英語、つづりと音の関係   

英語を「ちょこっと」やっておくとしたら、何をやればいいんでしょうね??

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←理屈が気になる人には「英語」ってツラいよね!?

学校の立場としては、「何もやらないできてください」的なところだとすれば、まぁアルファベットを書く練習くらいということになるけど。「何もやらないできてください」を真に受けて入ってみてから困ることって、別にアルファベットが書けるかどうかではなくて(ローマ字として小学校で練習しているので、ある程度は書ける)、つづりを「覚える」っていうのがさっぱりわからない…ということだったりしませんか?

またろうと英語といえばもう水と油。どれだけ苦労したか…
彼の場合はアルファベットを書くところからすでに苦労していたけど(bとdとかが混乱!!)、もう、つづりというものがまったく覚えられず、外来語をカタカナで書くところを想像して→ローマ字で書いてみるくらいの発想だったので、たとえばだけど「ブック」というんだから最後にuが付いちゃうという勢い(^^;;

こじろうも、そこまでじゃなかったけど長い道のりだった。

はなひめはどうなんだろう。

予想するとすれば、上二人よりはマシになるという線に賭けるけれど、ともかく学校が始まってからはなるべく学校の方針にどっぷりつかってもらって、親は口出しをしたくない。何かやるなら「今」だよね~

それで、いわゆる「中学準備」の問題集を一冊買ってきて、それを一ページずつ書きつつ(1回マネして書いたからって覚えられない)、覚える単語はもう

1日1個

から行くって感じでやってみた。最初は「wind」とか「ten」とか、ローマ字的発想で違和感ないものから始めて、それから「nine」「five」をいっぺんに説明。

魔法の「e」が付くと、「i」が「イ」じゃなくて「アイ」になるんだよ~

これがとてもおもしろかったらしくて、これはパキッと覚えた。さらに、次に「fine」を見かけたときに「おんなじだー(^^)」と"発見"。「I'm fine.」とかは小学校でも聞いてた(聞くだけは)ので、おぉ、コレコレ!! とつながった。

ところが。

今日出てきたのは「You are kind.」
…魔法の「e」がついてないのになんで「アイ」って読むの??
windとそっくりなのに!! なんかゆるせなーい

あれ。なんででしょ。これまで、疑問に思ったことないや(^^;;
こういうのって、理屈あるのかしらん。噂に聞く「フォニックス」の本を買ってきたほうがいい??

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2013-02-09 20:58 | 中学受験 | Comments(9)

Commented by トマト at 2013-02-09 22:52 x
フォニックス…知っていれば便利だと思いますけど、もともとそれですべて解決できる類のものではないと思うけど、どう?

ご存知のとおり長男は数学も英語も入口ですごく苦労しました。数学は算数で解けるのになぜ?のこだわりから抜け出せず、結局、当分算数の解法と方程式を両方書いて抵抗していました。方程式が易しいと言いだしたのは2学期(ーー;)。先生もよく辛抱してくださいました。

英語もアルファベットが書けない、ローマ字との混乱、小学校時代の英語ですでに苦手意識いっぱい、スペルが納得いかないetc。長男の性格は分かっていたので、できるだけフォニックスやら単語の仕組み、品詞の癖を説明してやりましたが、基本「納得いくいかないの問題じゃない!」ってことを納得させるのにどれだけ時間がかかったことか。

四の五の言わずにコツコツ覚えなくちゃいけない時期はあるし、本来その辛い地道な作業を英語への興味や好奇心で乗り越えてくれるのが理想かなあ。

そんな長男でも今となれば、知らない単語の読みに推測がつけられるようになり、読みからスペルが想像できるようになるわけで(おっそ!)。

はなひめちゃんがうまく離陸できますように(^^)
Commented by gura at 2013-02-10 00:19 x
中学生のとき、外国人の先生が簡単に辞書を引くのを見て衝撃でした。なぜ、聞いただけでつづりがわかるの?って聞いたら・・・怪訝な顔をされました。発音しながら引いてくださったので、きっと読み方があるんだってきづきました。学校では教えてもらえなかったけど、結局フォニックスみたいでした。
大人になって外国人の友人に聞いてみたら、ネイティブでもよくスペル間違えるよって言ってました!
先日外国人の子供に、ふうぎいって何?と聞かれました。何度聞き返しても、ふうう、ぎいいいって言ってます。そんな日本語あったっけ・・・と思って、そのこが持っていた本を見てみたら、くぎって書いてありました・・・。
理屈なしで覚えたいですね・・・。
壮大な宇宙ですが・・・私もよくわからないことがあって、わかろうとすると、意識がはるか遠くへ行ってしまい、帰って来なくなります。何か宇宙のようなものが見えてしまっている気がします。問題がわからなくてぽかんとしている子を見ると、ああ宇宙を旅しているのね・・・答えは見つかるのかなあと見守ることにしています(^-^;)
Commented at 2013-02-10 00:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-02-10 09:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-02-10 09:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あおむし at 2013-02-10 17:04 x
英語を理屈で覚えさせようとすると、例外につまずくことってありますよね。
ウチも長男のときに「魔法のe」を教えたら、
「そしたらhaveはどうなん?」
と逆襲。
反論できませんでした・・・
Commented by an-dan-te at 2013-02-10 23:25
トマトさん、
いや、どうといわれてもね…
この記事書いてて、「そうだ、私は、フォニックスってどういうものなのか知らない!!」と思って。知らなくちゃ何が便利で何が限界かわからないものね。

> もともとそれですべて解決できる類のものではないと思うけど、どう?
そりゃもう、どんな理屈持ってきたって理屈じゃ解決しきらないと思うわ…

長男くんは中学受験の勉強しっかりして算数はかなりのところまでマスターしたのにね。そこからの橋渡しはけっこう難しかったんですね。というか、マスターしたからこそなのかな? もしかしたら、中学受験したバージョンのまたろう(架空)は橋渡しが難しかったかもしれないとか、今想像できちゃった。

> 基本「納得いくいかないの問題じゃない!」ってことを納得させるのに
そこ、わかってくれないとツライわー。
Commented by an-dan-te at 2013-02-10 23:28
guraさん、
原則みたいなもの、多くのつづりがくくれる法則性はやっぱりわかってたほうがいいし、でもそこからはみ出た分は別途どうにかしなきゃいけないのよね。

> ああ宇宙を旅しているのね・・・
私はせっかちなので、はやく~もどってこいよーと思ってしまいます(^^;; でもじっくり旅するのもイイコトあるかもしれないですよね。
Commented by an-dan-te at 2013-02-10 23:31
***(2013-02-10 09:24)さん、
おぉ、うまくいきますように!!
フォニックスについてフォローありがとうございます。
私は、フォニックスについてほとんど知らないのですが、なんとなく、フォニックスでいってる程度のことは自分で知ってるような気がします(想像です)。

なるほど、母語として覚えた子の中で、そのへんがうまく抽出できない子にはフォニックスとしてフォローするというノウハウがあるわけですね…それはまるっと納得です。

> 『ルールには例外がつきもの』という理屈
(^^;;
うむ。それだけは確かですね。

<< 理屈派・感覚派それぞれの勉強方法 マイナスかけるマイナスはなぜプ... >>