なんか、頭がザルなんです。   

別に、記憶力さえよけりゃ頭がいいとしたもんではないと思うけど、中学受験社会に関していえば、やっぱり記憶が保持できるほうがいいだろうとも思う。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←大学受験は、記憶力悪くてもあんまり困らなかったんだけど

こじろうの社会メモチェが「ザル」というか「賽の河原」だったことは前にも書いた。一回転やって(つまり、見ないでやって→丸付け直し。そうかそうか、と納得したつもりで…)、二回目やって。ぺらりと一回目の結果をめくってみると、あら不思議、赤いところがまったく同じ(^^;;

これじゃ、五回転してもダメなものはダメだよねぇ。いちおう、今回は前回の反省に立ち、ただ漫然と「回す」のではなくて、
・紙に書いて進行する+まったく別のページを目だけでざっと暗記チェック
・特に覚えにくいところをメモしておき、ふとしたときに聞いてみる
など、複合的にやってますんで、こじろうのときよりはやや「前に進んでいる」感触はあります。

でも、本人的にも、こんなに忘れるんじゃ…というような忸怩たる思いはあるらしくて、どうも社会をやるってのは気が重いみたいです。

とはいっても。ここから先、はなひめの場合、どこがいちばん伸びる「余地」があるかといえば、そりゃどう考えても社会なので。いやもう「余地」だらけで、売るほどある(^^;; だから、社会がんばろうよといってみたんですが。

算数や理科なら、難しいようにみえた問題も、いっしょうけんめい考えてみたらパッとわかることもあるし、楽しい。
社会は、知らないとどうしようもなくって、とっつきが悪い。

特に「栄冠への道」はつまらない。というのです。知ってれば書ける、知らなきゃ書けない、考える余地がないし、答えに納得できない問題も多い。

納得できないというのはつまり、特に「問題研究」より「基本確認」のほうでよくあるのですが、問題として成り立っているというより、整理・確認のための問題があるわけですね。答えを見たら、まぁ確かにそういうことを「整理」したかったんだろうけど、穴に入る言葉はそれに限らないじゃないかというような。算数なら、そういうことはないですもんね(基本確認の問題でも)。

思うに、社会でいくら暗記しようとしてもザルになり、勉強しようとしてもつまらないのは、ものごとのつながりというか勘所というか、網の目の部分がダメなんでしょうね。結局、私がそのへん徹底的にダメなのが、遺伝子による遺伝でなのか、環境による遺伝でなのか、ビシバシに伝わってしまったようです。

でも、この年になると、けっこう社会っておもしろいなと思うようになったんですけど…
四十ン歳になってそれがわかっても、中学受験の役には立ちませんが…

知識を乗せていくのに役に立つ「網の目」を準備するためには、それまでにすでにある程度の知識や関心がなくてはならないのですが、私もはなひめもそこがなかなか乗り越えられない人のような気がします。

ベースとなる「網の目」さえしっかりできていれば、その上に知識を乗せて→あらかたすべり落ちてしまっても、それはそれで元の木阿弥ということにはならないはずです。「忘れる」というのは、コンピューターにはなく人間の脳にはある優れた仕組みで、これがあるから頭の整理もでき、理解や洞察も生まれるのです。ふるいにかかる、エッセンスがすくいとられるところがミソです。

だからね、そのベース部分…

メモチェやったり、栄冠への道をやったり、過去問やったり、別の角度からまとめたり、えっちらおっちらやってる中でどこかで。スレッショルドを越えることがあるかなと、気長に。気長っていっても、もう四ヶ月ないですけど(^^;; たぶん、密度濃くやれば、乗り越えられる(突然つながる)可能性は高いと思うんですよね。こじろうが、カリテまとめてやりなおし週間を設けたらぐっと一山越えたみたいに。

「ひと山」といえば、はなひめも、ある意味、今年の前半に「ひと山」は越えたような気がするのですが(テキスト音読のあたりで)、それで最悪は脱出したにしても、まだもう一山くらい越えないと、ほかの科目には追いつかない。

問題は、いつ、社会を「密度濃く」やるのかってところなんですけど…

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-10-09 12:59 | 中学受験 | Comments(2)

Commented by ハナミズキ at 2012-10-10 08:53 x
ご無沙汰しております。10月の模試も終わりましたね~。受験日が近づいてきて、ドキドキの日を過ごしています。

アンダンテさんの日記を読んで、我が家を振り返ったりして思うんですけど、やっぱり親の教科に対する苦手感も子供に影響する気がしています。

うちは社会は抵抗ない方でして、理科が苦手なんですよね。社会に関してはニュースなどにとても興味のある子で、意識がそっちに向いていて、勉強するのが苦にならないようです。

理科は私が苦手で教えるのも敬遠しがちなので、子供も苦手意識が強いような気がします。

算数は分野によって得意・不得意があり、図形が苦手。国語と社会は勉強が苦にならないようなので、やっぱり文系なんでしょうね(^_^;)

余談ですが、ノーベル賞を取った日本人について調べてたら、生い立ちが面白かったです。でも、やっぱり家庭環境って大きく影響しますね。
Commented by an-dan-te at 2012-10-10 13:09
ハナミズキさん、
そうですね~苦手を伝染させないことは難しいですね。もちろん、たまに特異的な、持って生まれたものがある場合もありますけど…平凡に生まれた子だったら(^^;; 親の素養のあるなしにやっぱり左右されると思います。

「社会」がカバー範囲の人と結婚すべきだった?(笑)

<< 疲れない中学受験の条件 要項から一覧表作って、手順確認。 >>