中学受験に向かう理由、人それぞれ。   

先日、ピアノのオフ会に行ったとき、ある人から、娘さん(小三)が中学受験塾に行きたいと言い出したという話を聞いた。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←学校が始まると…勉強する時間がないね(-_-;;

小三の今頃というと、首都圏中学受験業界的にはジャスト標準の始めごろであって、親の側が中学受験を切り出す場合ならちょうど今なのかなと思うけれど、その人の場合、お子さんのほうからの提案らしかったので、「何かきっかけとかあったの?」と聞いてみた。

すると「特に何もないんだけど、塾でやる勉強に興味があるみたい」だそうで、なんと彼女のだんな様もその昔、勉強したいといって中学受験塾に通い、ずいぶん熱心に勉強して成績も優秀で、でも受験はせず公立中に進学したんだって。だから「娘も父親に似たのかも」「通っているうちに、行きたい学校とか出てきたらほんとに受験をする可能性もある」とのこと。

ちょっとびっくりしたけど、考えてみれば、中学受験のメリットとして「この時期に、まとめて勉強しておくこと」というのがあるわけだから、どきどきハラハラ(心労)とか、受験料・私立中授業料などの余分なお金とか、そういうデメリットなしに「そこだけ取る」ってのもリーズナブルなのかも!?

まぁ自分のことを思い返しても、塾通いはほんとに楽しかった。学校と違って、勉強がおもしろかったから(学校のクラスとは別の、フレッシュな友人関係が快適だったというのもある)。私の場合はそれで結局、受験をして全落ちするという、デメリットを十分ひっかぶっての公立中進学だったのでダメージを引きずったけど、その部分さえなければね。

はなひめは、勉強をしたいという動機で中学受験を始めたわけではない。親のほうも、はなひめが中学受験と高校受験、どちらのほうがうまくやれそうなタイプか? と考えたとき、またろうやこじろうのときほど明快な答えが出なくてどっちつかずだったから(^^;; 本人に「またろうとこじろうの受験をよく観察して、どちらにしたいか考えなさい」といったのだった。

そのとき、はなひめが「中学受験がいい」と選んだのは、多分に「またろうの高校受験がめちゃくちゃ大変そうだった」という超個別的な事情に影響されたからのような気がするので、「これはフェアなチョイスだったのだろうか?」と気になったりもしたんだけど。

およそ、中学受験を選択する理由として
(1) 高校受験より、中学受験しておくほうが、進学に有利だと思ったから
(2) 中学受験というまとまりで勉強しておくのがよいと思ったから
(3) 私立中(あるいは中高)の環境がよいから
というのがあるとしたら、

はなひめに関しては、(1)は自信がなく、(2)と(3)がある程度ずつ、という感じでスタートした受験だった。

それが、こじろうが実際に私立中に通った三年間を公立中の生活と比べるにつけ…
あるいは、中学以降の学習の道筋というものを実感するにつけ…
そして、学校めぐりをして、ここと思って惚れ込む学校を見つけるに至り…

(2)と(3)が巨大に感じられるようになってきて、途中からはまったく迷わなくなった。(1)は、今でもわりとビミョー(^^;;

(1)も(3)もなくて、いきなり(2)という発想で来る人は少ないと思うけど。ほんと、人それぞれですねぇ。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2013-01-07 13:42 | 中学受験 | Comments(7)

Commented by みさまま at 2013-01-07 14:30 x
こんにちは。

うちの娘に『どうして受験するの?』ときいたところ、『どうしてもあの中学に行きたいから。』だそうです。

小3の春にいったバザーで一目惚れ、それ以来熱烈片思いの志望校です。この相手がなかなか手強く、それも、負けず嫌いの娘の大きな原動力になっている気がします。

この志望校との出会いがなければ、きっと受験はなかった気がします。そういう意味では、なかなか幸せなスタートが切れたかもしれません。

ただ、思い入れが激しい分、ご縁がなかったときのことを考えると親としては複雑ですが・・・・。

私は中学受験をしませんでしたが、娘を見ていると時々うらやましくなります。小学校時代にこんなりいろいろ勉強できていいなぁと。母に「どうして中学受験させてくれなかったの」と聞いたら「だって嫌だっていったじゃない」とのこと。

覚えてないけどなぁ~
Commented by an-dan-te at 2013-01-07 18:23
みさままさん、
はっきりしてますね~女子は男子に比べてそういうタイプ(学校一途)が多いと聞きます。これは原動力として重要なことでもあり、その一方で
> ご縁がなかったときのことを考えると親としては複雑ですが・・・・。
ここは気になっちゃいますね。親としては。
もひとつ気に入った第二志望校(で、あんまり手ごわくないところ)があれば助かるんですけどね。

> 覚えてないけどなぁ~
はは(^^;;
Commented by gura at 2013-01-08 00:12 x
うちは(2)からのスタートでした。子供が勉強したいから塾に行かせてと熱望。反対にもめげず、半年粘って、入るなら難しいこと習う中受クラスがいいというので、私も内心は嬉しく、六年からのスタートです。
私が中学まで何もしなくても成績がよかったのに、高校では、何もしなくて置いていかれたので・・・勉強はできるときにしたら良かったなあと思って。
そこからは、やはり行きたい学校ができて、中受一直線に。私も自分に似ているわが子はやはり中受だと。子供を見ていると勉強できる環境で本当に羨ましい!
本人が熱望しただけあって、もりもり勉強してますが、皆さんに追いつくのが大変で、もう少し早くはじめたらよかったなと思うことも。でもこんなに勉強してたら、公立中では優秀なのでは、それもいいなと思います。
いやいや受かって欲しいですが!
アンダンテさんこの時期にも変わらず楽しいブログを有り難うございます(^0^)/
Commented by an-dan-te at 2013-01-08 12:41
guraさん、
そうだったのですね~。勉強熱心なお子さんと、それをうれしく思って応援する親御さんって素敵な組み合わせです(^^)

> もう少し早くはじめたらよかったなと思うことも。
でも、自分にとってのタイミングで始めたからこそもりもりやれてるのかもしれないし。
Commented by ちひろ at 2013-02-06 15:08 x
この度は本当におめでとうございます!
時間の経ってしまった記事に今更申し訳ありません。
すぐにでも書き込みをしたかったのですが、受験前に突然申し訳ないなあと思い遠慮していました。
小3の息子がいるのですが、様々な理由(公立の雑多な環境でもまれてほしい、中学受験で決めてしまうのは不安等々)で中学受験はしない予定です。
でも中学受験の算数の思考力、計算力、国語の読解力や語彙力、理科、社会は一般教養の下地になるし高校受験も対応できる。
小学生時代にあれだけの勉強をすることは有意義だと思う私は(2)が気になっています!
アンダンテさんのお子さん方が中学受験の経験を通して得たもの(はなひめちゃんの「説明文がきちんと読めるようになる」ことの価値とか)長い人生で大切なことだし、受験しない子であっても身につけてあげたいことだなあと思うことが多いです。
このblogを拝見した時、もしもアンダンテさんが今から「中学受験しないけれど、毎日勉強するのは苦じゃない子」に、(2)の動機で家庭学習をさせるとしたら、どんなことに取り組ませるのかな~と考えてしまいました(^^)
Commented by an-dan-te at 2013-02-06 22:10
ちひろさん、
そうですね、「中学受験パッケージ」というのは、やることの取捨選択をしなくても(2)が達成できるというお気軽なところが利点でもあるのですが、実際のところ受験はしないなら、「無駄」の部分があるかもしれません。

受験は高校受験のときにするんだけど、小学校のうちに
> 毎日勉強するのは苦じゃない子
に家庭学習をさせるとしたら??

…うーん…
考えてみて、後日記事にしてみますね。ただ、うちの子の誰も実践してない話になっちゃいますけど(^^;;
Commented by ちひろ at 2013-02-07 15:15 x
>考えてみて、後日記事にしてみますね。

わぁ!本当ですか!!
いつまででも待っていますので(あ、こわいですか(汗))、ぜひぜひ!

ちなみにうちの小3男児は進研ゼミの洗脳にどっぷり浸かっていて(小学校入学直前に「ママはぼくがかっこいい1年生になれなくてもいいの!?」と号泣して嘆願・・・)、進級のタイミングごとにZ会や知の翼などをオススメしてみるものの、「他の問題集もやるから、辞めさせないで~!!」と毎回号泣・・・。
進研ゼミと併行して私が提示するジュニア予習シリーズなどもきちんと取り組んでいるのはエライと思うのですが(かぎっ子なので私が帰宅する前に日々のノルマ完了)、進研ゼミに割く時間とお金がもったいなくてたまりません・・・。

<< 入試本番week第一弾!! 残り一ヶ月の勉強-国語編 >>