま、ともかく。受験が近づいてきて、子どもがどう雰囲気変わるか成長するかは、お楽しみに~

Commented by ぷくりん at 2013-03-03 12:44 x
残り少ない小学校生活、はなひめちゃん楽しんでますか~?

いいお題だったので、コメントしたくなっちゃいました。
現在中2の息子の時はスキマの有無まで思いをめぐらす余裕すらなかったですね。なにせ6年2月という締切厳守が絶対条件、デキもよくなかったし、どんな話もアドバイス彼の心には響かなかった…彼の方も知らない外国語で話されている感覚だったと思いますが。

ご縁と運の賜物で(笑)今の学校に入学し、本当にごく最近、自立の芽が見え始めました。でも結果がついてきてるかは…まだまだヒヤヒヤ。それを今見守れるのも中高一貫のメリットかなと思います。我が家は「のちのちに自立のスキマを作るための中学受験」だったかも。
Commented at 2013-03-03 16:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-03-03 16:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-03-04 11:31
ぷくりんさん、
渦中にあるときはなかなか、入学後のことに想いをはせる余裕もないですね(^^;;

こじろうのときは夢中で押し込んだ感じでしたが、とにかくまたろうのときと違って、いろいろややこしい中学時代に「長い目で」見守れるってのは中高一貫校のいいところですね、ほんとに…

> 我が家は「のちのちに自立のスキマを作るための中学受験」だったかも。
わかります…
Commented by an-dan-te at 2013-03-04 11:38
***(2013-03-03 16:25)さん、
室長先生がおっしゃったという「個別と家庭教師は敵だ」は、最難関校をメインターゲットとする*塾としてはまさにぴったりの発言だと思います。親であっても同じことですが、ともかく誰かに手取り足取りやってもらわないと勉強できない子は最難関には向きませんね。万一押し込めても(無理だと思うけど)入ってから困るだろうし。

***さんのお子さんは、そこにぴったりはまる資質があって、紆余曲折はあっても最後はうまくいったのでしょうね(^^)

<< ゲームの誘惑と戦う(^^;; 中学受験の健全性を損なわないこと。 >>