説明的文章と文学的文章   

国語の読解問題を大きく分けて、「説明文」系と「物語文」系があるとして…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←国語という教科の、存在意義。

はなひめは、本好き物語好きの国語女子としてスタートした子の常として、入塾後まもなくは圧倒的に物語文を得意としていた。

なんとなく読んで、なんとなーく、解けちゃう。というか、当たっちゃう。

それに比べて説明文は苦手。なんか読みにくいし、ピンと来ない。

特に準備をしてこなかった小学生が、中学受験勉強を始めた場合、やっぱり説明文というのはギャップが大きいと思います。彼らがふだん使うボキャブラリーというのは、日常生活の中では自在に使えているように見えても、非常に偏って、狭いものです。こみいった説明文に出てくるような、熟語系の語彙や、やや古い言い回し、書き言葉ならではの表現、そして、論説文らしい構造と文体。慣れていないものばかり。

一方、こじろうの場合は、もう、物語文だろうが説明文だろうが、読めないことに変わりはない。硬い語彙も持っていなければ、登場人物の気持ちも汲めなければ、あれやこれや五里霧中。ぶっちゃけ、国語全体が謎(^^;;

結局のところ、国語得意女子であろうが、国語苦手男子であろうが、小学生のほとんどが、中学受験に出てくるような説明文なんか始めっから読みこなせたりはしないんです。それで、たいへん苦労をするわけですが、私は、これこそが中学受験の醍醐味…の、もちろん全部ではありませんがかなり中核をなすものだと思っています。

漢字の練習は、漢字を書けるようにするためだけのものではありません。とりあえず、小学校で習う漢字をただ一通り書くだけだったら、まだそんなにたいへんなことじゃないのですが、どう組み合わせてどう読んでどういう意味の言葉になるという、要するに漢字を駆使した語彙の世界を取り込むのに時間がかかるんです。

この時間がかかる作業を、中学受験の枠組みの中で、逃げ場なく(笑)、こつこつ取り組むっていうことそのものが、人生の中で光り続ける宝の製作現場です。

漢語系のボキャブラリーを増やしていくうちに、説明文を読むハードルがだいぶ下がってきます。そして、実際に、読む練習や問題を解く練習をするうちに、論理展開やその表現というものもつかめてきます。

このことは、単に読む技術の習得であって、文学的センスとかそういうこととはとりあえず別です。速い遅いはあっても、練習すれば確実に上達していくことができます。

そして、説明文が読めるようになっておけば、この先、勉強をするにも困りませんし、さらには、生きていくのに必要な、あるいは、必要とまではいわないにしても豊かにしていくのに役立つ情報収集と思考と表現の世界が広がっていくわけです。

それに比べれば、物語文の「淡い恋心」が読み解けなくたって、たいした問題じゃありません。そんなことは、本人の成長とともにいつか付け加わってくることでしょう。文字情報には馴染めた、というベースがありさえすれば。

「説明文がきちんと読めるようにする」というのは、親が子どもにプレゼントできる財産の中でも、とりわけ人間らしい価値のあるものだと思います。中学受験というのは、適切な時期にその財産形成ができる大チャンスです。

はなひめは、第一志望の過去問を解き進めていくうちにようやく、「説明文のほうが、むしろ確実に点を取りやすい」ということを理解したようです。物語文は、「ハズす」こともあるけれど、説明文のほうはきちんと読めばできる。そこまできたなら、母としては満足です。
(受験としては、スピード不足が引き続き難なのだけれど)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-01-22 12:19 | 中学受験 | Comments(18)

Commented by みさまま at 2013-01-22 13:09 x
こんにちは。

中学受験の国語の問題の説明文、小学6年生にこのレベルのものを読ませるの?という難解なものもあり、中学受験の勉強を始めた2年前びっくりしました。
こりゃ、何よりも語彙力だなと思い、その時から、地道に語彙を勉強してきました。(難語2000など、ひたすら何度も音読)

そのせいかどうか、物語文より説明文のほうが成績がいいです。うちの娘も、暇があればひたすら読書なのですが(模試の休み時間にも本を読んでるあきれた娘です)物語文が苦手で、特にどっちつかずの「淡い恋物語」なんて、イライラして全く理解できないようです。
 
そういえば、読んでる本は冒険ものとか戦いものばかり。そりゃ、わからんのは当然か・・・・

志望校は、随筆文や物語文など抽象的な内容で多くて、ちょっと心配です。
Commented by nana at 2013-01-22 16:02 x
全く同感です。
日能研での小5の1年間を振り返って、
大人にとっては一番予想のつかない変化をしたのが
国語でした。
うちは息子(小5)ですが、はなひめちゃんと傾向似ていました。
読書好きなものですから、物語は得意&5年初期までは国語はぶっちぎりの得意科目だったのですが、
息子の場合は、5年の中ごろから文章等の難易度が上がってくると急にとれなくなり
&説明的文章のなかでも随筆などはまだいいのに論説文が全く読めないという感じでした。
5年生も中ごろになって少し親も関わるようにすると
今現在は(偏差値は)もとにもどりつつあります。
まだまだ読みに「根拠」が不足していますが。
コツコツ続けて、はなひめちゃんのように
成長をとげてくれたらと切に願うばかりです。
論説文が一番わかりやすいと私なんかは思うものですから、
すぐに親子バトルになるので(以前にも書きましたが)
主人に国語はまるなげにしています。
でも今回の記事を読ませていただいて、
アンダンテさんのように私も息子の変化を
肌で感じてみたいなと思いました。
主人と息子の国語のやり直しに私も参加してみようかなと・・・。
Commented at 2013-01-22 16:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まーみん at 2013-01-22 17:37 x
初めてコメします。
ホントですよね~国語ってセンスとか感覚とかって言いますけどそれ言っちゃうちの娘なんて。。ってな感じです。
先日の首都圏模試は国語は半分も撮れませんでした。
それで予習シリーズは少しお休みをして論理的な思考を身につけている状態です。
多くの塾では4年生から3000文字以上の難関な長文を読み設問も10以上。 傲慢に思えます。
勿論天才タイプはすんなりこなせちゃうのかも知れませんが殆どの子は国語を嫌いになるといいます。我が子もそのタイプでした。やればやるほど説明文が嫌いになります。もう一度基礎に戻り、文章が読めるように、要約、筆者の気持ちを汲み取る練習をしていきたいと思います。
それがまた簡単じゃないんですよね~
Commented by ocarina at 2013-01-22 22:08 x
将に仰る通りだと思います。

娘の中学受験を経験して、
中学受験の国語は説明文をシッカリ解けるようになることが
非常に重要なポイントであるし、
受験勉強をする意義である、とも思いました。

> そんなことは、本人の成長とともにいつか付け加わってくることでしょう。
そういう意味で、個人的には「大学入試には物語文は不要」と思うくらいです。
(成長とともに付け加わる『日本人としての心の機微』を測る試験は不要なのでは??と)

逆に、その意味では、中学入試や高校入試としての国語の物語文の問題は、
その国の人(日本なら日本人)が、
共感する行動と気持ち――表裏一体のものであったり、裏腹なものであったり――を
理解できているか(何故その場面で泣くの?ゲラゲラじゃなくニヤリと笑うのは何故?など)、
また、モヤモヤした気持ちを周囲に理解されるように表現する手段(言語化)を身につけているか、
というような部分での(日本人として普通に成長出来ているかという)観点で測っているのかな?
と思ったりします。
Commented by gura at 2013-01-22 22:41 x
国語、プレゼントなんですね!感動!
うちの子は言葉が早く、作文が得意で読書好き、国語は大丈夫と油断していました!
物語文は勝手にわかる、と言うのに、説明文はもやもや。何がわからないのか、国語好きの私にはわからない。でも心当たりが。
外国人の知人たちは、流暢な日本語を話すのに、日本語の文章に大苦戦しているんです。知らない言葉で、知らないことが書いてあるからわからないんだね、といったら感激されました。
うちの子もこれでしょう!
あとですね、例えば、新緑という言葉を聞いて、この言葉から色々調べるのが好きな子は、説明文向きかなと思ったことが。うちの子は、新緑と聞いたら、さわやかな風が心に吹いてくるタイプ。物語文を読むと、物語の世界から帰ってこなくなります。設問たちが帰りを待ちわびているうちに、時間がすぎていくんですね・・・。さすがに直前はどちらもなおってきました。
ちなみに奥手の特に男子、中学生になっても、男女の淡い恋物語、意味がわからないそうです。わざとちょっかいをだす=ただの意地悪、嫌い?って思うんですって。
好きな人のペンさえも愛おしく思う女の子、ただのペンマニア女子だと思うそうです。
Commented by まる at 2013-01-23 08:38 x
小説は読んでも論説文を読むことはあまりないので、日ごろから子供新聞や新聞の子供欄を読んで慣れるといいのではないかと思います。
 英語の勉強のため毎日ウィークリーを読んでいますが本当に実力がついたと思うので新聞の効果はすごいです。

論説文は答えが問題文の中にあるというのを実感すればいいと思います。
Commented at 2013-01-23 08:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-01-23 12:32
みさままさん、
早めから「語彙」を粛々と積み重ねてこられたのはほんとうによかったですね。

説明文得意になったのなら、あとはそんなに焦ることはないと思いますが…つまり人生やっていくうえでですね…中学受験的にいえば、やっぱり物語文もできなきゃいけないんだろうけど。

女子校の求める読解って、レベル高いですよね。本好きでも、なかなか日常的にそういう本を読んでるわけじゃないと思うなぁ…
Commented by an-dan-te at 2013-01-23 12:34
nanaさん、
「なんとなく読み」が通用しなくなって、あらためて国語と向き合わなきゃいけなくなるのって、本好きの子なら「必ず通る道」なのかもね(^^;;

すぐ親子バトルになるのはうちも同じで、実は昨日もやったばっかりなんだけど(-_-;; もう慣れたんで、解決と立ち直りが上手になり、昔に比べれば即断即決です(?)
Commented by an-dan-te at 2013-01-23 12:39
***(2013-01-22 16:05)さん、
本好きの国語苦手だったのですね。なにかきっかけをつかめれば大きく変わったんじゃないかと思うんですけど…何がいいのか難しいですね。

私自身は、大学受験のときの、駿台国語がよかったなーと思ってます。中学受験のときとは、また違った切り口になりますし、なにかつかめるかも。本人も成長してますし。
Commented by an-dan-te at 2013-01-23 12:41
まーみんさん、
センスや感覚もあるに越したことはないでしょうけど、まずは読み書きの「技術」です。技術を効率よく学ぶならやっぱり、最初から背伸びしてもだめで、スモールステップが吉でしょうね。本人の一歩先をゆく題材で、うまくつないでいけるといいんですけど。
Commented by ぽちママ at 2013-01-23 15:03 x
2回目コメントです。アンダンテさんのブログは指針となっています。説明文どころか本嫌いの4年生の娘は国語は半分白紙です。でも、今日のブログで思いました。「宝を拾いを手伝おう!」と。知っている漢字をただあてはめているだけの覚え方では感性が広がらないですね。「規律」を「気立」と書くのは意味がわかってなかったのだと目からうろこです。はなひめちゃんの無事の結果を願ってます。そして、受験が終わってもブログは続けてください。
Commented by an-dan-te at 2013-01-23 21:28
ocarinaさん、
大学入試でも差がつく、物語文読解問題を作ろうとすると(特に、選択肢で…)、なんかわけわからんクソ問になっちゃったりするんでしょうね。難しいと思います。

中学入試の国語で、友だち同士の行き違いの心の機微とかがもうわかっているか(心の成長)とか、どう行動すべきか(道徳)とかを問うといわれればそれはそれで理解はできます。国語力の問題かどうかはさておき面接の代わりのような。
Commented by an-dan-te at 2013-01-23 21:32
guraさん、
> 知らない言葉で、知らないことが書いてあるからわからないんだね
あぁなるほど…

「語彙」の問題って、けっこう侮れないですよね。読み取れてないのを、なんで?? と突き詰めていくと知らない言葉がほんとに多かったりして、そんなにわからないんなら調べろよ!! って感じですけど、わからなさが空気のようになるともうすべて右から左へスルーして本人的には涼しい顔してたり(^^;;

> 中学生になっても、男女の淡い恋物語、意味がわからないそうです。
ある程度の年齢まできて、人間の心の動きの典型もわからない場合は、「こういうときはこう感じるもの」と知識として教えてしまうのもいいと思います。知識として教わってから、ドラマ・小説→現実の場面、と経験を重ねるとわかったりするよ。
Commented by an-dan-te at 2013-01-23 21:35
まるさん、
やっぱり場数を踏まないとどうにもならないので、日本語でも英語でも、ちゃんと中身のあるものを、習慣として読むというのはいいですよね。

ただ、「読む」を続けた場合に、そこからどれだけきちんと読み取っているのかは人によって大きな違いがあるもので、浅くいい加減にするーっといってしまう子には、ちゃんと音読に付き合うなり、設問を解かせるなりしてつなぎとめていかないといけない場合もありそうです。
Commented by an-dan-te at 2013-01-23 21:38
***(2013-01-23 08:52)さん、
センター試験の国語は、「えっ、その答え?」みたいなのがけっこうあったようですね。選択肢問題をまともに作るのって(そして、しかもそれで差がつくように作るのって)すごく難しいと思います。センター試験って…あれって、やらなきゃいけないことなんですかね?? 無理がある制度のような気がするけどなぁ。

各学校が作る入試では、自分のところにほしい人材が見分けられるように作ればいいですし、解答形式も選択肢に限ったことではないですから、ずいぶん自由度が増えますね。
Commented by an-dan-te at 2013-01-23 21:40
ぽちママさん、
国語苦手ならなおさら、丁寧にその宝探しを手伝うのは価値のあることでしょう(^^) こじろうの漢字練習のときは、漢字のイメージをジェスチャーで示したり、同じ漢字を使う別の言葉を並べたり、踊り語り忙しくパフォーマンスしていました(^^;;

<< インフルエンザよけのおまじない 後期(志望校別)日特というもの >>