ユリウスの助けを借りて天王山へ。   

こじろうのときの六年夏休みといったら、なんか「天王山」って感じは薄くて…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←公開テストも終わるといよいよ夏前準備って感じ?

しょっぱなは、学校の宿泊行事で講習欠席四日間。講習に行くと、それはもう夜までかかるので、親は勉強進行内容をチェックする暇もなく、本人の勉強時間は午前中にたっぷり(?)あるはずだが、それはもうただ理論上はあるというものにすぎず。。

噂には、弁当を昼夜二個持ちにして朝から自習室につっこめばよいという話も聞いたのだが、その方法については本人が断固拒否。

それでどうしたかというと、親がかろうじて漢字・語句・計算の面倒は見ていたものの、あの超分厚い夏期講習テキストの消化は本人に任されたまま…といえば体裁良いが、つまりは実質的に授業受けっぱなしに近い状態だった。

そして夏休み後半は本人の(どういうわけだか)気分ダウン、ついでに体調もダウンして、ぐだぐだとはっきりしないまま続く講習欠席。

そんな具合で、「天王山」ってなにそれうまいの状態で夏は終わり、成績はもちろん上がりはしないものの特に大きく下がりもせず、比較的安定したままゴールを迎えたわけだ。

ということで結論。漢字・語句・計算を死守していればあとはそうひどいことにはならない!?

…いやいや。今回、人材が違いますからねぇ。

やっぱり漢字・語句・計算以外の部分も、着実に穴埋めしていきたいと思います。基礎に集中できるのは夏休みまでといいますし…

だから、難関校に行く子に付き合って、難問解いてる(ってか、解けないけど)場合じゃないのよ。私は、そこまでの度胸がないから、やっぱり本科講習は行かせるけれども、疲れが溜まったときとか、難しすぎる算数のときとか(^^;; は、本人の意向を聞きつつ適当に休ませちゃうつもり。

まず、特別講座みたいなのは、算数理科全部断って、社会だけにしました(社会はいちばん自信がないから)。

午前中は、ユリウス2コマとって、弁当とちょい自習ののち、本科講習へというのを基本にする。
私が家にいる、土曜日と在宅勤務日(週1予定)は、ユリウス省略。
日曜日は、過ぎた週の進行状況チェック+これからの週のやること確認だけしっかりやったら、学校の宿題とか遊びとか。

そんな感じで組んでいちおうユリウスに出してみました。家で、またろう兄のまったり電波を浴びているよりは、とにかく家を出ちゃうのが吉だと思います。朝のうちに移動したほうがまだしも涼しいし。

このユリウス+自習の中で

・語句・漢字・計算と一行題などは、夏期講習テキストにあるものを完璧に+これまでの中から適宜復習
・算数強化ツールは、基礎+共通がどこでも素早く正確に解けるようにする
・社会メモチェは、ひととおりやり終えて、あやふやなところはテキストに戻って確認した状態にする

それで、えっと…夏期講習の内容は…適当に流しつつ、ピンポイントでいくつか補強する、かな。

これで、天王山に登ったことになるのかなぁ…よくわかんないや…
でも、昼夜弁当作って持たせてると、少なくとも親はすんごいがんばった気になるかも(^^;;

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-07-02 13:28 | 中学受験 | Comments(2)

Commented by なりんこ at 2012-07-02 22:29 x
なんだか、天王山って聞いただけでドキドキしますね~。
自分とこはまだまだ先なのに想像してちょっと焦ります(なんで?)
やはり確かな穴埋めの箇所を見極めるって、大事なんだと思いました。
塾のカリキュラムにのっかってないで、自分用にカスタマイズ!勉強になりますわ♪

Commented by an-dan-te at 2012-07-03 13:27
なりんこさん、
まー、「天王山」とか言っても、「言ってるだけ」ってところありますよ。まだまだこの時期子どもは本気じゃないし、どだい、暑すぎますからね。

塾のカリキュラムに乗って、うまくいく部分は、乗ったほうが効率がいいです。でも合わない部分があるのも当然で、それはカスタマイズ(できれば)したほうがいいですよね。

<< 席順とバーチャルマスタークラス 初めての外部会場模試で、緊張で... >>