夫婦の役割分担   

子どもが小さいころは、とにかく保育園の送り迎えを軸に生活を組み立てるしかなくって…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←足並みそろえるのもけっこうたいへん

「月水金がお迎えで火木が送り」くらいにガチガチに割り振らないとどうしようもなかったから、そのころ、よしぞうは仕事をなんとかかんとか調整して、ほとんどイーブンに分担して送迎をこなしていました。家事は私のほうがはるかにうまかったけど、育児はよしぞうのほうが適性があって、そんな感じでバランスしてたのかな。(いや私のほうがたいへんだと思ってたんですけどね、当時は)

またろうとこじろうのダブル受験時代は、それとは違うたいへんさだけれども、ともかくいっぱいいっぱいだったから、やっぱりいろいろ分担していました。私はとにかくまたろうの英語と、こじろうの国語をどげんかせんといかん状態だったので、よしぞうはよしぞうの得意分野で…またろう&こじろうの、理科、算数/数学の直しは一切やってました。

そもそも、こじろうがわからなかった算数の問題や、またろうにわからなかった数学の問題が私にわかるわけがないからこれは適切な分担でした。ただ、国語はともかく社会まで私の担当だったのがとてもじゃないけど適切とはいえない。とはいっても人材がいないからしかたないね。まぁ、答えはあるし、どうしてもわからなかったらグーグル様に聞いたり…

そのほか、学校の説明会やら塾の保護者会やらもひとりじゃこなせないから分けていってたし、入試当日も、よしぞうが入試つきそいで私が発表とかね。

そんな感じで、夫婦で乗り切った受験でした。

よしぞうは、どうしようもないときはちゃんと、やることやるんです。

そして、そのあと。私は糸の切れた凧のように、バイオリンを始めたりなんだり遊び暮らしていましたが、それでも家のこと子どものことは当然分担してやるものと思っていました。よしぞうは趣味じゃなくて仕事に没入していって、家のこと子どものことにはまったく手が回らなくなっていきました。帰ってこないお父さん。我が家では非常に新鮮な光景というか、なかなか慣れなくてどうもね。

受験が終わったとはいっても、三人の子どもがいて家の中もどうにかこうにかしなきゃいけないわけで、それを丸無視して仕事ばっかりしてていいなんて「許可」を出した覚えは、私ゃまったくないよといって揉めたりなんだりして、それでまぁ改善されない見通しになったころには、逆にもうお父さんがいないことに慣れてしまってですね。生活はちゃんちゃんと流れていくけど、すっかり、夫婦は冷え切っていたのでした。ひゅーるりらー

よしぞうは、私だけでなんとかなってそうなら、特にどうしようとは思わないらしいです。

そんな状態のまま、はなひめが近所の塾とはいえ、ぬるく中学受験を目指した勉強を始めることになりましたが、相変わらずお父さんはほぼ不在な状況でしたので、私が算数でも理科でも面倒みることになっちゃったんですね…なりゆきで。

それで、たまによしぞうが勉強の仕方や親子のあり方について口を出そうもんなら、そりゃーその中身の正誤にかかわらずカチンと来ますから、「なにもやらないんなら口も出すな!!」ってことになりますね。

その後、ようやく仕事のフェーズが変わり、よしぞうが「家に戻って」来たときも、はなひめはもう母に見てもらうことに慣れちゃってて、父のやり方を受け付けようとしないし、手が出せないのね、なかなか。それに、こじろう受験と違って、はなひめの受ける学校の算数くらいだと私も解けるからね…なんとかなっちゃうと手を出さないの法則。

手を出さないでいると、様子もわからないし、たまに手を出したり口を出したりすればズレることもあって嫌われるしで、これはもう悪循環です。

でも、いよいよ受験が近づいてきまして、よしぞうも学校説明会や振込みや出願や、いろいろやろうと意欲を見せてくれていますし、私がまたろうこじろうに気がいってない間に最低限そっちのフォローをしてくれていました。私としてもよしぞうが必要だし、夫婦の考え方の違いもだいぶすり合わせが済みまして、これは雪解けムードです。いや外はいよいよ寒くなってきてますけどね…

日曜日には、ものすごく久しぶりに、過去問(理科)の直しを一回分、全面的によしぞうに振ってみまして、はなひめはちょっと抵抗あったらしいですけど、母よりずいぶん丁寧な渾身の解説ですし、それはそれで悪くなかったような感じです。

ちゃんと家族で乗り切った受験、というふうに終わりたいですね。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-12-12 13:25 | 中学受験 | Comments(11)

Commented by なつし at 2012-12-13 08:37 x
「雪解けムード」って、、、
今までも、ご主人様、ブログにたくさん出てきてらっしゃったから、
ブリザードしてたって、全く思わなかったですよ。

私が言っても真実味がない気もしますが、
男性はお仕事がうまくいっているのが一番です。
クビになって、家にいられても、ただの粗大ごみですもん。笑

Commented by umauma at 2012-12-13 10:02 x
すばらしぃ~~~
パチパチ!!!
うちもがんばろうっと。。。
Commented by くるみ at 2012-12-13 10:26 x
まったく同じです。

どちらかと言ったら、主人を育児に関わらせてきたので、息子が難しい年頃になって主人が関わろうとしなくなり、私任せになった時から、冷え冷えとなっておりました。

>たまによしぞうが勉強の仕方や親子のあり方について口を出そうもんなら、そりゃーその中身の正誤にかかわらずカチンと来ますから、「なにもやらないんなら口も出すな!!」ってことになりますね。

わかる!わかる!

>いよいよ受験が近づいてきまして、よしぞうも学校説明会や振込みや出願や、いろいろやろうと意欲を見せてくれていますし・・・・
>私としてもよしぞうが必要だし、夫婦の考え方の違いもだいぶすり合わせが済みまして、これは雪解けムードです。

まったく同じです。私より体力がある主人はやっぱり頼りになります。
「俺が必要なときは早めに言ってくれ!休みを取るから」と言ってます。会話がなかった夫婦もどこへやら^^;

息子も前よりは主人に対する反発が減ってる感じですね。
主人も息子と適度な距離感で接する事ができるようになったみたいです。

子供の受験ってありがたいな~と。あとは、学力だけ。それが一番心配><
Commented by くるみ at 2012-12-13 10:28 x
はなちゃんは女の子だから、よしぞうさん、今がチャンス!これを逃したら、どんどんパパ離れが加速しそう^^;
よしぞうさん、頑張って!!
Commented by an-dan-te at 2012-12-13 21:07
なつしさん、
いやいや、ほら期待して裏切られるとやっぱり「ひゅー」って寒々しくなるもんなんですよ。妻がブリザードだとやっぱり夫も居心地悪いらしいんで、最近はちょっといいかな♪って、よしぞうも思ってるんじゃないですかね。
Commented by an-dan-te at 2012-12-13 21:07
umaumaさん、
…え。どこがどうすばらしいかっていうと、あんまり(^^;;
Commented by an-dan-te at 2012-12-13 21:09
くるみさん、
お(^^) そちらも夫婦の会話復活ですね。
そういえば、そちらはお子さんが強い反発から徐々に戻ってくる頃合じゃないでしょうか。こちらは今から距離ができるところなんで、この中学受験を家族で乗り切る!! ってのは貴重なチャンスかもね。
Commented by sumika38 at 2012-12-14 00:23 x
おもわずうなずきながら読みました。

我が家の夫は中受に無関心&毎日夜遅く朝早い、で
必然的に子供の事は私がやっています。

私が仕事を楽な働き方にしたのも自分で決めたことだし、
別にそれに不満があるわけではないんですけど。

27日に、忘年会を入れたかったので、夫の都合を聞いたんです。
そしたら、「ごめん、その週は全部忘年会。」
…子供の事とか、ぜ~んぜん気にせず出張や飲み会の予定入れまくれるって良いわよね~、とちょっと嫌味な気分になったのでした。
だからと言って、夫の働き方をまねしたいわけではないんですけどね(;^_^A。

文面から良い雰囲気が伝わってきます。
みんなで乗り越える中学受験、いいですね。

頑張っているどなたにも、朗報が届きますように。

Commented by のーぺ♪ at 2012-12-14 16:47 x
家庭生活+山場も見せ場もある中学受験への道のり。。
ガイド役やら司令塔やら、まぢ大変ですよね・・
役割分担は当然であって、できれば適材適所でお願いしたいのであります! ご主人の返り咲き、大歓迎ですね^^
家族総動員しないと、受験は乗り切れないと思いまふ・・
Commented by an-dan-te at 2012-12-14 20:31
sumika38さん、
> だからと言って、夫の働き方をまねしたいわけではないんですけどね(;^_^A。
そりゃ、そうですよね。そんな人が二人になったら家庭崩壊だわ。

それならなぜ逆に、二人とも家のことや子どものことを半分受け持った状態でできる範囲の仕事に調整しないのかといったら、そりゃーたいていの場合それじゃ経済が成り立たないからで。

成り立たないと私立にもやれないし(笑)
いやーむずかしー

けど、たいへんなときは絆が深まるとき。ということにしておきましょ(^^)
Commented by an-dan-te at 2012-12-14 20:31
のーぺ♪さん、
まぢ大変です。でも、せっかく中学受験というわかりやすく協力できる場面なので、ここを生かして「お父さん」ぢからを発揮しておかないとあとがいろいろと障りますからね♪

<< 学校の常識は世間の非常識!? 歴史「早押し」基本チェック >>