セシウム入り給食の教育的側面!?   

中学受験から離れますが、子どもの生活関連ということで、ご容赦ください。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←川崎市在住じゃないので市長の手紙とかは送らないけど気にはなる

だって、あんまり気になるんですもの…
---- 東京新聞2012年9月5日付
セシウム検出食材 給食使用
市長「危険知ることが大事」

 川崎市の小学校給食で、放射性セシウムを含むと分かった県産冷凍ミカンや山形県産リンゴ缶詰を使うことについて、阿部孝夫市長は四日の会見で「危険の中で生活していることを子どもたちが知ることが大事だ」と語り、教育的側面からの使用を強調した。
 市の検査で、冷凍ミカンは1kgあたり9.1ベクレル、リンゴ缶詰は同1.6ベクレルの放射性セシウムを検出。市では、国の基準値(1kg当たり100ベクレル)を下回っていることから、冷凍ミカンは四月から給食で出しており、リンゴ缶詰は九月から使用。
 横浜市や鎌倉市が冷凍ミカンの使用を見合わせていることへの質問に、阿部市長は「このレベルでビクビクする教育をすることが間違い」とし、「道路では車にぶつかる危険性があり、すれ違ったあかの他人に刺される可能性もある。だから人とすれ違うな、と教育しますか?」とも。
 納得していない保護者もいるが、「ビクビクしなさんな」と話した。
----

要するに、放射性セシウムが検出された食材を、横浜市あたりは使わない決定をした一方で、川崎市は使う決定をしたという話なんだけど、川崎市長がその説明を求められたときに、たとえば
「学校給食の仕入れは、限られた予算の中で、安全性、栄養バランス、食育、味、仕入れの安定性などいろいろな面を総合的に判断して行われています。その中で、放射性物質をゼロにすることだけを優先させることができないので、基準値未満であれば仕入れる場合もありますがご理解ください」
とかいったとしたら、そりゃ納得しない保護者もいるかもしれないけど、少なくともそんなに「祭り」にはならないと思う。

だから、川崎市長はやっぱり、物議を醸したかったんだろう。あえて。よくわかんないけど。

ところで、セシウム入り給食を出すことによってどのような教育的側面があるのか、というか、どのような教育を(川崎市長は)意図しているのかを考えてみよう。まず言えることは、そのことを知らずにただ食べていても、教育的効果はまったくないということだ。味に直結する話でもなし、即お腹を壊すこともなく、もし万一遠い将来の健康に悪影響があったとしても、給食のせいとは気づくことができないから、何も学ぶことはできない。やっぱり、教育というからには、「今日の給食には(推定)放射性セシウムが**ベクレル含まれています。しかし安全性には問題ないと判断されましたので、安心して食べてください」かなんか知らせるんだよね、少なくとも。

それを見て子どもたちが何を学べばいいかという話だけれど、阿部市長が出したというこの乱暴な喩えを借りるならば、日常に危険は織り込み済みであるということ…道路を歩いているだけだって、交通事故や犯罪に巻き込まれるかもしれない、と。交通事故や犯罪についていえば、より巻き込まれにくい歩き方というのはあるわけで、そういう教育(たとえば、交通安全教育)をするっていうのは普通の発想だ。

しかし、給食の場合、より安全な食べ方(よく噛んで食べるとか?)は特にないわけで…放射性物質の摂取ということでいうと…この喩えではあてはまらない。

また、稀で重大なリスクをどうとらえるかということ。たとえば冬山登山やパラグライダーとか、ある程度の危険を伴うスポーツを、やめておこうと考える人も、やはりやりたいと考える人もいるけど、そういう考え方はその人の人生観、価値観に大きく関わることだから、試しに考えてみるのも悪くないかもしれない。とはいっても、そのことを給食に置き換えて考えると、誰もが通う小学校(中学校)、選択の余地のない給食ということで、シチュエーションとしては当てはまらない。もし、「ちょっと高いけどセシウムなし」「安くてちょっとセシウムあり」…さあ、あなたはどちらを選ぶ? と考えさせ、選択させるというなら話はわからなくもないけれど。

ということで、ここまでに挙げた案はどうもぴったりこない。そこで、最後のセリフ「ビクビクしなさんな」を手がかりに別の案を考えると、こんなのはどうだろう:

放射性セシウムが入ってるって聞いて、最初はちょっと怖いとか、どうなるのかなと不安だったけれど、実際毎日食べていたら、別に何も起こらないし(注: 当たり前だ。一年かそこら食べて何かあるはずがない)すっかり慣れて、そのうちそんなこと考えなくなったよ。

そういう教育をしたいという意図なら、すべてピタリとハマる。つまり、「日常に潜む危険は、忘れて過ごすことができる。また、それが正常なのだ」という教育。

どうかな? 当たっているでしょうか?

仮に、当たっているとして…あるいは、当たっていないとしても、その、なにがしかの教育を、わが子に受けさせたいと思う親も思わない親もいるだろう。公立小・中は誰でも入る学校なんだから、あまり好みの分かれる個性的な教育をされても困るんじゃないかな。と、無理やり中学受験の話につなげてみる。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-09-14 13:11 | 中学受験 | Comments(26)

Commented by asanoha at 2012-09-14 17:05 x
実は・・・ここだけの話、川崎市在住です(^^;
が、この阿部市長の発言、初耳でした(^^;
そーいや冷凍みかんの件は以前聞いたような・・・
と思って学校からの連絡物やら献立表やら確認してみましたが、特になにも書かれていない
どうやら川崎市教育委員会のHP見ないと、いつ、どれくらい検出されたとかは分からないようです(^^;
日常的にある危険についての教育・・・という事でもアナウンスはもうちょっと分かりやすくして欲しかったなぁなんて思います。多分、生徒はもっと知らないことだらけなんじゃないかと・・・・
あ、ちなみに川崎市の公立中学校は給食がありません。全員お弁当持ちです(^^;

Commented by ケロ父 at 2012-09-14 21:44 x
もっとシンプルに、こういうことを言いたかったんじゃないですかね。

デマを断ち切る方法~たくろふのつぶやきより~
http://takutsubu.dreamlog.jp/archives/1636938.html
Commented by an-dan-te at 2012-09-15 08:25
asanohaさん、
あ、やっぱり(^^;; 特に子どもたちに「これを生かした教育的な指導(?)」とかされてませんか。なんか、「言ってるだけ」な気もしたんですよね。

中学校は給食がないんですね(o_o;;
たいていどこもあるものかと思ってた~
Commented by an-dan-te at 2012-09-15 08:32
ケロ父さん、
え? 関連がわからない…
Commented by ケロ父 at 2012-09-15 09:21 x
私達の体内には野菜などから摂取する放射性カリウムが常に蓄積されているのですが、だからといって野菜を食べるなという教育はしないと思います。健康と成長のためには野菜が必要ということはもちろんですが、発がんリスクだけに注目すれば野菜を食べないことによるリスクのほうが放射性カリウムによる内部被曝によるリスクよりも高いからです。セシウムはカリウムと非常によく似た物質ですが、安全基準以下の量というのはこ放射性カリウムの蓄積量と比較するとお話にならないくらい微量です。
市長のコメントは、ゼロリスクというものがあり得ない以上、出処のはっきりしない流言に怯えるのではく、科学的な考察でもってリスクをコントロール出来るように教育するべきではないか?ということだと思います。
尚、チェルノブイリの事故から20年以上経過しましたが、周辺住民の放射性セシウムによる健康被害は報告されていないそうです。

参考文献
放射線医が語る被ばくと発がんの真実 、中川恵一、ベスト新書
「反原発」の不都合な真実、藤沢数希、新潮新書
Commented by のの at 2012-09-15 10:52 x
あ、夕べ書き込もうと思って寝てしまった内容を、ケロ父さんがほぼ完璧に書かれていらっしゃる…。

現在の安全基準って、確か、放射性カリウム基準でガンリスクが確認され始めるオーダーの3桁下くらいじゃなかったでしたっけ?だからそのさらに何十分の一かが検出されるレベルの野菜を食べても、そしてそれらがすべて体内に蓄積されるわけでもないことを考えても、給食で出ても問題ないんじゃないかなぁ…と素人は思っています。

そして、現在は公的機関のほとんどがこういう論理的な話を持ち出せずにいるこの状況に対して(感情的な反論の方が今は大手を振っているから)一石を投じたいのではないかなぁ、と私なんかは受け止めましたが…。
Commented by 元川崎住民 at 2012-09-15 11:11 x
去年、日本のテレビ局が、チェルノブイリ周辺住民の健康状態を調べるドキュメンタリー番組を放送していましたよ。
結果、深刻な健康状態でした。
健康被害が報告されていないのは、調べていないから(あるいは、公表していないから)なのではないでしょうか。
Commented by an-dan-te at 2012-09-15 11:18
ケロ父さん、
詳細ありがとうございます。そういう意味ですね。
んー、検出された量が、「害があるらしいとわかっている量」から比べてものすごく(オーダー違い)少ないことはわかってるんです。でも、検査してない元素あり、他に食べる食品多々あり、給食でセシウム入りミカンを食べることとそれを避けて別の仕入れにすることで、全く安全性は変わらないと現在の科学でいいきることもできないです。私自身は実はあまり気にしてなくてスーパーで適当に買い物してますが(^^;; わかっているものだったら避けて、大人が食べればいいじゃないと思う人がいても、その人は非科学的であるとかデマを言っているとかじゃなくて、あぁ丁寧に暮らしたい人なんだなと私は思います。

あと、もしケロ父さんが説明してくださったようなことをいいたいのだとしたら…すごく、言い方が不適切ですけどね(-_-;;
Commented by an-dan-te at 2012-09-15 11:22
ののさん、
私も別にそのミカン食べてもいいんですが(この年だしもう子ども産まないし)、誰でもいく公立小の、誰でも(選択性でなく)食べる給食の食材としては、避けられるもんなら避けてほしいと思う保護者がいるのは理解できますし、それに対する説明や…一石を投じる方法としては、すごく不適切だと思います。
Commented by an-dan-te at 2012-09-15 11:25
元川崎住民さん、
チェルノブイリ周辺住民に深刻な影響があったのはもちろんなので(それを否定する人はいないと思います)、ののさんがおっしゃっているのは、それがセシウムじゃないという意味(というか、セシウムのせいと証明されたものがない)ではないでしょうか。
Commented by ケロ父 at 2012-09-15 12:58 x
真意は藪の中ですが、まぁ、公人たるもの言動には注意しなければいけませんよね。それが正しいかどうか以前の問題として。いや、むしろ正しいことを述べるつもりならなおさら言葉は選ぶべきかと^^;

私も、主に高レベル放射線の外部被曝による障害や、内部被ばくによる甲状腺がんの増加については否定しません(あたりまえですけど念のため)。あくまでも、川崎市が判断した基準(もしくは同程度の低レベル放射線)についての考察です。
この領域が現在の科学で安全だと言い切れないのは、外乱要因が大きく、統計や調査に必要な計測が事実上出来ない領域の話だからです。なので安全だと言い切れない=危険であるということではありません。(日本語的にはおかしいかな?^^;)
Commented by ケロ父 at 2012-09-15 12:59 x
チェルノブイリで最も悪影響があったのは放射性ヨウ素による甲状腺がんの増加や放射性セシウムによる骨ガンや白血病の増加、、、ではなく、強制移住などにより生活環境や経済活動が破壊されたことによるストレスである。というのが当局並びに調査機関が出した結論だったと思います。事実、ベラルーシやウクライナでは自殺者が多いですものね。特に事故後激増したようです。フクシマはそうならないように心から祈ってますし、出来るだけのことをしていきたいと思ってます。
ヒロシマやナガサキでそうはならなかった(むしろ長寿の県になった)のは、「当時はそういった知識が一般に乏しく、結果的に人が移住しなかったから」という見解もあるそうです。
Commented by ケロ父 at 2012-09-15 13:00 x
>元川崎住民さま
きっかけとしてテレビから情報を得ることは良いことなのですが、マスコミって製作者側の思惑で偏向しているという前提で、できるだけ一次情報に触れるようにしたほうが良いと思います。

ポストハーベストや食の安全性や放射線や電磁波なんかの話題に関してはいっぱい言いたいことがあるのですが(^_^;)これ以上続けるとブログの趣旨から外れてしまうと思うので、それぞれ専門のコミュニティに委ねたいと思います。

ちなみに、放射線障害は遺伝しませんから、子供産んでも大丈夫だそうですよ^^
なので、フクシマの子供たちが今も将来も差別されなければならない理由はありません。
これを見ている親御さんは相当数いらっしゃると思うので、そういった連鎖は断ち切って下さい。

文字数制限でコマギレになってしまった失礼をお許しください。
Commented by nonchan at 2012-09-15 18:23 x
本題と全く関係ないのですが・・・横浜市も中学校給食がないと夫が言ってました。
そんなわけで、文科省の統計を見てみたら、完全給食を実施してる学校の割合は、東京都が97.3%、神奈川県が16.4%ということで、神奈川県では中学校に給食がないのがデフォみたい。
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001039009&cycode=0
ちなみに、兵庫県の私が住んでる市も中学校給食ありません。(兵庫県は53.4%)
Commented by an-dan-te at 2012-09-15 22:56
ケロ父さん、またまた詳細にありがとうございます。
> むしろ正しいことを述べるつもりならなおさら言葉は選ぶべきかと^^;
そりゃそうですねぇ~
> (日本語的にはおかしいかな?^^;)
いやおっしゃることわかります。

チェルノブイリでは(いや福島でも)移住のストレスってそれはもうばかでかいものであると想像します。でもそれに比べりゃ小さいという大本営的発表はなんというか、「だから??」

もちろん、癌などは事故がなくても起こるものなので、事故処理のとき高線量を浴びた作業者の死亡や、ゼロ歳児で内部被爆をした子の甲状腺癌などのような、ある程度はっきりしたものでなければ、調査(推計)によってすごく違う数字が出てしまいますね。

私は原子力関係にはぜんぜん詳しくないですが、統計/調査でウソをつく方法とかはわりと詳しいので(笑)
> できるだけ一次情報に触れるようにしたほうが良いと思います。
はほんとにそう思います。けどここからケロ父さんとながながしゃべっているとブログが違っちゃうのでこのへんで。
Commented by an-dan-te at 2012-09-15 22:59
nonchanさん、
お~、東京都と神奈川でそんなに違うもんなのですね。公立中のいいところって給食があるところだよね、とか思っていた私(^^;;
Commented by とおりすがり at 2012-09-16 01:04 x
上でケロ父さんが

>きっかけとしてテレビから情報を得ることは良いことなのですが、マスコミって製作者側の思惑で偏向しているという前提で、できるだけ一次情報に触れるようにしたほうが良いと思います。

と書かれていますが、

川崎市長の記者会見の一次情報です(^^)
http://www.city.kawasaki.jp/25/25koho/home/kisya/pdf/120904-1.pdf

東京新聞の記事とはだいぶニュアンスが違いますね。
Commented by an-dan-te at 2012-09-16 14:29
とおりすがりさん、
フォローありがとうございます。
おぉこれは…たいへん興味深いですね。
確かに「危険度というのは世間一般の常識は、車が道路走っていたら車にぶつかる可能性があるわけですよね。そういう危険度の中で、人間は生活しているのです。だから、そのことを子供たちが知ることが大事なのです。」などの発言はしているけれど、そこまでの流れを読めば、子どもたちに説明や教育をしようとしたのではなくて、むしろ特段のこととして知らせるつもりがなかったことがわかりますね。

なるほど、こういう流れだったのか。これはこれで…かなーり、言いたいことがありますが(-_-;; それとは別に、東京新聞のまとめ方にはなんらかの意図が入っているようです。
(ぜひみなさんも読み比べてみて。)
Commented by Yoko at 2012-09-16 15:52 x
おお、一次情報ありがとうございます。

「車にぶつかる危険があるから、こんな風に気を付けたほうがいいよ!というのが教育なんじゃないの~?」と中学生の娘。
「びくびくしていなければ車にも勝てるよ、みんなで渡れば怖くないって言うでしょ?」ってことじゃないですよね…

Commented by メゾフォルテ at 2012-09-17 12:18 x
中受ブログでこの論を続けることは適切じゃないかもしれませんが、一言。

・セシウムとカリウムについて:埼玉大学教授の講義が分かりやすいです。似て非なるものです。
http://www.youtube.com/watch?v=gjbwiKNlULc&feature=related

「放射線障害は遺伝しません」:放射性物質の体内への侵入により、遺伝子をつかさどる染色体が傷つけられます。国会事故調査委員の崎山比早子博士が詳しく述べられています。福島の堕胎率は上昇し、在京の年若友人が妊娠6ヶ月にもなり心臓の問題により泣いて堕胎しました。彼女は今世帯を分け「東電を生涯憎む」と言い残し関西で暮らしています。

(中受ブログで恐縮です。但し優秀なお子さん方の命を預かる保護者の方々にこそ、真実に近い情報を知って頂きたいと考えました。)
Commented by メゾフォルテ at 2012-09-17 12:28 x
(続き)
・中川恵一:
当初"team中川"として「大丈夫教」を唱え、結果として福島の子どもたちの被爆を拡大させた御用学者ですね(今や誰も見向きもしませんが)。
何故なら今年に入り、東電関係者や政府・御用学者への刑事告発が受理され始めた辺りから、当のご本人が「低線量被爆はある」と突然認め始めています。世界的な原子力推進団体であるIAEAでさえ従来から低線量被爆を認めているのですから、当然です。
Commented by メゾフォルテ at 2012-09-17 14:37 x
連投恐縮です。
遺伝に大きな影響がある事は、崎山博士の短め(15分)講演「放射線とDNA」(衆議院科学技術特別委員会)をご覧頂ければと思います。
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=mLWqfDQYdIg&NR=1

こうした状況から、またF1原発事故が今なお収束していない事も加わり、東日本の受験生は関西以西の学校への進学を望んでいる方も多いと聞いています。

今年の関西以西の進学校への受験は、首都圏~東北の優秀な生徒が例年よりも大挙して行く可能性も高いと思われますので、大変そうですね。
Commented by an-dan-te at 2012-09-17 21:41
Yokoさん、
この記事きっかけに、いろいろと親子で話し合うことができればいろんな発見があって、いや確かに教育的だったと…居住地問わず。
Commented by an-dan-te at 2012-09-17 21:58
メゾフォルテさん、
フォローありがとうございます。

原子力関係、放射能関係については、とにかく専門家と名のつく人の中だけでも、極端から極端まで結論が違うので、やはりなるべくなら極端と極端と真ん中(あんまり真ん中はいないかな??)と、くらい読み比べて自分のセンス(あるいは、まともな研究とはどういうものかという常識)に照らしてみるようなことをしないとなかなか見えてこないかと思います。すべての重要な話題をそうやって追いかけていくほどの時間はありませんが…というわけで、まじめに追っている方のブログなどを見るのも助けになります。

私のブログは、ケロ父さんからもメゾフォルテさんからもたいへん詳細かつ真摯なコメントをいただくという、たいへん貴重なものになったと思います。これをお読みになった方は、両方のリファレンスを見て、さらにポイントを追いかけていけば、かなり確かな自分なりの意見を持つことができるのではないでしょうか。

私も今回、記事を書いたり、いただいたコメント関連の参照先を見たりしながら、私なりの感触を持ちました。
Commented by マコト at 2012-09-18 02:20 x
その市長、業者から金か組織票でも貰っているんでしょうか?
そうでなきゃ、市長として得になるとは思えない、こんな発言をする意図がわかりません。
業者の便宜を図ったのか?
Commented by an-dan-te at 2012-09-18 07:32
マコトさん、
損得というか票勘定を考えれば、同じように食材は使い続けるにしても、無難な説明をすればすむような気がするんです。一般保護者の票を失わないためにも、あるいは業者さんも…それで困らないでしょ? とにかく、損得をいうなら、交通事故を持ち出す意味はまったくないはずなんです。だから損得というよりは信念に基づく説明だったのかなという気もしました。もちろん真相はわかりませんが。

<< 勉強する時間がない… ポカミス対策よりまず高速モード >>