塾の先生がいう、「自立させてください」をどう考える?   

塾の先生はたいてい「手を出さず見守って、子どもを自立させてください」てなことをおっしゃるけれど、それをどう受け止めたらいいだろうか?

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←親子の適切な距離感はどこらへん?

子どもに任せておいたら、必要なことが抜けてたり、効率が悪かったり、というかそもそも家庭学習まったくしないままに日々が過ぎたりとかっ!! …と、思いません?? うちだけ?

こじろうのときは、今回の受験ほど深く入り込まなかったけれど、それでも
・テスト直しはいっしょに見る。
・六年の五月以降、漢字・語句ノートを日々作成。
・六年の秋以降、社会メモチェの口頭確認。
というくらいのことはやっていた。そもそも、こじろうはわりと私がいない間に課題を済ませていたけれど、それとて

(1) やるべきことを確認して、合意する。
(2) ゲームができないようにロックする。
(3) 課題が終わったことを確認してロック解除する。

という親のお膳立てに支えられていたわけで。これがなくては学校から帰ってきてずーっとまたろう兄と楽しくゲーム(もしくは、カードバトル)しててハッと気づくと母が帰ってくる時間!! というのがありがち。

これをやらないほうが、中学受験の結果がよかった、とか、
これをやらないほうが、自立的勉強をするようになっただろう、とか、
ぜんぜん思わないんですけど。

中学受験の結果はともかくとして、その後の自立にどちらがよりつながるかというのはわからないじゃないか、というツッコミもあるかもしれないのですが、そしてそれは確かに、同じ人材に両方やって実験することもできないのですが、「きちんと勉強するというのはどういうことか」もわからないまま中学生になる(実例: またろう)というのが大方の予想ではないでしょうか。

親のお膳立てで勉強をしていたにしても、「こうやって勉強すれば身につく」という体験ができて、「日々の積み重ねではるか遠くまで進むことができた」という実感を持って中学校入学にこぎつけることができたのは、「自立」にとってプラスのことだった、と私は感じています。これはこれで生活実感的にひとつの真実であろうと思うのです。

でも、それなら、親とは別の意味で経験豊富で、プロとして長く中学受験にかかわっている先生方が、なぜ「手を出さずに見守れ」というのだろうか? 商売の都合でいえば、長い目で見た自立よりも、むしろ中学受験をともかく成功させてほしいと思ってもおかしくない立場の先生が、こうおっしゃるについては、それなりの根拠があるはずです。

そのココロは、なんでしょうか。(つづく)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2013-02-26 21:35 | 中学受験 | Comments(19)

Commented by gura at 2013-02-26 22:54 x
続きをまちます(^-^)
Commented by あきよん at 2013-02-27 07:27 x
そうですよね。手を出さなくても子供が勝手に頑張ってくれて、さらに偏差値も高いお子さんのいる家庭とかもあるからそういうとこを目指して欲しいのかと思ったり。あ~~でもうちは絶対無理でした(^^;)手を出さなかったら楽だけど合格は得られなかったと思います。
Commented by くるみ at 2013-02-27 09:10 x
自立と放任(甘やかし)は紙一重と言うか、難しいですね。特に小学生は個人差がありすぎて。国語力が足りない子は(国語力=大人力だと個人的に思ってます)特に難しいと感じます。
あるていど勉強の忍耐力がつき、やり方がわかってから手放したいと言うのが本音かな。
中学生でもそうです。歳は取ってても、ろくに勉強をしてきてないわけですから。でも反抗期突入で、時すでに遅し>< 
ただ、「勉強をしない。すぐサボる」ことで、バトルが多かったり(=我が家)、親の介入が多かった子は、その後もアップダウンが続きそうな気がします^^;
そこまで勉強が好きじゃないのですから、当然と言えば当然なんですが^^;

「自立」って定義が難しいですね。
中学受験では塾ありきなので、「自立を妨げる=親の介入」になりますが、中高生以降は、「塾依存=自立を妨げる」と言う部分も出てきます。
塾の先生も、「高校生になったら最初は塾に頼らず自分で勉強しなさい」と、受身の勉強を心配します。
でも合格と自立の共存は難しいですね。
難関大に合格した子たちのほとんどは塾に通ってて、私立一貫校+塾2つ掛け持ち、なんて子もいるわけですから。
難しいテーマですね^^;
Commented by みさまま at 2013-02-27 11:23 x
このテーマ、深いですよね。我が家は、女の子ということもあり、そして、個別なので自宅学習が多いため、私がついて勉強というのが多いです。夫も、塾の先生同様、「一人で勉強させないと、自立できなくなるよ」といいます。

私としてはそうかなぁと思います。

まず、中学受験というのは、大学受験と違って、明らかに学校の勉強を逸脱しています。その年齢に適正とはいえないものを勉強させるのですから、サポートは必要ですし、そして何より効率性という点では、親のサポートは不可欠な気がします。
もちろん、一切手を出さず、自分できちんと勉強して最難関に合格できるお子さんもいますが、少なくともうちの子はちがいます。
(かなりうらやましい!)
4年生から娘と一緒に勉強してきましたが、この頃ではだいぶ手を離れて、自分で何を勉強すべきかも選択できるようになってきました。やっぱり、いきなりジャンプは無理です。ホップ、ステップがなくちゃ。
逆に、小学生でこれだけ勉強と向き合えば、大学受験は楽だろうなぁと、中学受験未経験の私は思うのですが。

それにしても、塾の先生の「自立させてください」発言は謎です。
精神的に自立させろってことでしょうか?

Commented at 2013-02-27 11:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 単に at 2013-02-27 15:25 x
親がごちゃごちゃ言うと面倒なことになるから塾に任せてくださいってことでは?

あ、ちなみに息子が通うワセアカでは”いきなり自立とかいっても無理です。親御さんが頑張ってあげてください”と保護者会で言われました。
Commented at 2013-02-27 18:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-02-27 20:49
guraさん、
なかなか、書きにくい話題です(^^;;
Commented by an-dan-te at 2013-02-27 20:51
あきよんさん、
それはあると思いますよ~
自分でやれてばっちり最難関、というタイプのお子さんだったら、「お子さんにまかせて」というのがぴったりですね。そういう子も育ててみたかったなぁ(^^;;
Commented by an-dan-te at 2013-02-27 20:52
***(2013-02-27 08:47)さん、
そう、ソコでしょ!?
(なぜ非公開コメント!?)
Commented by an-dan-te at 2013-02-27 20:56
くるみさん、
小学生と中学生は、またちょっと違いますね~
塾に対しても「依存」という表現ができますが、確かに大学受験くらいになると、塾に依存しないで自分で勉強できる人が最強というか、それが究極の効率よい勉強でしょうね。私は塾依存でした。

高校受験だとどうかな。親はともかく塾もいかないでできちゃうというのはよっぽどの子じゃないかな…

親がどのくらい介入するとうまくいくかは子どもによって違うし、またそれに実際親がどのくらい手を出すことにするかというのは親の考え方と家庭の事情ですからね。くるみさんも私もやたら気になっちゃうほうですかね(^^;;

Commented by an-dan-te at 2013-02-27 20:59
みさままさん、
一人でやらせてたら自立するとも単純にいかないところが難しいんですよね。
ふだんあまりお子さんの勉強を見ない人の中には、自分はずっと一人でやってきたイメージで実態に合わないことを主張する人もいますから。つまり、自分もすごく手を貸してもらったのに忘れているとか(^^;; あるいは自分は確かに一人でやれるタイプだったけれどもお子さんは違うタイプだとか、あと、自分がちゃんと勉強したのはもう大きくなってから(例: 大学受験)だったりします。

> 小学生でこれだけ勉強と向き合えば、大学受験は楽だろうなぁと、
> 中学受験未経験の私は思うのですが。
そうですね。その後の自立につながるようなサポートができればいちばんいいかなと思います。
Commented by an-dan-te at 2013-02-27 21:02
***(2013-02-27 11:59)さん、
ぱっと手を離したときは転ぶのが当たり前で、そのまま手を出さずに見守る流儀もあるだろうし、転ばない程度の段階的な手の離し方をする流儀もあるでしょうね。

算数はしばらく見てあげたほうが無難かもね…

息子くん、公文で爆睡とは(^^;; 他人事とは思えません。
Commented by an-dan-te at 2013-02-27 21:04
単にさん、
それもあるかもしれないですね。親がのめり込み「過ぎる」のは子どもも困るし塾も困る。
> いきなり自立とかいっても無理です。親御さんが頑張ってあげてください
(^^;; 現実路線ですね。
Commented by an-dan-te at 2013-02-27 21:05
***(2013-02-27 18:36)さん、
はい~、話題いただきました(^^) みんな気にされてるかなーと思って。
Commented by セロリ at 2013-02-28 11:09 x
「自学自習」の甘いワナですね。苦笑。
うちも上の子ではひっかかりました。

自学自習には「やると成果が出る」っていうことを体感してるという準備段階が必要で、
それを得られるかどうかはその子の精神的な成長度にも関わってくるんですよね。

友人のお嬢さんで、本気で競技水泳をやっていて
「練習とコンディショニングをきちんとするから、
タイムが伸びていく」という体験をしてきた子がいるのですが、
彼女は、あのS塾で親にプリント整理すらさせず、
完璧に自学自習をやってのけ第一志望の超難関校に合格しました。
でもね、中学に入って
「こんなに勉強しても、まわりがものすごく勉強してるからぶっちぎれない」と悩んでいるそうです。

早いうちから自学自習できてる子ならではの悩みというか、
ちょっと世界が閉じてるんですかね~。

Commented by an-dan-te at 2013-02-28 22:52
セロリさん、
甘いワナ(笑) ただほっとくなら親も楽なんだけどね。ただ、見ちゃうとやっぱり気になるけど(爆)

> 自学自習には「やると成果が出る」っていうことを体感してるという準備段階
我が家の場合だと、この準備段階も、中学受験の中でやらなきゃいけなかったですからね。

スポーツとか音楽とか、勉強以外のものですでにここを通過している子は強いですね。

> 「こんなに勉強しても、まわりがものすごく勉強してるからぶっちぎれない」
ある意味特殊な環境にいるってことね。
Commented at 2013-03-03 16:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-03-04 11:41
***(2013-03-03 16:03)さん、
記事にしてみました(^^)

<< 最難関に合格する子は、自立タイ... 断捨離の季節 >>