朝の定番といえば計算と漢字だけど   

中学受験といえば、とにかく避けて通れないのが毎日まいにちの計算と漢字(語句)。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←朝時間、どんな活用をしていますか?

ふつう、スケジュールのサンプルを見れば、判で押したように朝時間に、この計算と漢字のような、毎日定食が入っているものでしょ。こういうものを朝にやるメリットは…
・短時間でいいけれど、ほかの予定に邪魔されず、毎日確実に取りたい。
・朝に脳の活性化!!(^^)
というわけで、ほんとに納得。

これで一日がうまくスタートできる人は、自信を持って、そのスタイルを貫いていくとよいと思います。でも、うちではこれがどうしてもできなくてね。

・朝は眠い。本人が心からやりたいことでない場合は、なかなか起きてくれない。
・無理やり起こしても、ねぼけてるから、ややこしい計算とかやらせると、間違える、機嫌が悪くなる。
・一行題とか、けっこう難しいのがあるから、解き方につまづくと、親が呼ばれてしまう(笑) けど、朝は慌しいので、呼ばれても対応できない。

というような、幾多の困難が待ち受けているわけです。

そこで、我が家ではいつのころからか、朝は学校の宿題ということで定着しています。学校の宿題だとその日にもう持っていかないといけないわけだから、思ったより時間がかかったら困るのでは? と思われるんじゃないでしょうか。それはもちろん、そういうリスクもあるんだけれど、最近わかってきたのは、それがどうも逆に「ミソ」なんじゃないかということです。

学校から帰ってからの時間は、特に塾がある日だとあんまり工夫のしようがなく、おやつを食べて塾の支度をしたらわりとすぐに出かけないといけません。案外、裁量の余地(宿題をする時間)はないものです。朝のほうが、それこそ他の予定に邪魔されず、自分でコーディネートできる時間帯なのです。

前夜、学校の宿題で何が出ているかチェックして、いるもの(ドリル、ノート、筆箱など)をひとまとめにしておきます。必要な時間も自分で考えて…適当な余裕を足して、「明日は、**時**分に起こして!!」と母か兄に頼みます(目覚まし時計だけで起きる自信はないらしい)。

学校の宿題というのは、決まった中身であることも、そうでないことも(自由勉強)あるようですが、母が口出しする時間帯に宿題をやろうとすると、「そこまでやらなくてもいいんじゃないの??」「こうやってまとめたら??」とか、時間をケチろうとする母が何かとうるさい(笑) 朝にやる分には母が何も言いませんから。

だから、朝に宿題をやって、そのやり方、かかる時間などを自分で調整できるスタイルが気に入っているらしいです。早く済めばそのあと休憩(ゲームとか)することもできるし、学校に少し早めに行ってもいいわけです。

そもそも学校の宿題の中身は「計算と漢字」みたいなものですから、「脳の活性化」ということだったらこれでいいのかもしれません。

加えて、自分で勉強の仕方を考えるとか、時間の使い方を考えるとか、そんな練習ができるというのはとても好都合です。生活全体、あるいは中学受験勉強の段取りということになると、なかなか今の状況では親が口出ししないということができませんが、朝の時間帯、学校の宿題、ということに限れば、心置きなく本人に任せられる。というのは我が家にとってはたいへん快適生活に役立つ発見でした。

これというのも、はなひめ自身が学校の宿題は確実にやっていこう!! 提出しよう!! という意欲を持っているから成り立つことであって。つい、私は、学校の宿題をもっと手早く済ませてほしいと思ってしまいますが、中学以降の学びのことを考えれば、学校の宿題を質よくこなそうという気持ちを本人がせっかく持っているのだから、これを大事にしていったほうがいいのでしょう。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-09-27 13:38 | 中学受験 | Comments(2)

Commented by taro at 2012-09-28 13:01 x
確かに、帰宅後すぐに宿題する時に、ダラダラしていますね。
自学に拘りすぎて余計に時間かけ過ぎてる時もあります。
時間が取れなくて朝からするとき、凄くはやく仕上げたりもしますね。
私は、帰宅後すぐにさせるものの意識でしたが、家内は、朝から賛成派でしたよ。
Commented by an-dan-te at 2012-09-30 07:21
taroさん、
もうね、時間制限がない状況で宿題やらせると、どこまで時間かかるかわからないくらいです。朝だと真剣です(^^;;
> 私は、帰宅後すぐにさせるものの意識でしたが、家内は、朝から賛成派でしたよ。
一長一短あると思います。

<< R4表に引かれた三本の線 一月校組み立ての岐路 >>