続けられる人々(開成野球部のセオリー)   

野球のことはほとんど知らなくって、いちおうスリーストライクでアウト、スリーアウトでチェンジってのはわかるんだけど、いつが走ってよくて、いつが塁にいなくちゃいけないのかとかよくわからないレベル。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←親が押し込むんじゃなかなか届かない学校です

でもそんなこととは関係なく、とにかくおもしろいこの本:
「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー(高橋秀実、新潮社)

監督や野球部員と、著者の会話のとぼけ感がもう、絶妙にツボに入ってくるもんだから、電車の中で読んでてめちゃくちゃ危なかったわ(^^;;

(ピッチャーの選定基準についての話を監督さんに聞いているところで)
- 安定的なら、ピッチャーはつとまるんでしょうか?
「勝負以前に、失礼があってはいけないと思うんです」
- 失礼?
「球がストライクゾーンに入らないとゲームになりませんから、それは相手に対して失礼なんです。とにかくウチは試合をしたいわけです。試合をするには、打たれるにせよストライクを安定的に入れなければいけないんです」

(外野手をやってる子に、なぜ外野なのかと聞いたところ)
「外野は涼しいんです」
- 涼しい?
「内野は緊張するじゃないですか。でも、外野って全体を客観的に見れるんです。気持ち的に余裕があって、それで涼しく感じるんですね」

(野球は不確実性のあるゲームだから甲子園にしても絶対行けないとはいえない、というので)
- でも、強豪校と違ってグラウンドで週一回しか練習してないでしょ。
私が指摘すると、彼はこう反論した。
「それはどうなんでしょうか。僕は練習はしすぎるとよくないと思うんです。練習することが当たり前になって、『明日やればいいや』とか考えて、集中力が欠けて意識が下がるような気がするんです」

つまり、野球も哲学なのかな。とっても味わい深い本なのです。この中では、守備は下手で、練習環境にも恵まれない開成野球部が勝つためには、「ドサクサ大量得点」を狙うというセオリーが云々、というのが主題なのだけど、私には野球のことはよくわからないのでそれはともかく。

すごいな、と思ったのはそこに集う人材(部員)の「続ける力」の強さである。

「僕は集中力が1時間しか持たないので、勉強も1時間で区切るようにしているんです」
という子は、まず夕食前に勉強して素振り、夕食は親に頼んで「7時」と決めてもらっていて(そうすると夕食時間が休憩時間としての効果を持つから)、食後はまた勉強して素振り。そして風呂に入る(休憩時間として)。それから9時から10時まで勉強して素振りしたあとに、弁当箱をきちんと洗う(これも休憩?)そしてまたちょっと勉強して11時就寝。

この合理性と無駄のなさ…

また別の、無駄の排除(バッティングの際の力の集中)がテーマだという子の場合、日常生活でも「ムダの排除」を実践しているそうで、学校が終わるとまず塾の自習室にいき、「一気に集中して勉強」してしまう。家に帰ったら完全リラックス。
「自習室ではとりあえず全教科にひと通り触れるようにしています。1日やらないと取り戻すのに2日かかるといわれていますから、そういう面倒なことを避けるためです。1時間ほどかけて全教科を見て、あとの時間で宿題や苦手な分野、テストの準備などをします」
行きの電車は英単語など暗記もの。帰りの電車はゲームなど遊びと決めている。

自分に必要なことを見極めて、それに必要な作業をブレイクダウンして、緻密な日常生活に組み上げ、それをたんたんと実施する。こういう「努力のかたち」ってのは、できる人とできない人がいるもので、ここまできっちりできるのは才能というしかない。

こういう人がたくさん集まってる学校…やっぱすごい(^^;;
甲子園に行けるかどうかは別問題だけど。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-10-30 12:58 | 中学受験 | Comments(4)

Commented at 2012-10-30 23:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あんず at 2012-10-31 13:33 x
自分のこと正確に評価できる子は、対策もきちんとできるんですよね。
自分を過大評価する子は、対策をたてたとしても、そもそもスタート時点の評価が間違っているので、思うような結果がでないことが多いような気がします。
才能は誰にでもあると思うんですが、それを磨き上げる努力が違うんでしょうね。
Commented by an-dan-te at 2012-11-01 13:02
***(2012-10-30 23:10)さん、
野球はぜんぜん詳しくないですが、ほんとおもしろかったです!! 開成は、魅力ある学校だと思いますよ。合う子がいけばすっごく楽しいだろうし…合わない子がいったら、そりゃ不幸ですな(^^;; どんな学校にもいえることですけど。

出版されたその日に持ってきてくださったとは~気合い入ってますね!!(^^)
Commented by an-dan-te at 2012-11-01 13:03
あんずさん、
そうですね、正確な自己評価…ができなかったら、それこそ出発点から的外れになっちゃいますね。

「磨き上げる努力」が才能かなとも(^^;;

<< 塾テストの過去問!? 学校別生涯賃金期待値ランキング... >>