意図しない採点ミスで知る二点の重み   

さて、1月2日は「新春過去問祭り」第二弾、一月二校目の四教科通し練習です。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←今日からまた冬期講習
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

ここははなひめの第一志望校とほとんど同じ難易度で、しかもどうしても第一志望校ほど準備して行かないわけで、だから合格でも不合格でもまったく不思議はなく、微妙な位置づけにあります。これに落ちたらどこか慌ててもう一校願書を出すのか!? というような爆弾を抱えつつ、そろーっと開始。

ところがはなひめの集中がいまいちで、前日に見せたパーフェクトな計算手腕から別人のようにミス連発。

算数で大幅に稼ぐ見込み(勝手読み)もどこへやら、四科ごくごくバランスして低調な得点状況。
四教科合計の結果は…
合格者最低点に2点足りずorz

それから、直しに入るわけですが、
・記号の書き間違え(選択肢が1~5なのになぜか「ア」。答えは1。これ得意技)
・問題の読み違え(あー、AくんじゃなくてBくんを聞かれてるのかー)
・誤字(キーワードでなくなんてことない地の文で…)
などなど、「これを取ればいい話でしょー、まったく!!」といわれ続けてはるばる四教科すべての直しが終了するころ…

いくつか残った不明点をグーグル様にお伺い立てていた私が突然叫ぶ。
「あ゛ーー」

「『脈』でいいんだ…はなちゃんごめん…」

なんの話かというと、
問「(化石の写真)の羽アリはクロクサアリと考えられます。それは、たまたま羽がきれいに残っているためですが、羽の何が種名を決めるのに役立つと考えられますか。」
解答「羽の形や模様」
はなひめの答え「脈の様子」

それで、「いやー、『脈』っていわないだろー」と思った母がバツにしていたんですけど、じゃああのスジのことをなんていうんだと思って検索したら『翅脈(しみゃく)』だそうで、じゃあ「脈の様子」でいいかと。

ははは。ぴったり足りてましたね(^^;;

まぁでも、おかげで「二点の重み」がしっかり理解できてよかったわね!! (x_x) ☆\( ̄_ ̄*)

いやでも。「ぴった」なんてそりゃ、怖すぎるでしょ。ばーんと20点くらい余裕持ってくださいよ~

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2013-01-03 10:24 | 中学受験 | Comments(2)

Commented by ケロ父 at 2013-01-03 23:03 x
はなひめ様やるのう(・∀・)
ケロに翅脈って知ってる?と聞いたところ、「うん、昆虫の"羽"はほんとは"翅"と書かなくちゃいけないから、暗記テストの時は"し脈"ってひらがなでかかなくちゃいけないことになってる」と言われました。
こちらは今日から本番開幕です。頑張りましょね。
Commented by an-dan-te at 2013-01-04 09:18
ケロ父さん、
おぉ、ふつうに練習するボキャブラリーに入っていたのですね。私はぜんぜん知りませんでした。はなひめは「葉脈」からの発想だったらしい。

えっ本番始まったの!? はやい…

<< 残り一ヶ月の勉強-理科編 新春過去問祭り: 一月一校目 >>