後期日特の感想   

後期日特というのは、六年後半にやる志望校対策授業(日曜日の半日を使う)のことです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←志望校対策、塾により考え方さまざま

第一志望はゆるぎなく決まっていて、しかもその学校名のついた日特があれば、それの受講をためらうなんて、こじろうのときは考えられなかったけれど…はなひめのときはかなり迷いました。

結局、申し込んではいたけれど、出席率はもったいないほど悪かったです(^^;;

たくさん休んでしまった理由は、やるべきと思うことをこなすのに時間が足りなくなり、削るところといっては日特くらいしかなかったからです。

「やるべきこと」というのは、まずは「第一志望校の過去問」、それと「大穴ふさぎ(公民スペシャルなど)」です。第一志望の過去問を、第一志望の志望校対策授業休んでやるってなんだか、おかしな話ですけど(^^;;

日特は、過去問をやるところではないんです。初回だけ、最新の過去問をテスト形式でやって、あとは基本的にやらない。第一志望の合格に役立つと先生が考えた、他の学校の過去問を練習することが多いです。あるいは想定問題(未来問?)をやることもあるようです(学校による)。

でも、本物の過去問をやるところがおろそかになったまま、本番を迎えるわけにはいきません(と、私は思った)。

こじろうの場合は、日特も行き、それとは別に過去問もやりこむというのが間に合ったんですけど、はなひめは、やることなんでも遅いし(-_-;; 第一志望の過去問はこじろうのときより手ごわくて(つまり合わせるまでに時間がかかった)、まぁこんなことになってしまいました。

こじろうは、間違いなく、後期日特行ってよかったと思ってるはずです。第一志望を同じくする子たちといっしょに、入試問題をどんどん解いていく場は、家で勉強するのと本気度が違い、刺激になったようですし、そこでできた友人は、そのまんま進学後の友人でもありますから、スムーズに学校生活をスタートすることができました。

こじろうとはなひめで、こんなにも後期日特の位置づけが違ってしまったのは、ひとつには本人の余力の問題があったわけですが、もうひとつは日特自体の性質の違いです。

どちらも、学校名がついた日特ではありますが、そこから合格する人数はかなり開きがあります。つまり、こじろうの学校は第一志望で来る子が多い学校で、はなひめの学校は御三家の押さえで来る子が多い学校であるため、はなひめの学校に実際に合格する子はかなりの数、別の日特に通っているのです。

塾側の、日特運営にかける気合というのも、冠の学校によって違うようにみえます。はなひめの日特では、わざわざ作成した想定問題が出てくることはほとんどなく、別の学校の過去問そのまんまでしたからね。

ということで、後期日特に通う価値は、学校の性質、本人の状況によってさまざまですし、あと、地理的な条件から、通う負担もさまざまになります。総合的に考えて、後期日特に通うべきかどうかは、個々に考えるしかないですね。

塾に相談したら、もちろん日特受講を勧められるはずです。単独の学校を掲げた日特だけでなく、いくつかの学校を束ねた合同日特になる場合でもそうです。これは、別に営業の都合でそれを押し付けているということではなく、考え方の違いからくるものだと思います。日能研は、志望校対策に特化しすぎるより、幅広く勉強しておいて、偏差値なりの結果がそのまま出る入試を想定するのが基本です。ある意味それが強みであり、併願校も含めて結果が安定しますし、傾向がいきなり変わっても安全ですから、理屈は通ってます。

私はもうちょっと、第一志望偏重ですし(^^;; 過去問と向き合うことを重視したいのです。塾によってはそのくらいの考え方のところもあると思います。好みの違いというか。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-02-24 10:29 | 中学受験 | Comments(6)

Commented by くま at 2013-02-24 11:39 x
単独日特でも違いがあるのですね!
日特への塾の気合いの違いもあるのですか~
お二人分の体験談、非常に参考になります。
経験して初めてわかる、感じることですもんね。
受講前に、わかってよかったです。
今は、6年生になり、さらにハードになった、日々の通塾や宿題に追われている毎日です。
私も、過去問は重要と思っています。
しかし、今の状況を見ると、とても日特行ながら過去問の時間は取れるとは思えません(-_-;)
しかしながら、はなひめちゃんのように、休むという選択肢もあると知り、少し気が楽になりました。
もう少し6年のペースを掴んでから、様子を見て決めようと思います。
お忙しい時期に、リクエストにこたえていただきありがとうございました。本の出版、楽しみにしております♪
Commented by gura at 2013-02-24 15:06 x
わかりやすくて、ためになりました。もうまさにそのとおり!

うちは本命校の最寄の駅の校を選んだので、通学の練習になりました。ここへ通うんだ、と夢が膨らみ、勉強やる気になった、そうです。

もし通うのがしんどいと言ったら、志望校を変えていたと思います(^-^;)
Commented at 2013-02-25 09:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-02-25 19:57
くまさん、
そうなんです、学校のポジションの違いというか。
六年生になってしばらくは、リズムを作るのがたいへんですね。
日特行きながら過去問、こじろうはやっていたんですけどね~はなひめではなかなかできませんでした(^^;; 一筋縄ではいきません。
Commented by an-dan-te at 2013-02-25 19:58
guraさん、
遠いのはデメリットでもありますけど、経験値を上げる意味はありますね。
> 夢が膨らみ、勉強やる気になった、そうです。
前向きに働いて、よかった!!(^^)
Commented by an-dan-te at 2013-02-25 20:00
***(2013-02-25 09:19)さん、
合格おめでとうございます!!
大量の紙類が溜まっていて、縛って捨てるだけでも重労働ですよね。ほんと。うちもまだいろいろ残ってますよ。

<< 断捨離の季節 書籍化計画: あなたのイチオシ... >>