メモチェの代わりに新鮮過去問(社会)   

メモチェ、なにそれおいしいの的に、すっかり忘れ去られている我が家です。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←社会は結局あんまり「仕上がった」感がないなぁ…

社会は苦手科目なんですから、だったら死んでもメモチェを手放すなというのがセオリーでしょう。これだけなんとかすれば大コケはしないから、というような…まぁそれはそれで正しいと思うんです。こじろうは、1月10日くらいまでかかってなんとかメモチェを開通させ、本番では特段、社会で足を取られずに済んだようですし。

でも、覚えられないんだからしかたありません。きっとこういうの(羅列系)、向かないんだと思います。ある程度はやったんですが(二周)、時間がかかるし苦痛なわりに残っていかないので、もうやめちゃいました。

一月の二校目を受ける前日、いちばん力を入れたのは国語の「チューニング」でしたが、夜はやっぱり社会の暗記をやろうと思いました。ただ、それこそメモチェの任意のページをやっても役に立つ率はたいして高くないですし、なんかぱっとしないのでやめておいて…

代わりに使ったのが、「新鮮過去問」です。マイニチノウケンには、各学校の入試問題が当日夜くらいに載りますから、それの中から復習によさそうなのをダウンロードしてやってみたわけです。

「入試問題複写速報」として、問題・解答用紙・解答がPDFで載っています。いくつか開いてみて、簡単すぎず難しすぎず、幅広く復習できそうなのを選びます(社会についていえば、はなひめにとって「簡単すぎる」というものはあんまりないけど)。

この「速報」は本来、その学校を二回目以降の入試で受験する人のために、その年の一回目受験の問題を見てから行けるように準備されたもののようです。だから、複数回の入試がある学校(の、最終回以外)しか載っていません。

ま、そんなことはともかく。けっこういろんな学校のが出てるから、お好みで選べます。なるべくなら、はなひめが受ける学校を受けるような人が、たくさん受験してる学校がいいですね。もし問題がかぶったとき、たくさんの人が「あ、これ同じ!!」と思ってて、はなひめは知らないってのもさびしいので。

二校目の前夜には、三千人だかの受験生を集める超メジャー校の社会を解いてみたのですが、なかなかよかったです。スタンダードな構成、素直な問いかけで、幅広い範囲からざっと確認できます。知らなかったこと、あやふやだったことを「知識ノート」にまとめておき、お風呂のあと、寝る直前に数分間で再度確認。

解くのに30分、直しに20分、暗記チェックに5分かかるとしてトータル一時間以内ですみますから、総復習としてはずいぶんお手軽な部類です。

メモチェにあったのと同じ知識を問われるにしても、違う角度から出てくるので定着を助けるようです。

暗記物がなかなかできずに格闘しているとき、個人面談で室長先生が薦めてくれた方法が、メモチェでなく問題を解いて覚えるというものです。先生が直接言ったのは、過去問ではなくて、公開模試の社会を解きなおして、もう問題を覚えちゃうくらいやってごらんということでした。つまり、典型的な問いかけとセットにして知識を整理していくわけですね。公開模試でなくても、志望校の過去問や、他校の過去問でも、良問でありさえすれば、ほぼ同趣旨で利用できます。

問いかけ方、問題文の読み解き方に慣れるという意味であれば、ジャスト、志望校の過去問がいいということになりますが、ほんとうに出るかもしれない知識を確認しつつ、今年の旬の話題も押さえつつということであれば今年の新鮮過去問がベストでしょう。

第一志望校の過去問はだいぶやった(8回分)ので、さらにさかのぼるよりは別の学校のものをやったほうがいいかなと思ってます。国語は手持ちにある限り(そして時間がある限り)さかのぼりたいのですが。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2013-01-19 15:01 | 中学受験 | Comments(6)

Commented by gura at 2013-01-19 18:08 x
新鮮過去問探してみます!
何度も書きますが、うちは算数が・・・。
国語は一問だけ予想問題をたててやってみます。私の予知能力を試す、絶好の機会を逃さないために!(後で恩を着せたいだけ?)アンダンテさんのお話を読んでいたら、きっといい思い出になるんだろうなと思って(*^v^*)あと少し楽しんでやってみます。
パパもとっても素敵な方なんですね。はなひめちゃんの今後の人生、この経験が支えになるでしょうね!
Commented by an-dan-te at 2013-01-20 09:42
guraさん、
これだけ真剣に子どもの現状のこと、子どものこれからのことを考えていっしょにがんばれるのは今しかないですよね。あと少し楽しみましょう(^^)

国語の予想はぜんぜん浮かばないので(^^;;
せいぜい過去問をいっしょに読んでみます。
理科とかで予想を当てたいなぁ(ほとんど趣味の世界)。
Commented by ocarina at 2013-01-20 11:11 x
社会の新鮮過去問、いいと思います♪

>問題を解いて覚える
この室長先生の案、『勉強の仕方』としては、どちらかというと邪道な印象があり、他の人に勧めたこともなければ他の人から勧められたこともなかったですが、
私自身は(過去の受験や資格試験に関して)苦手分野の暗記モノで、この方法を多用してました。
(効率はよくないですけど、このやり方で大失敗した、ということも特にないです。)
Commented at 2013-01-20 14:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-01-20 20:53
ocarinaさん、
邪道かも(^^;; でも、押してダメなら引いてみよ、って感じで、どうにもつながらなかったことが違うつながり方したりして。わりとおもしろいですね。

私自身は、とりあえず問題いろいろ解いてみてから勉強法を考えるとか、よくやりましたけど。それはそれでまぁ。ただ、今の場合は、これで解いてみた「後」の時間はもうないんだけど(^^;;
Commented by an-dan-te at 2013-01-20 20:55
***(2013-01-20 14:23)さん、
ありがとうございます~
あぁ…しかしカツを入れるといっても、何か足しになるようなことが書けるかなぁ?? (^^;; ともかく後日メッセしますね。

<< 過去問を模試として使おうとしても… よしぞうの強み >>