がんばる生活、ふつうの生活   

昨日、はなひめのほうから「図書館に行こうよ」と言い出して、いっしょに出かけました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←期間限定ゆるゆる生活

さむっ。。もう夕方くらいでしたから結構冷えてきていて、どうせ出かけるならもうちょっと早く出たほうがよかったのでは(-_-;; でも、この無計画な休日感がなんとなくうれしくもあったりして、あぁふつうの生活に戻ったなと思いました。

ふつうの生活の中では、はなひめがだらだらとテレビを見ていたり、ごはんをゆっくりまったり食べていたり、学校の宿題に丁寧に手をかけていたりしていてもやきもきせずに済みます。夜ごはんやお風呂の時間も、あまりシビアに考えることがなくなり、多少ずれてもいいやという感じで、すべてがゆるゆるしています。

中学受験をするとなると、たとえば二年間くらいはこういう「ふつう」の小学生生活ができなくなって、時間がとっても貴重品な生活に巻き込まれてしまうんですけど、これって中学受験のデメリットでしょうか??

中学受験じゃなくても、サッカーでも、ピアノでも、何か本気でやっている子だったら、やっぱり「時間が貴重品」の生活を送っていることでしょう。しかも、ピアノのようなことであれば、突然二月に解放されるということもなく(^^;; 忙しさはずっと続きます。

そう考えると、中学受験の場合、小学校生活の最後一ヶ月ちょっと、ゆったり生活も味わえてしまうわけで、このメリハリがおもしろいですね。

ところで、サッカーやピアノや中学受験のような、特に時間の取られることにわかりやすく打ち込むのではなくて、「ふつう」の小学校生活を送る子もたくさんいます。どのくらいたくさんなのかはよくわからないんですけど。

その場合、「ふつう」の中身というか実態はおうちにより様々で、いちがいにはくくれないと思うんですが、特に何をさせるでもなく茫漠と過ごしてしまうと、時間をシビアに使うスキルもなく、時間が貴重品であることを体感することなく、大きくなってしまいます。要するにまたろうみたいな感じです。

ある程度大きくなってしまってから、高校受験のようなイベントがあっても、なんか小学生の場合とは勝手が違うんです。本人のスキルもまっさらからではつきにくいし、親など大人のコントロールも効きません。やっぱりこういうものも、音感教育ではないですけど適切な時期というものがあるような気がします。自力で身につく子もいるでしょうが…

中学受験なんかない、もっともっと昔(私の世代よりさらに少し前くらい)はどうだったかといえば、家の中に家事労働というものが今よりもっとあって、子どももその担い手としてあてにされていたという点が違います。暇があったとして、遊ぶ内容も今と違いますけどね。

家事でも勉強でもピアノでもサッカーでも、中身はいろいろ考えられますが、ともかく、ある程度の年齢までに、

「自分の時間には価値がある」

ということを体感してほしいと思います。時間を惜しむというメンタリティーとスキルを磨いてほしいです。そこがきちんとしていれば、ある時期だらだらとテレビを見たりゲームをしたりネットを見たり(^^;; 時間の浪費(と、あとで考えると思うようなこと)をしていたとしても、また別のものに切り替わっていくんじゃないでしょうか。

そう考えると、中学受験の忙しさも、これはこれで悪くない、とも思うんです。ただ、もうちょっとは程度を減らしてもいいんじゃないかとも思いましたけど(^^;;

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-02-12 12:44 | 中学受験 | Comments(16)

Commented by セロリ at 2013-02-12 13:51 x
「自分の時間には価値がある」とわかれば、
「他人の時間にも価値があり」、
「他人の時間を簡単に奪うこと」ができなくなるはず、だ!とハハは言いたい。
大人の階段をのぼっていくにあたって、
「時間」との上手なつきあいかたは
身につけてほしい重要なテーマですよね。

とはいえ、いまは
はなちゃんとの「ゆるゆるタイム」をどうぞ大事にお過ごしください。

(セロリマンの数学は、
証明問題に入ったら好転しております。
なぜ???)
Commented by みさまま at 2013-02-12 14:23 x
う~ん、うらやましい!!!
時間に縛られない休日、なんてすばらしいんでしょう!よだれもんです。

新六年生なので、朝起きてから寝るまで時間との闘いです。娘が学校から帰ってくると忙しいので、私もなんとなくいつも戦闘体制です。

娘はバイオリンをしているのですが、第七パートまで終わり、さあどんどん曲弾こう!という感じで、練習時間は取れないは、娘はやめたくないというは、もうほんと、親としてはジレンマです。

でも、たしかに、時間は限りがある、大切に使おうとうのは身についている気がします。なんでも、全力投球です。そんなことまで~?ということも。

でもでも、やっぱり、のんびりお散歩して季節を感じたり、ちょっと寄り道したり、時間に縛られないで楽しみたいです。まあ、そんな生活が続くとひまだなぁとなるんでしょうけど・・・・・。
Commented by gura at 2013-02-12 14:35 x
図書館いいですね。急に行きたくなって、じゃあいこう、っていう生活ですね(^-^)うちはスケートに。次はスキー。
私の子供時代は習い事はしていましたが、時間を贅沢に使えました。今も時間の使い方が下手。親に、なぜ勉強しろって言わなかったのか聞きました。すると、生きる力がついたよ、辛い事があってもつぶれず、笑って又進めるのは、小さいころのびのび過ごしたからだよ、無駄な時間に大事なものが育つんだよって言われました。それはそうだ、でもいつまでのびのび・・・?だから自分の子にはのびのびと学習のバランスを、と思いました。今回は子にとってちょうどいい時期に勉強できました。ほんとにもう少し宿題が少なかったらよかったな。
のびのび育った人は、好きなことを見つけると力を発揮するので、生きる道をふさがず、探す手伝いをして、あとは信じて見守るのがいいと思います。親以外の人に背中を押してもらえると伸びるので、出会いを大事に。時間の管理は、就職すれば何とかなる・・・。時間というより、することの優先順位で順番が入れ替わらないように気をつけるとうまくいきます。
またろう君は好きなことに一生懸命だからうらやましい!将来が楽しみですね(^-^)
Commented at 2013-02-12 14:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-02-12 20:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みかん at 2013-02-12 22:02 x
ものすごーく共感してしまいました。
我が家の娘にも、時間の使い方、優先順位のつけ方など、受験勉強を通して身に着けて欲しいと思ってます。1日誰でも24時間。自由時間も欲しい、受験勉強もしなくちゃ、となると、時間を上手に使わないと残らないですよね。時間管理術、身に着けたら一生役に立つスキルですよね。
とはいえ、現実は、部屋にものを置きに行くと戻ってこない(マンガ読んでる)、洗面所に歯磨きに行っても戻って来ない(鏡の中の自分とお話し?!)、と悠久の時が流れております・・・・。

ところで、受験終了を祝う会、満員になっちゃったのですね。出遅れました(笑)。キャンセル出たら入れてくださ~い。
Commented at 2013-02-13 10:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-02-13 20:43
セロリさん、
> 「他人の時間を簡単に奪うこと」ができなくなるはず、だ!とハハは言いたい。
そうだそうだ!!

まあ、今は期間限定なので安心してゆるゆると楽しもうと思います。こじろうも、二月三月はふとんに溶けちゃいそうでしたけどちゃんと中学生活になじみましたからね(^^;;

証明問題だといいってことは、てきぱき計算処理するより論理展開が得意なのかな~?
Commented by an-dan-te at 2013-02-13 20:48
みさままさん、
> 私もなんとなくいつも戦闘体制です。
あーわかる…
娘さんのバイオリンは、私のよりだいぶ上ですね。そりゃ、弾いたら楽しいと思いますよ。息抜きに、テトリスやってるより(爆)ずいぶん建設的です(^^;;

バイオリン自体は、一年ぐらいまるごとブランクできても、若いからすぐ取り戻せると思いますけどね~

受験に専念するにせよ、バイオリンも続けるにせよ、
> 時間は限りがある、大切に使おうとうのは身についている気がします。
今がんばっている分はきっと豊かな実りにつながりますね(^^)
Commented by an-dan-te at 2013-02-13 20:53
guraさん、
> 無駄な時間に大事なものが育つんだよって言われました。
これはこれでわかる気がします。
私も無駄な時間好きだし(^^;;

バランス、ほんとにそうですね。もうちょびっと軽めの中学受験があったらちょうどよかった…!?

> 将来が楽しみですね(^-^)
楽しみでもあり不安でもあり…あーやっぱ不安がでかい。
Commented by an-dan-te at 2013-02-13 20:59
***(2013-02-12 14:40)さん、
(思い切って?)コメントありがとうございます。そちらに訪問させていただきますね♪
Commented by an-dan-te at 2013-02-13 21:07
みかんさん、
私は、時間をうまく使うことにかけてはなかなか自信あるんですけど、その分というかなんというかたいへんせっかちなところが難点です。

でも、どうも子どものときには「悠久の時」タイプだったらしいんですよね~?? 変われば変わるものです。

あっという間にふさがってしまってすみません。キャンセル待ちの場合は、ご希望の日程と、ご連絡先をお知らせください(^^)
Commented by ちひろ at 2013-02-14 09:16 x
うちは中学受験はしないのですが、趣味でやっている(やらせている)バイオリンが占める割合が高くて、常に時間と勝負している生活です。
小学生なのにいつも時間を気にして生活している状態なことが心苦しかったのですが、少し見方を変えるとなるほど!ですね。
新たな気づきをありがとうございます(^^)
Commented by an-dan-te at 2013-02-14 13:14
ちひろさん、
バイオリンはそれは、いくらでも時間がかかるでしょうね。でも子どものころからやっているバイオリンはいいですよね~響きがぜんぜん違います!! 四十の手習いバイオリンはいろいろと困難が立ちふさがっています(^^;;

バイオリンそのものももちろんですが、がんばった生活そのものが財産になるんですよね。
Commented by みさまま at 2013-02-14 21:35 x
結局バイオリンはお休みすることにしました。

娘泣いてました。そんなにバイオリンが好きだったとはびっくりしました。今日「そんなに好きならやめなくていいよ」と言ったら、「受験終わったらすぐに始められるんでしょ。なら勉強頑張る」と言っていました。

娘のことだから、終わったら猛練習して、あっという間に取り戻せると信じています。

それにしても中学受験って・・・・こういう経験も娘にとってどんな形にせよプラスになってくれればいいのですが。

一年後といえば、ちょうど子供用分数バイオリンを卒業するころ、奮発していい楽器購入しちゃおうかな。
音の響きがぜんぜん違いますからね。
Commented by an-dan-te at 2013-02-15 21:56
みさままさん、
決断したのですね。泣くほどのところを思い切って。
> 「受験終わったらすぐに始められるんでしょ。なら勉強頑張る」
かっこいい~

> 奮発していい楽器購入しちゃおうかな。
それはいいですね(^^)

私、「バイオリンを大人になって始めるって難しいでしょ」とかよく聞かれるんですが、で、それはまぁある程度正しいですが(^^;;

「初心者のバイオリンの音色が『ギコギコ』聞き苦しいイメージなのは、子どもの弾くバイオリンが小さいせいでもあるんだよ。大人なら最初からフルサイズだからそんなにひどくないよ」と宣伝に努めております(笑)

> 音の響きがぜんぜん違いますからね。
ですよね。それと、「よい楽器」の深みのある響きは幸せ感がだんぜん違います~

<< ヒヤッとしたこと 受験終了を祝う会のお知らせ >>