自立につなげる中学受験   

一回目の中学受験では、コツもペースもつかめず、とにかく「合格」に向けて必死な感じで、中学入って以降どうなるという視点はかなりぼやけていた。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←中学合格の、その先のこと。

もちろん、中学受験を思い立った理由のひとつに、「この子の日本語能力をどうにかしておかないと中学以降の学びが成立しなくなる!!」という危機感(^^;; があったわけで、そういう意味では、中学生以降に思いをはせていたということにはなるけど。

特段のことをせずそのまま公立中に行かせる場合と比較すると、明らかに勝っていたと思うのが、生活面での自立。

つまり、自分でレンジを駆使してお弁当を詰めて持っていくとか、電車に乗るとか、時間を見計らうとか、適宜親に電話を入れるとか。基本、ひとりで電車での往復をするようになると、予想もつかないトラブルも起こるので、「電車に乗り間違えたら?」「電車が止まったら?」あるいは単に、「(弁当など)重要な忘れ物をして塾に行ってしまったら?」…いろんな「困った」のときに、自分で考えるか、他人に頼るかして対処しないといけない。

こういう練習があったから、スムーズに(電車で通う必要がある)私立中生活につながったともいえる。ま、この点に関しては、塾でなくても、ひとりでやや遠い習い事に通えば同じことだけど。

勉強面での自立ということになると、これはかなりやっかいな話になる。

もちろん、中学受験をすることで、
・勉強の習慣がつく(というか、正確にいえば、継続的に勉強をしたという体験を持つ)
・勉強の仕方がわかる
・基礎知識を得る
・いろんな思考方法を身につける
というような有利な面があるわけで、これは程度の差はあっても、中学受験を経験した誰にでもあてはまること。

しかし、中学受験経験者が、みんな中学以降スムーズにいくかというと…
パターンその1: 恵まれた環境を得ていきいきと自主的に勉学などに取り組む。
パターンその2: 受験から解放されていきいきと部活その他に取り組む。勉強は最低限、非自主的に行う。
パターンその3: 受験から解放されて糸の切れた凧になり、勉学はもちろん、学校生活全体が沈滞する。
などと、ピンキリのケースがみられる。

こじろうの場合、中学入学直後の状況をいえば明らかに「パターンその2」だったけれど、その後、中三くらいから変わってきたような気がする。

中学受験が済んで「パターンその2」になっていく子どもは大量にいるが、大方は心配なくて、高校生になると自分なりにつじつまを合わせるようになっていく。

勉強の仕方は知っているし、努力の価値も体感している。そして勉強に、ではなくても、意欲そのものを持ち続けているならばあとは自分次第。人生を考えるところまでくれば自分でなんとかするでしょう。

中学受験をするならば、少なくとも「パターンその3」に落ち込んでゆくことを避けること。そして、「パターンその2」になるのはまぁそれはそれでいいとして(?)、そこから変わっていける道具立てと環境とエネルギーを持てるようにしておくこと。

…が、大切だと思うようになりました。二回目の受験になって、少しは長いスパンの視点も持てるようになり、こじろうのときよりは「勉強の効率が下がっても、将来への布石」を考えてちょっとは「引く」「タネを撒く」ことが増えたような気がします。(たぶんつづく)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-11-14 13:06 | 中学受験 | Comments(4)

Commented by くるみ at 2012-11-14 15:42 x
こじろうくんはパターン2からパターン1に変わってきたのでしょうか?
きっかけはなんだったんでしょう。
付属という環境は進学校よりも勉強の意欲が保ちにくい気がするのですが、そうでもないのかな?
高入生も入ってきますしね。
Commented by an-dan-te at 2012-11-15 09:16
くるみさん、
変わったとはいっても、別に大学受験のための勉強をしているわけじゃないし、たいした量やっていないけれど、自分でそれなりに考えてやっているし、とにかくこの先、いろんなことがあっても大丈夫、親のやることはあらかた終わった(稼ぐだけはしないと-笑)という感じになりました。

これはほんとに人としての成長ということで、恵まれた環境と、それに合う資質をもった本人ということでしょう。ありがたいことです。
Commented by mimi at 2012-11-15 09:21 x
現在進行形どっぷりパターン2の中二の娘がいます。
高校からは成績でクラス分けがあるので、
すこーーーーーーーーーーーーーーーーしは
優秀な友人と同じクラスになれないという焦りもあるらしいのですが、やはり部活と食欲と眠気の方に重きを置いたまま(- -;)
とりあえず英数だけは何とかしてくれればあまり文句を言うつもりはないんですが、それもクリアしてないとついつい…。
小5の妹の方が勉強してるぞと突っ込みたくもなります。
こじろうくんは何がきっかけだったんでしょう。
くるみさんと同じくとても興味深いです(というかあやかりたい(T T)
Commented by an-dan-te at 2012-11-15 19:10
mimiさん、
まぁ中二はそんなもんじゃないですか~
こじろうの中二も(中略)、ただし、大学受験の心配がないので、部活はがんばってるし、何より毎日楽しそうだし、ま、いっかーと親が放置することができて、そのうち自分で浮上したみたいな感じかな??

<< 幸せな中学受験のための志望校選び 残り80日の本気度 >>