八月三十一日はやはり夏休みの宿題のために   

八月三十一日といえば家族総出でしゅらば、と漫画(たとえばちびまる子ちゃん)などの世界でも相場は決まっているが、いやめずらしくもこんなに計画された(?)夏休みを過ごすというのだからもうちょっとこう前もって。。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←ドリルとかは簡単にすむからいいんだけどね。

とは思うものの。休みのとっぱなからすでに夏期講習は始まっており、講習のある日は当然のことながら、毎日ノート、メモチェなど日課をこなすだけでせいいっぱい。そしてたまの日曜日(講習なし)は当然たっぷり寝坊と遊び、せっかくのお盆はまとめて遊びたいしとくればこれはもうどうしても。

どうやっても「計画的に」学校の宿題の大物(自由研究など)は夏期講習の済んだ29日以降一気に。ということになるわけで。これはあらかじめ修羅場がプログラミングされているとしかいえない日程だな。

まぁ今年の救い(?)は9/1と9/2が週末であるということで。ここがもろもろのごたごたのための予備日、と考えて極力ここはあてにしないで組みたいものである。そうすると、8/29~8/31の三日間の過ごし方が重要。

夏休みの始まる前からそのようにちゃきちゃき考察を進めた私は、すごく前もって8/29には休みを入れた。

そのココロは。とかく、これまでの夏休みから考えると、「肝」になる部分は、大物宿題の構想部分である。何を書くのか、どうまとめるのか、おおまかな方針が見えてくるまでが産みの苦しみというか、子どもだけでほっとくと最初の一歩も進まないし、かといって口を出しすぎればうるさがられたうえに逆ギレ(^^;; まぁ、私も子ども三人目なんで、幾多の修羅場を潜り抜けてきたわけです。

8/29に先手を打って落ち着いて控えめなアシストを行い、方針をあらかた固めてしまえばあとは作業なのでひとりでも進むであろう(進むといいな)ということで、8/29は気合の(親の気合の)全休を入れたのだ。なんて計画的なワタシ。

そんなこんなで、学校の宿題のためにはこれまで隙間的な時間しか使っていないが(それでもちょくちょく時間はとってた)、心配していた大物:

・明るい選挙のポスター
・人権作文
・自由研究

のいずれも、予想された山場(構想部分)は乗り越えてある。

めちゃくちゃ成長を感じます~(^^)

確か去年? いやおととしだったか、ポスターですごいもめてぐちゃぐちゃになったことあったけど、今年はちゃきちゃきと過年度の入賞作品(応募説明にのってたやつと、ネットでぐぐったやつ)などを参考に構図を決め、キャッチコピーを決め、下書きまでだいたい済んでいる。

人権作文は、題材について何度か母と風呂場ディスカッションを経て、すでに完成(!)

自由研究は、前からやりたかった題材(工作もの)があって、それだけじゃ六年生の自由研究にならないので心配していたけれど、初志貫徹でそれを作って、かつ、そのテーマを調べ学習にすることで決定。資料集めとレポートのラフスケッチまでできている。

ということで、母の予想を軽く裏切るすばらしい状況です。

ただし、懸念事項は…
本人がアイディアを出せず、親主導でしぶしぶまとめた場合は、かかる時間も多すぎず仕上がるように持って行きますが、今回は本人主導だったもんで、ここからの実作業(ポスター色塗り、自由研究レポ執筆)がえらいかかりそうなんです。そりゃ、「うーなにすりゃいいんだ」って固まってるよりはストレス少ないからいいんだけどね。

さくっと仕上げて、夏の終わりは受験勉強にも回してほしいなぁ~と、とりあえずはかない希望を述べておきます。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-08-18 17:49 | 中学受験 | Comments(8)

Commented by のり at 2012-08-18 21:28 x
おー、素晴らしい!

我が家の夏休みはなんと26日までなんです。
最後のテストが27日ですから、学校が終わってから午後に集合です。
年々夏休みが短くなってる…。
つまりは、宿題も講習と平行しないといけないわけで、きつかったです。
ただ救いは、受験率の高い地域なので6年生の宿題が少ないことですね。
自由研究は「やるやらないも自由」なので、今年はパスしました。
Commented by 21vertex at 2012-08-18 21:42 x
↑ ああ、そう言えば。私も小中学校の頃、自由研究の宿題をやっていった覚えがない。やるもやらないも自由なのが本当の自由研究だと私も思う。

正確に言えば、1度だけ自由研究をやってみようと思ったことがあったのだけど、実験がうまくいかなかったのですぐやめました。
Commented by ocarina at 2012-08-19 00:16 x
小学校の時も6年間通じて自由研究(自由制作も可)は、自由制作(絵か工作)としていましf^_^;)
同様の状況は、中学入学以降も続いていますが(;´Д`A
中学の間は、内申もそれほど気にしなくて良さそうなので、まぁ、本人のやりたいようにさせておこうかと思います。
Commented by an-dan-te at 2012-08-19 08:41
のりさん、
> 最後のテストが27日ですから、学校が終わってから午後に集合です。
ひゃー、ぎりぎりまであるんですね。

夏休みが短くなるのは脱ゆとりですか? きついよね。

> 自由研究は「やるやらないも自由」なので、今年はパスしました。
おぉ、「自由」研究だ!!
Commented by an-dan-te at 2012-08-19 08:43
21vertexさん、
うちの子たちが通う小学校では、「何をやるかは自由」であって、「やるやらないの自由」はなかったな(^^;;

まぁ、後から振り返るとそれぞれいい思い出だったりはするんですけど、日能研夏期講習との両立は難しいです。
Commented by an-dan-te at 2012-08-19 08:50
ocarinaさん、
製作ものも、すごいものからしょぼいものまで、
研究ものも、すごいものからしょぼいものまで、
いろいろありますけど、研究もののほうが、親がアドバイスしてまともなものにすること「も」なんとかやれます。製作はどうしようもなくしょぼいものができるので…うちの場合…(^^;;

中学でも自由研究あるんですか!?(o_o)
Commented by ケロ父 at 2012-08-20 16:49 x
>・明るい選挙のポスター
思わず吹いてしまいました。
うちも同じテーマでポスター制作。
草案は私が担当だったのでキャッチコピーも含めて沢山考えたんですが、ケロの審査で全部ボツ。T_T
結局、自分で下書きを書いてました。曰く、「お父さんのはブラック過ぎる」とか。ケロ母にはウケてましたし、社会風刺のつもりだったんだけどなぁ。

工作は「中に鉄球(じつはネオジム磁石)を落とすと途中で落下速度が変わる魔法のパイプ」が案として採用され、材料を集めたのですが、仮組みの段階で大掛かりになりすぎて学校に持っていけないとの理由でこれまたボツに。
市販の工作キットを若干改造することに。うーん、ツマラン。(´・ω・`)

ケロ兄は昨年「石」をテーマに環境調査。取材の名目で一緒に近場の遺跡めぐりをしました。これはなかなか楽しかった。
中2の今年は社会科で「統計」、理科で「生態」をテーマにそれぞれ研究レポートを作ってましたね。理科の取材の名目で近場の水族館へ 友達と 行ってました。うーん、これも寂しいのう。
Commented by an-dan-te at 2012-08-20 20:48
ケロ父さん、
選挙、お約束なんですかね~別に選挙でなくてもと思うけど。
> キャッチコピーも含めて沢山考えたんですが、ケロの審査で全部ボツ。T_T
あれ~。。

ま、でもそういう「たたき台」があることで、がぜん自分で考える気になったりするものですから、無駄ではありませんね。

> 仮組みの段階で大掛かりになりすぎて学校に持って
> いけないとの理由でこれまたボツに。
あらま。残念でしたね。

しかし、凝りますよね~ケロ父さん。気持ちわかりますけど。ちょっと。

> 近場の水族館へ 友達と 行ってました。
成長したんですねぇ。なによりです(^^)

<< 中学受験親子旅行 このころこじろうは >>