勉強する時間がない…   

ふつうだったら、この時期になって、たくさん勉強しなきゃいけないからほかのことをする時間がない、となるべきところ、なんだか「勉強をする時間がない」ってどゆこと。。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←今日も明日もあさっても塾という三連休

でも、ほんとに時間が足りなくて、一週間すぐに経ってしまいます。なんだかんだいって夏休み中はそれなりに時間があったのだなぁと今更のように。

今は、学校があって、学校の宿題があって、塾がありまくりで、そうなると疲れるから休憩もしたいわけで、結局のところ、家でいわゆる受験勉強をする時間がほんとに少ない。これって、本末転倒じゃないのかなー。

自宅勉強で着々と進めている人だったら、ここからガーッと穴埋めとか過去問とか。

いや、もちろん、うちが塾をやめちゃったら、漠然と塾に通ってるよりもっと勉強しないだろうから、その線はないですけど。

現に、ユリウスに行かなくなった分の月曜日のひとときは、有効に「休憩」に当てられているし…
まぁいいんですが。電車とか往復分の時間がもったいないんで、その代わりに休んだり遊んだりするのはいちおう、辞めた趣旨には沿ってます。

その分、夜ごはん後に、真剣にやることやってくれればね(-_-;;

なんとなく、本人のモードが変わって、やる気にはなってるみたいなので、あまり説得はしないで、比較的平和に過ごして様子をみていました。そしたら、まぁ友だちとは遊ぶし、漫画は読むし、それでもって学校の宿題といいつつ自由勉強(学校のドリルとかやる)を果てしなく広げてるみたいで、勉強の時間がなかなか残りません。(短いけど、やる時間はまぁまぁ真剣にやっています。そこは進歩だなー)

・テスト直し
・毎日定食(一行題/計算と漢字/算数再チャレンジ)
・社会メモチェ二巡目

をやる程度で、ずーっと日が経ってしまって、気がつくと、

・合格完成語句
・理科メモチェ二巡目
・授業の振り返り(宿題)
・栄冠への道
・過去問

は完全放置、ということに。というか、正直に言うと、毎日定食すら毎日ではなく、塾がある平日はやらないってことになりがちです。そうすると、「毎日」というのはちっともまいにちではない…

火・水・木は「毎日定食」をしないということになると週4日。

そこで、学校が五時間目までで、塾のある日の場合は、毎日定食をやってから出かける(親不在中)、ということができるならば週5日に昇格。(今週はできた!! 続くとイイネ!!)

それから、もう火曜日の社会特別授業は取らないってことにすると、週6日に昇格。この日は、塾から1コマ分早く帰るので、毎日定食+社会メモチェをするようにすれば、パスした授業のカオも立つ(か?)

このように、今はとにかく、毎日モノを毎日(に近い週6日)やろうとするのが精一杯。ほかのこと(過去問とか)まで手が回りません。九月中に、なんとかスケジュールを整理して、十月からは過去問タイムを作るぞー。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-09-15 14:37 | 中学受験 | Comments(0)

<< 六年後半、親は忙しくなるのか? セシウム入り給食の教育的側面!? >>