ヒヤッとしたこと   

今回の受験は、結果的には大波乱も大失敗もなく終了までたどり着いたのですが、ひとつ、「失敗した!!」とヒヤリとしたことがあります。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←二度目でも、失敗ナシとはなかなかいかないもんだ

それは、一月二校目について、私が説明会に行っただけで、本人に学校を見せていなかったことです。

こじろうの受験のときはなにしろ、新五年から突然、どーーっと塾カリキュラムに巻き込まれていくような流れでしたから、空いている土日などもほとんどなく、空いていたとしても勉強なり休息(笑)なりを優先させてしまい、ほとんど学校めぐりに行きませんでした。本人が事前に見たのは、第一志望校候補の二校のみ…実際には、そのうち一校は受験していない(入試日が重なっている)ので、要するにこじろうは、第一志望校が残念だったら即、自分で行ったのは入試のみという学校に進学することになっていたわけです。

はなひめのときはその反省に立ち、日能研に突っ込む前の四年生から、どんどん学校を見せて回りました。我が家の志望校組み立てポリシー(?)は、「熱望の第一志望校(チャレンジでない)とお気に入りの第二志望校(しっかり安全)を」ですが、それにかなうラインナップが組めたと思ってのほほんとしていました。

その後、六年生もせっぱつまってきて、一月校を具体的に考えなくちゃということになり、私は単独で一月校の説明会をいくつか回りました。なにしろ我が家では「近い」ということにかなり重きを置いているため、一月に受けられる学校はどこも、あまり進学可能性が高くないと考えていました。だから時間節約のため、親だけで行ってしまったのです。

ところが実際に見てみると、埼玉の一校(一月二回目に受けたところ)が私はことのほか気に入り、遠いけれど思ったより通いやすい状況であることもわかりました。

しかしもう、本人を連れて文化祭など学校行事に行ける時期はとうに過ぎていました。結局、本人がその学校に行ったのは入試のときが初という状況になってしまったわけです。

幸い、その学校に合格をいただくことができたので、私としては、あとは二月の第一志望だけを受ければいいのではないか(つまり、当初二月の第二志望だったところより、こちらのほうがいいのではないか)と思ったのですが、本人の気持ちは動きませんでした。

そりゃそうですよね。学校の雰囲気は入試だけではわかりません。母が感じた「良さ」は、はなひめをあの生徒さんたちの中に置いたら似合うというような、いわば「空気」なので、パンフレットじゃ説明できないんです。制服がかわいいよとか、大学合格実績がいいよとか、そういう話じゃないですからね。

たぶん、第一志望がダメだったら、当初の予定どおり二月の第二志望を受けていたと思います。そして、そこは受かる可能性が高いので、進学することになるでしょう。私も元々とても気に入っている学校ですから、不満というほどのことはないのですが…

親と本人の好みなり価値観なりが違っていて、そのために志望順位が違うんだったら、それはそれでいいんです。でも、そうではなくて、本人にちゃんと見せていたら、結論が違っていたような気がするのに…と思いながら進学させたら、ひっかかりが残ってしまうでしょう。

学校めぐりをケチッてはいけません。「生」でないと感じ取れないものがあるので、進学の可能性があるなら、ちゃんと本人を連れて行くことを強くお奨めします。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-02-13 12:55 | 中学受験 | Comments(9)

Commented at 2013-02-13 14:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-02-13 14:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あきよん at 2013-02-13 16:08 x
そうですよね、実際見せないと良さはわからないですよね。
わたしも近いに重きを置いてました。だから1時間超えるところは行ってないのです。でも範囲を広げたらもっとあるのになあ。。とか思ったりもします。遠くても気に入ったつぼというか、どういったところがよかったのでしょうか?
ざっくりしててすみません。
Commented by resumi at 2013-02-13 23:24 x
ほんとですね。我が家も練習させて頂くつもりで受けた初戦の茨城校をとても気に入り、つくばエクスプレス(!)のおかげで距離の割には意外と通いやすいし、もうここでいいんじゃない?と思いました。
6年の秋まで全く考えていなかった学校だったので、ホント分からないものですよね。
Commented by gura at 2013-02-14 01:13 x
うちはある学校を見せたら気に入ってしまい、そのために第二志望を受けないことになってしまった・・・というひやっとがあります。気に入ったところはひとまず第三志望だったのですが、第二を受けないんだからここが第二志望なんだって実感がなかなかわかなくて。
でもとてもいい学校で、子供の心の支えだったので、受けなかったけれど感謝の気持ちを伝えに行きたいぐらいなんです。この学校のお陰で、第二志望を振り捨てて、本命校に一直線に頑張れたんだと思います。
私は高校受験で、本命校に一度も行かないまま受験しました。そんな時代でした。学校から先生に連れられてはじめて行って・・・合格して・・・いざ通学初日に、行き方がわからないことに気がつきました。最寄り駅降りて同じ制服の人について行ったらたどりつきました!
Commented by an-dan-te at 2013-02-14 12:53
***(2013-02-13 14:24)さん、
私も涙もろくてドラマとかでもすぐぼろぼろになります(^^;; 子どもの成長…とかは特に涙腺ゆるい系。

学校めぐりは、うちは男女ということもあって一回目に巡ったときの知識はほとんど役立ちませんでしたね。とにかくやり直しです…同性でも性格その他が違えばやっぱりやり直しですね。
Commented by an-dan-te at 2013-02-14 12:57
あきよんさん、
そうですね、すごく大雑把にいうと、近くで気に入っている第二志望校というのは、「平和で着実な六年間が過ごせそう」で、ややおとなしい感じの子が多いです。埼玉の学校はもっと、エネルギーがある感じで、そちらのほうが「楽しい六年間が過ごせそう」な気がしました。学校のポリシーや教育内容などは、どちらもすごくしっかりしていて好感が持てるので同等かな。
まぁ近いということも大事ですから、本人が両方見たうえで近いほうを選ぶならばそれはそれでありだと思います。
Commented by an-dan-te at 2013-02-14 12:59
resumiさん、
「つくばエクスプレス」ですか(^^;; 交通費はかかりそうですけどね。うちも、かかる時間が同じでも都心方面ってラッシュ時に行くのはげんなりするけど、方向が違えば多少長くてもいいような気がしました。

本人に見せておくことはチラと考えたんですけど、時間のほうをケチッてしまいました。ケチるところじゃないですね。
Commented by an-dan-te at 2013-02-14 13:03
guraさん、
> 第二を受けないんだからここが第二志望なんだって実感がなかなかわかなくて。
はは(^^;; 子どもの気持ちの変化についていけてない感じですかね。結果、第一志望校に集中できたんだからよかったですね。

私も、東京の第二志望校の過去問はもうずーーっと前に解いたきり、一月後半は第一志望校の過去問しかやりませんでした。素直で特に練習がいらなそうだったからではあるんですが、万全を期する必要がないと思ったとかいうのもなくはない(黒い母…)。

<< 算数の得意と数学の得意はどのく... がんばる生活、ふつうの生活 >>