書籍化計画: あなたのイチオシ記事を推薦してください   

ブログの書籍化を検討中です。それであの…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←本にまとめられたらいい記念になるなぁ♪

今ちょっとボーゼンとしてるんですが、あまりな量を書きすぎてしまって(^^;; どこから手をつけたものやら。うまく読みやすい「本」の体裁にまとめるにはどうしたらいいんだろうか…??

イメージがなかなかまとまらず苦戦中なので、ご協力をお願いしたく。

せっかく本にするなら、この記事を盛り込んでほしい、というのがありましたら推薦していただけないでしょうか。

もちろん、全体の構成とかによっては、推薦していただいた記事がうまく入らない場合もあるかもしれませんが、できるだけリクエストに沿って編集したいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

ざっくりいって、100くらいの記事が入る(そのままの形で入るか、内容を取り入れて書き直すかはともかく)かなと思いますんで、どしどしお知らせください(^^)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-02-22 17:26 | 中学受験 | Comments(51)

Commented by カメ at 2013-02-22 18:45 x
まず思い浮かんだのは、よしぞうさんとカラオケ行った記事!デス。
Commented at 2013-02-22 18:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by むつらぼし at 2013-02-22 20:04 x
書籍化楽しみにしてます!

是非盛り込んでいただきたいのは「算数苦手女子をどうする?」です。
このテーマだけで一冊書いていただきたいぐらいですね~
Commented by ふなっこ at 2013-02-22 20:53 x
私がずっとお気に入りにブックマークしている記事は「再チャ送りにしてあげる」「事務系母本領発揮!漢字語句ノート」「漢字語句ノート10冊達成!」「手続き関連一覧表作成~こじろうの場合」「三連休最後の日~ちょっといいこと」
です。はなひめちゃんより一学年上ですので、こじろうくんの時のものを参考にさせていただいていました。

書籍化されるのですね♪嬉しいな~
Commented by ショコラ at 2013-02-22 22:03 x
私が好きなのは「入試会場に消えていく背中」「この学校に呼ばれてるような気がするから大丈夫」「よしぞうの強み」「本番道中記2/2移動編byよしぞう」です。
プリントアウトして時々読み返したいくらいなので本になるとうれしいです。
Commented by gura at 2013-02-22 22:16 x
本当は全部の記事が本になればいいんだけどな。本になったら持ち歩けるし、ちょっと待ち時間や、電車や、カフェで読みたいな。

それぞれのお子さん編、で、はなひめちゃんのは、四五年編、六年編、四冊あればいいな。

直前の記事は、ちょうど直前の方にも参考になるし、これからの方にも今後の見通しがたって参考になりますね。

私はついに思わず書き込んでしまった、残り一ヶ月の勉強ー算数編、が印象に残っています。教科別のお話もいいですね。

先日の、アンダンテさんが受験で特に大切にされていたことの記事、あれはサブタイトルか、帯にどうですか?

今、他の方のご推薦の記事が読みたくてたまりません~。
Commented by ハット at 2013-02-22 22:23 x
書店に並ぶ日が今から楽しみですね!発刊されたら、中学受験をするかたにプレゼントします。

私も「入試会場に消えていく背中」「歩みをとめないこと」の記事は 入れて頂けたら嬉しいです。さらに、昨年秋の「受験のバトンをわたす」、こじろうくんの時の「道中記」、実質第2志望校の決定過程から辞退するけじめの付け方や塾長との面談の記事は大変参考になりました。

Commented by DOLA at 2013-02-22 23:19 x
楽しみです!

私が印象深いのはアンダンテさんが使った「似合う学校」という言葉が入った記事です。
うちもまさにそんな感じで学校を選んだのですが
当時は「雰囲気が良い」とか「しっくりきた」という表現を使っていたのですが、
(息子の受験は終了していた後に)アンダンテさんが「似合う」という表現を使った記事を読んで、まさにその表現が!と思いましたので。

息子がもうすぐ高3になろうかという今、学校への小さな疑問とか不満もあったりもしますが、保護者会などで学校に足を運ぶと息子と似たような子があちこちにいて(苦笑)どの子も我が子のように心配になっちゃったりします。
なんか、そういう感覚も大事ってこと、塾ではあんまり保護者に言わないかなーと言うのもあって1票です。
Commented by くるみ at 2013-02-22 23:48 x
またろうくん関連記事です。

またろうくんタイプの子を持つ親御さんは、結構、悩んでいられる方が多いのではないでしょうか?
息子の幼少期はまさにそうで、いつもイライラさせられましたし、なんでこの子はこうなんだろうと、ものすごく悩みましたもの。
アンダンテさんの記事に出会って、こういうタイプのお子さんは他にもいるんだ~と勇気付けられました。
穏やかに見守って、うまく育てているアンダンテさんにも感動しました。

ぜひ、本にしてください。
参考にしたい人たちがたくさんいると思いますよ^^
Commented at 2013-02-23 00:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yocchi at 2013-02-23 08:39 x
自分がコメントしたから、という訳ではありませんが、「悩まない塾選び」(2012.8.27)です。そのすぐ後の2012.8.29.の記事も。子供の資質や、家庭の事情に合った塾選びは重要ですね。塾のシステムの違いは、保護者の生活にも多大な影響を及ぼしますね。
Commented by レタス at 2013-02-23 09:03 x
おはようございます。
いやーいよいよ書籍化ですか。すごいですね。おめでとうございます。
で、いろいろ考えてみたんですけど、やっぱりひとつには、私も常に
考えていた、何としても成功という形に導く関連のお話ですかね。中
学受験はあくまでも次のステージに繋がる節目といいますか、偏差値
ばかりにとらわれない学校選び、そして万全の体制、もしかのときの
フォローなどなどを含めた考え方みたいなお話がいろいろあったよう
に思います。
あとはよしぞうさんの道中記。ウチの子の付き添いもよしぞうさんだっ
たら・・・とか今でも考えてしまいますからね(苦笑)
それと↑の方も言及されていますがまたろうくん関連。ホントいい子
ですよね。ご両親の大きな愛情と冷静で的確な子育ては、多くのご家族
にとって良い指針になるとともに大きな勇気を与えてくれるんじゃない
かと思います。
私がコメントしたブロガーさんの書籍を買うのはこれで三冊目になり
そうです^^
Commented by ちひろ at 2013-02-23 09:50 x
ROMのみでひっそりじっくり熟読してきた読者としては、100だけしか選ばれないなんて、そんな殺生な・・・という感じなのですが(笑)。
「ストレスマネジメント」に関する記事はきっと多くのお父さん・お母さんの心を鷲づかみにするような気がします。
うちの上の子もまたろうくん気質を備えている子なので、またろうくんだけで独立した本も読みたいです。
中学受験をしない(できない)、マイペースな男子を持つ層に大きな励ましを与えることでしょう。
Excelを利用した勉強管理法も、Excel画像や、実際にお子さんが勉強されていたノートの画像と含めて公開していただけたら。
あとアンダンテさんならではの魅力は、冷静な志望校選びかと思います。
お子さんをJGに入ようとは思わない理由など、受験真っ只中にある方が、よくここまで冷静にお子さん自身を見つめられるなあと感動すら覚えました。
理想は3人のお子さんそれぞれ独立させた、全3巻バージョンです!
勝手なことを書かせていただきましたが、書籍化は本当に楽しみです(^^)
Commented by くま at 2013-02-23 13:57 x
はじめまして。いつもとても参考になる記事ありがとうございます。
こちらのコメントに書くのはズレておりますが、新たに書いてほしい記事があります。
後期日特の必要性です。
今、六年生の子供がNに通ってますが、前
期日特は色々考えた末、最初から受講しないことに決めました。理由は5年生でも栄冠などの自宅学習をこなせなかったし、時間に余裕があれば基礎固めをしたかったからです。
しかし、後期日特については迷っています。理由は志望校の日特教室まで、往復3時間かかります。その時間に過去問やら休息をさせるほうがいいのか、3時間かけても、それ以上の得られるものがあるのか、
アンダンテさんの経験と、受験を終えた今だから感じることもおありだと思います。
参考にさせていただきたく、ぜひ記事にしてください。お願いします<(_ _)>
最後になりましたが、本に載せてほしい記事は、よしぞうさんの道中記です♪
Commented by akiramama at 2013-02-23 14:11 x
ずっと読ませていただいてましたが、初めてコメントさせていただきます。書籍化は中学受験記事がメインになるのでしょうか?またろう君の大フアンなので、特集していただきたいのですが。無理であれば、受験記事の合間にまたろう君ネタ、またはまたろう君漫画でホッと一息、というのはどうでしょうか?
Commented at 2013-02-23 14:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 21:21
カメさん、
あの話入れたら…中学受験本にカラオケの話が出てくるって初かもね(笑)
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 21:24
***(2013-02-22 18:48)さん、
初コメありがとうございます(^^) そうですね、本番記事は…別に何の参考になるわけでもないですけどそこがないと締まらないものね。
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 21:26
むつらぼしさん、
算数苦手女子テーマは私的にも避けて通れません(^^;; 今回の受験で、家で使った時間のあらかたは算数につぎ込んだんだからね~
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 21:28
ふなっこさん、
ご愛読ありがとうございます。っつかブックマーク多いですね…こじろうのときの実用(?)記事系ですね。
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 21:32
ショコラさん、
よしぞうがらみの記事がお好きなんですね~
ひょっとして、私が書いたものではない、2/2道中記が一番人気なのではという気がちょっとしてきた(^^;;
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 21:39
guraさん…
いや~ブログ記事をただ並べてもさすがに読みにくいですよ…

「残り一ヶ月の勉強ー算数編」はつまりguraさんをぐぐっと引き込んだ記事なんですね。よかった(^^)

帯のご提案もありがとうございます♪
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 21:40
ハットさん、
ありがとうございます~
面談の記事は自分でわりと気に入っています。室長先生は「三人」変わってますけどみなさんなかなか味のある面談してくださいましたよ。
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 21:44
DOLAさん、
「似合う学校」は私の中心テーマです。結局、そのために中学受験があり、それの副次的効果もある、という感じかなと。
> 当時は「雰囲気が良い」とか「しっくりきた」という表現を使っていたのですが、
まあ同じことですけどね(^^)

> 保護者会などで学校に足を運ぶと息子と似たような子があちこちにいて(苦笑)
すごくわかります。またろうの学校もこじろうの学校もそんな感じ…あ、はなひめの学校もそうです。春が楽しみです。
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 21:47
くるみさん、
出そうと考えている本は中学受験モノなので、またろうはほとんど出てこないかと。またろうが小学生になったころ書いていた日記があるので、それは今後ブログにupするかもです。
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 21:49
***(2013-02-23 00:04)さん、
んー中学受験本だと古文はちょっと…(^^;;
でも、こじろうとか(数年後ははなひめとか)古文の文法がぜんぜんぴんとこない高校生のために「百人一首で楽しむ文法入門」とか書きたいな~
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 21:50
yocchiさん、
そうですね~塾が合うかどうかは、受験生活の「お疲れ度」にめちゃくちゃ影響しますよね。こじろうと日能研というのはベストマッチングでした!! はなひめはそこまででもないけど、まぁまぁかな。
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 21:53
レタスさん、
まだ本決まりじゃないですけど。がんばります。
そうですね、「何としても成功という形に導く」というのがやっぱりミソだと思います。「第二志望でも満足できないという病」とか、ほんとにもったいないと思いますから。

よしぞう道中記、人気ですね…
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 22:02
ちひろさん、
またろうは私にとって第一子だからというのもありますけど、一番手がかかって、一番悩んで、でも一番私の人生をプラス方向に引っ張ってくれた子なんですよね。それだけにどう書いていいかわからない…というところもあります(^^;;

Excelは、そうですね~ぶっちゃけどう作ってもいいというか、なんでもよさそうですけど参考写真とか載せるのはいいかな? ノートは本人がウンといわないとね(^^;;

> 受験真っ只中にある方が、よくここまで冷静に
> お子さん自身を見つめられるなあと感動すら覚えました。
お褒めいただいてうれしいですが、私のリア友たちもそんな感じ(ここが似合うと思ったら全力でそこに入れる。少しでも偏差値が上というのではなく)で、第一志望に受かって、満足して通ってる人が多いですよ。おおっぴらにいわないだけで。
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 22:05
くまさん、
後期日特ですか。確かに遠いと悩みますね~時間も体力も貴重な時期ですし…
うちは結局、申し込んでいたわりに出席率は悪くてなんかもったいない感じでしたが、完全に取らないという勇気もなくって結局半端に終わりました。だから結論めいたものもあんまりないんですが記事は書いてみますね。

よしぞう記事人気だな~(^^;;
Commented by an-dan-te at 2013-02-23 22:07
akiramamaさん、
またろう記事は本には載せられないと思うのですが、またろうについての日記は、本人からリクエストがあったので再up検討してます。

それと、イラストは描いてもらうかも(^^)
Commented by ocarina at 2013-02-23 23:33 x
この記事を読んでから、
今までの過去記事をじっくり読み直させていただいたのですが、
どれもこれも読み応えのある記事ばかりでイチオシ(どの記事)というのは、決められませんでした。

ただ、夫婦いずれの実家も関東圏でない(保育園通いの頃からジジババには頼れなかった)私としては、
『フルタイム仕事持ちの母』ならではの苦労とか、工夫が描かれた記事を是非とも盛り込んでいただきたいな…と、思いました。
Commented by ジョー at 2013-02-23 23:45 x
ずっと拝読させて頂いていました!書籍化、とっても嬉しいです、おめでとうございます!
「入試会場に消えて行く背中」と、2012年1月24日の「ふわふわ雪に中、二人で道を行く」という回が好きです。
その他、再チャノートや基礎をこつこつ、ちみちみ繰り返す、というのをひたすら参考にさせて頂いています。
自分の納得する受験とは何か、いつも頭の中を整理して頂いてきたような気がします、感謝です。
Commented by シャムロック at 2013-02-24 03:50 x
毎日、会社帰りの電車で、記事の更新をチェックさせていただくのが楽しみでした。行き所のない不安に突き動かされたとき、勇気出してコメントを書き。すると、もれなく返信していただけるのが、とても嬉しかったです。
中受ブログなるものの存在は全く知らず、4年の秋に「日能研」「入塾テスト」で検索したら、同じ日に入塾テストをうけたはなちゃん記事に出会いました。どの記事もタイムリーに、悩んでいることや、気がつかなかったことの、手助けとなりました。ブログ村なる場所で、常に一位の人気記事だったことを知ったのは随分後で、自分の無知さに驚きました。
日々、精神的支えとなっていましたので、どの記事が好きか、という視点では、なかなか選びきれるものではありませんが。
実用面では、記憶の新しいとこでは、一日まるごと歴史スペシャル、や、真空弁当箱の紹介が、とても役立ちました。
書籍化されるなら、個人的趣味にすぎませんが、ハードカバーではなく、ペーパーバッグみたいな、紙質悪いけど、やたら分厚くてその割に軽く。持ち歩いては気に入ったページにがんがん折り目付けたり、マーカー引いちゃう、書棚に収まりにくいんが、良いです(笑)。
Commented by ゆうち at 2013-02-24 11:36 x
こんにちは!こちらには初めてコメントさせていただきます。
書籍化、とっても嬉しいです!本当に、どの記事も参考になるものばかりで、全部を掲載していただきたいです。
強いていえば、「国語苦手男子をどうする?」です。
我が家は女子なのですが、国語がなんとなくぱっとしなくて、勉強法を模索していたときに、この記事に出会いました。「真の日本語ネイティブ」という言葉に、目の前の霧が晴れる思いでした。そうだったんだ!うちの子、ネイティブじゃなかったんだ~!!と(笑)これですべて合点がいきました。
「戦うべきは、お子さんではなくて忘却曲線です。」の言葉を胸に刻み、粛々と漢字と語句を繰り返させています。記事は違いますが、エクセルの表も活用させていただいています!
Commented by アビィ at 2013-02-24 11:55 x
毎日読ませていただいていましたが、はじめてコメントしますNのGクラスに通う新6年母です。
書籍化、おめでとうございます! 今からとても楽しみです。

気になって参考にさせていただきたいな、と思っていた記事は「毎日ノートの功罪」です。
と言いますのも、現在も迷い中でして、カリテ・公開の間違えノートは私が手書きで書きだし作っているのですが、繰り返したことはなく、アンダンテさんのようにチョキチョキ毎日ノートを作る、というのを参考にさせていただきたいのですが、イメージがつかみきれずにいます。
何度もできるまで毎日やる、というのはコピーを何枚もしたりするのでしょうか? 漢字など手書きのほうが早いような気もして。
悩むよりやってみろ!と自分に突っ込みたくなりますが、もしお時間あったらまた記事にしていただきたいな、と思っています。
画像などあるととてもうれしいです。
Commented at 2013-02-24 13:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-02-25 07:43
ocarinaさん、
読み返しまでしていただき、恐縮です(^^;;
そうですね、共働きはハンデと思うこともあるし、かえって煮つまらない分お得と思うこともあるし、そのへんはポイントかもしれないですね。
Commented by an-dan-te at 2013-02-25 07:43
ジョーさん、
ありがとうございます。ちみちみ、こつこつ、だんだんとが信条です(^^) 「ふわふわ雪」は自分でも好きな記事です。
Commented by an-dan-te at 2013-02-25 07:47
シャムロックさん、
「日能研」「入塾テスト」で検索だったのですね~
そういえば、検索ワードを確認してませんでしたが、見てみるとおもしろいかも。

歴史スペシャルは、思い出作りとしてはよかったけど、効果はそんなにハッキリしたもんじゃなかったですね…覚悟決める的なイベントかな。

> 紙質悪いけど、やたら分厚くてその割に軽く。持ち歩いては
> 気に入ったページにがんがん折り目付けたり、マーカー引いちゃう、書棚に収まりにくいんが、良いです
はは~(^^;;
Commented by ほっとゆずこしょう at 2013-02-25 10:17 x
まさかの国語低迷が、我が家とピッタリおなじだったので、ぜひ。算数が下支え、までおんなじでした。心強く思えて、うちは残り1ヶ月でなんとかギリギリ復活できました。これは国語の得意な女子にはよくあるパターンとして存在するようです。塾の先生曰く。(ならもっと早く救いの手を差し伸べて欲しかった) あまり人に教えたくない気もするけれど、使えるかなーなんて。
Commented by milktea at 2013-02-25 12:26 x
またろうくん関連は別本でおねがいしつつ...

やっぱり再チャ関連(ノート、Excel、分量...)はみんなに役立つと思います。
ぜひお願いします。
Commented at 2013-02-25 12:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-02-25 13:10
ゆうちさん、
初コメントありがとうございます(^^)

> うちの子、ネイティブじゃなかったんだ~!!
はは(^^;;
こじろうはほんと、「生の会話のシャワー」から学ぶのがあれだけ下手だったわりに、紙の上の語句問題からはちゃんと学べて、結果、会話もまともになりましたからね~外国人のうまい日本語!?

> 「戦うべきは、お子さんではなくて忘却曲線です。」
はい。これはほんとにイイタイコトのひとつでして。
無駄なバトルを避けて粛々と進めるのが吉ですよね…
Commented by an-dan-te at 2013-02-25 13:16
アビィさん、
はじめまして!! ありがとうございます。
毎日ノートは、まぁどうやっても面倒っちゃ面倒なのですが、コピーのほうが楽ならコピー、手書きのほうが楽なら手書きなど、行き当たりばったり作っていました。ちょきちょきして一部を使ったコピーが、半端な形で溜まったりしてるとえらい片付かないことに(笑)

要するに、必要な「繰り返し」を親が代理で考えてやって、本人はたんたんと「見開き二ページ」とかを毎日取り組めばいい形にまとめてやるってことなんですよね。基礎をしっかりさせる点では効果絶大ですが、最終的には、どう繰り返すと定着するのかという勉強法を本人が組み立てられないといけないので、そこまでの道のりを助けているのか阻害しているのか…手の引き時みたいなことは考えておく必要があるのかなと思います。
Commented by an-dan-te at 2013-02-25 13:20
***(2013-02-24 13:05)さん、
毎日ノートとExcel表は、実用記事の中では人気みたいですね。写真も載せられると思うので考えてみます。

「読み書きそろばん」ができるタイプというのは、もうそりゃなによりですね~
Commented by an-dan-te at 2013-02-25 13:22
ほっとゆずこしょうさん、
そうか、よくあることなんですね~

> ならもっと早く救いの手を差し伸べて欲しかった
ほんと。塾からはなんもなかったんですけど!!
Commented by an-dan-te at 2013-02-25 13:24
milkteaさん、
> またろうくん関連は別本でおねがいしつつ...
(^^;;

やっぱり再チャ関連ですね。やり方に決まりはないけど、腹くくってここまではやるといいよ、みたいな。
Commented by an-dan-te at 2013-02-25 13:25
***(2013-02-25 12:39)さん、
わー、構成案までありがとう~
私はブログくらいの長さの文章書くなら得意だけど、タイトルとか(短すぎる…)、本全体の構成とか(長すぎる…)ぜんぜんピンと来なくて。こんどいろいろ教えてください。
Commented at 2013-02-25 17:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-02-25 20:01
***(2013-02-25 17:40)さん、
了解です、メールします!!
(もしも今日中に届かなかったら再度コメント欄からご連絡ください)

<< 後期日特の感想 疲れない中学受験の条件 >>