凸凹くんの育て方   

少し前の記事で「時間のゆとり、どこからひねり出す?」というのがあったんですが、そこのコメント欄が長々続いて、「掲示板のスレッド」状態になってます(^^;;

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←凸凹な人との結婚は、楽しいけどスリリング

今の話題は「能力の凸凹」です。人間誰しも、レーダーチャート描いて完璧な円、なんてことはなくて、ある程度凸凹しているものですけど、それでも非常に大雑把にいえば、国語ができる子は算数もできて、ピアノがむちゃくちゃうまい人は頭もいいみたいに、統計的には、能力の間にかなりの相関があるのがふつうです。

我が家はかなりの凸凹ファミリーでして、特に男三人は極端。自分のことを棚に上げていうけど、あそこまで理数はできて英語はひどくて、物はなくしやすくて字は下手で。またろうはまさに、よしぞうの子なんだけど、お父さんほどの「気合」や「勘」は持ち合わせていなくて、いろいろ困った事態に陥りやすいです。

AVARONさんのコメントで:
> またろう君の凸凹さに対する対応、母としてすごいと思いますよ。
> 凸の部分に凹を無理矢理寄せようとしない、という感じが。
というのがありましたが、これは大いなる(美しい)誤解というものです。

私は、価値観狭いし(狭かったし)、心も狭いので、またろうの凸凹をなんとかしようと思い、それはそれはやっきになって「凹」を埋めにかかったものです。

保育園時代であれば、保育士さんと個人面談や連絡帳のやりとりを重ね、あの手この手で…つまり、ほめたり、叱ったり、にんじんをぶら下げたり、高圧的に強制したり、そりゃあもうありとあらゆる手を使って、「きちんと」みんなといっしょに行動させようとしました。

つまり、凹凸の凸の部分(発想がおもしろいこと、下の子にやさしいことなど)はそのまま素直に喜んでいましたが、凹の部分を底上げすることにはやっきになっていたということです。

就学すれば、凸凹はよけい現実的な困りごとを生むことになり、宿題がわからない、提出物が出せない、ものがなくなる(この場合、いじめとかではなくて本人がどんどんなくしている)。そしてそれをどうにかするためにまた莫大な労力を割いたものです。もちろん、割いた中には、本人の能力の凸凹をなんとかしようということだけではなく、とりあえず「現在」、周囲にかけるご迷惑を少なくするために、集金を親が持っていくとかそういうことも含まれたわけですけど。

そういう長年の闘争を経て、戦い済んで(済んでないけど)日は暮れて道遠く、疲れ果てた私は引退宣言をして高専生活は基本的に本人任せ。今では、頼めばなんでもしてくれるし、雑談してもおもしろいし、あと、高専をこれ以上留年しないで卒業してくれればなんにも文句はないんだけど!! の心境に達してはいますが、これは、私がすばらしい母なのではなくて、またろうの粘り勝ちですね。どうやってもまたろうはまたろうであるという。

だいたいにおいて、凸凹が激しい子を持った母はいつも叫んでいます。喜んでる人はあんまりいないと思いますが…

シャムロックさんから、
> えっそうかなあ。私は凸のあるほうが、豊かな人生を送れると思ってる派です。
というご意見があり、確かにそれはある意味そうで、よしぞうが今持ってる能力の、全分野平均値にそろった人物だったとしたら、私はそんなつまらないヤツとは結婚していない(笑)

…これは間違いのないところで。仕事をするうえでも、もちろん結婚する場合とは違うでしょうけど、それぞれの人の得意なところが必要なわけで、凸凹があるのは必ずしもマイナスでないですね。組織で仕事をするというのは、そういうのを全体としてうまく組み合わせていくということでもありますし。

逆に、オールラウンダーであればその良さを生かせばいいわけで、別に不利とも思いませんけどね…

たとえば、私の場合だったら、ある程度理系センスを持った、元々はコトバ系が得意な人ということで今の仕事(IT翻訳管理)があります。

凸凹がある人はその凸を、ない人はその「ない」ことを、生かせばいいことです。仕事ならば。

それとは別に、誰でも「生活」をしなくちゃいけないですから…
凸凹がありすぎる人ってのは生活上なかなかつらいんです。いろいろ工夫はしますけど(タイプの違う人と結婚するとか、自分の特性にあったミス防止策をとるとか)、そりゃもともと凹の底上げがある程度できるものならそれに越したことはない。

だから、過剰なくらいやっきになって底上げにかかるのもまぁ親心です。必ずしも悪いことではないと思いますけど…でも、あまりそれに成果が上がったためしがないってのがつらいところですね。だから、ひととおり手を打ってみて、うまくいかない時期・やり方であることがわかれば撤退して別のチャンスを待つ、くらいのところが妥当でしょう。なかなか、忍耐が続きませんが。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-06-25 13:30 | 中学受験 | Comments(12)

Commented by トマト at 2012-06-25 18:08 x
最後の1パラグラフがなんとも味わい深い。確かに、現在そのような境地に達しております。チャンス待ちの案件をズラズラ抱えて。

親から見て凹でしんどいのは、興味関心のないことへの注意力のコントロールとか、生活自立もさることながら、人間関係ね。基本、人懐っこい性格だから、すごく年が離れた人(or懐の深い人)や年下には割とウケが良いんだけど、同級生やその近辺になると、直感的に何か感じさせてしまうらしく…。長く付き合えば、実は悪いヤツじゃないとか、要領悪いしヌケも多いけど実は不真面目ではないとか、理解してもらえるようなのですが、そこに辿りつくまでがなかなか辛い(4年目にしてどうにかようやく)。

単に凸凹の有無というより、何事にも真面目にコツコツ取組めて、人間関係がうまく構築できるなら、成績なんてどうであれ、いい人生が送れるんじゃないか…と思うのは、隣りの芝生…ってやつですか?

まあ、神様はよく考えていらっしゃるらしく、傍で見ているほどには本人が辛さを感じないよう、きわめて楽天的な性格に仕上げてあるようで…。いい子なんだよ、親バカな親から見れば。
Commented by an-dan-te at 2012-06-25 22:56
トマトさん、
もう、チャンス待ちの案件で溢れますな(-_-;;
人間関係は、上も下もいいけど同年代がネックですねやはり。またろうの場合は、そんなわけで(?)留年したら良好になったらしいですけど。

いやまったくお奨めはしません!!

> 傍で見ているほどには本人が辛さを感じないよう、きわめて楽天的な性格に仕上げてあるようで
それはいえてるね。いい子ですよ…
Commented by セロリ at 2012-06-26 12:16 x
凹凸男子のハハです。

セロリマンの凹凸のパーツに
わりとはまってくれるクラスメイトがいたことに、
本当に感謝しています。
我が家の受験はそれを実感してやっと終わった感じです。

ただね、英語が凹組の仲間に入りそうなので、
そこを阻止すべく叫ぶ毎日は続くんだわ、きっと。。。


Commented by milktea at 2012-06-26 17:21 x
>なかなか、忍耐が続きませんが。

まったくです。
「育て方」はない、勝手に凸凹と育っていくのだ...と思うしかない感じ。

ただ、私や妹もわりと凸凹あったと思うのですが、今より「面談」だとか「呼び出し」だとかで親をへこませる機会が少なかったんじゃないかと思うのですよね。
そこでついつい、なんとかしたいと思ってしまう。本人というより親や周囲の困り感が効いてくる気がします。
Commented by an-dan-te at 2012-06-27 07:28
セロリさん、
ひとりひとり凸凹があって組み合わせるから「よさ」が出るのよね(^^)
> 英語が凹組の仲間に入りそうなので、
英語は、受験のとき「勉強の仕方」を体験してないから、放置すると危ないですよね。最初は腹くくって介入するくらいでいいと思うわ。
Commented by an-dan-te at 2012-06-27 07:30
milkteaさん、
> 「育て方」はない、勝手に凸凹と育っていくのだ...と思うしかない感じ。
そりゃそうだ。
じゃー誰か、またろうじゃないものをまたろうに育ててみろよ!! とか、またろうをバランス型優等生に育ててみろよ!! とか(笑)

昔は今ほど、子どもの出来を親が細かく把握してなかったような気もします…
把握しちゃったらそりゃ、気になりますよね~
そして困ってるのは本人以外(^^;;
Commented by AVARON at 2012-06-27 18:06 x
「時間のゆとり、どこからひねり出す」というお題から離れて、スレッド化させてしまいすみません(><)
元凸凹人間(いや、今もかなり・・・)としては、どうしても時間の使い方が下手なので無関係な話題ではないのですが(苦笑)

「何事にも真面目にコツコツ取組めて、人間関係がうまく構築できるなら、成績なんてどうであれ、いい人生が送れるんじゃないか…」とトマトさんが書いておられますが、ウチの娘は結構このタイプかも。
こういう子に中受って本当はどうなんだろう?と考えてしまいます。
ハイスペックなお子さん達に混じってNで勉強することで、いらぬ劣等感を持ったり、「頑張っても成果に結びつく実感が乏しい」という体験をさせてるんじゃないか?と思ってしまいます。
それでも飲み込み遅い子なりに少しずつ進歩していることを認めて、励ますのが親の仕事なのかな~
ザッケローニの言葉は娘に対してというより、自分に言い聞かせてるのかも。
Commented by an-dan-te at 2012-06-27 23:15
AVARONさん、
> スレッド化させてしまいすみません(><)
いやいや、ご活用いただけてなによりです(^^)

私もこの中学受験が終わったら、ブログ(自分がネタを書く)よりも、憩いと情報の掲示板を運営するほうがよくない?? と思ったりなんかして。やりかたがわかんないけど。エデュは荒れやすいし。

> こういう子に中受って本当はどうなんだろう?と考えてしまいます。
どうなのかなあ? やり方にもよるだろうけど、「適度に」苦手を補いつつ、無理でない範囲でがんばって中学生になるっていうのも悪くはないですよ。本人の適性と近隣にある学校の状況にもよるでしょうけど。

> それでも飲み込み遅い子なりに少しずつ進歩していることを認めて、励ますのが親の仕事なのかな~
そうですね(^^) 私、長年の経験で期待値が磨り減ってる(爆)のでほめるのはうまくなってきました。昔はもっと下手だったですよ。
Commented by シャムロック at 2012-06-29 00:51 x
あわわ、スレッド化、失礼しました。最新記事じゃない所なら、読む人も少なかろうと、暴走気味でしたね(汗)。
今回のAVARONさんのコメにも、激しくうなづきかえしたいところですが。娘らの話題がまたまたループし続けそうだし、凹凸君のお題からは離れるのでここはぐっとこらえ(笑)。
凹凸君な下の子について書きます。
天然でスローモー、運動も友達作りも不得意、忘れ物や失せ物も多く。休み時間は一人で本を読んでることが多いと知れば、そのうちいじめの対象になりはしないかと、そりゃ、親なら心配になりますよ。凹凸君というより、凹凹君!?
が、本人は不思議といつも楽しそう。親のガミガミも、ニコニコ顏でハ~イ、と返されると、イラつくというより、脱力させられたり、思わず吹き出し、癒されたり。怒ってる自分が滑稽に感じられるんです。
この子はもしや、いつも早く早く、と、せっかちで、何事も効率を優先しがちな私の生活を戒める為に、我が家に送り込まれてきたのでは?と思ってます。
そんな悠長なこと言ってられるのも、まだ低学年だから?

ところで。アンダンテさんがたまに、よしぞう氏についてサラッとのろけてくださところが、とてもいいな、と思ってます。


Commented by an-dan-te at 2012-06-29 21:05
シャムロックさん、
いえいえ、スレッド化はいいんですけど、あんまり埋もれちゃったから、また新しいところにぶらさげてもらおうと思って(^^)

子どもを産む、というより授かる、というか、人生を予想もしなかったほうにぐぐいとひっぱるパワーはまさに天啓!? またろうが私の人生の幸せにものすごい貢献をしたことは間違いないのですが、私が今心配しているのは、またろう自身がどうやったら自分の幸せを乗せられる土台となるような人生設計ができるのかってことね。年齢が年齢だから、悠長にもすまなくなってくるというか。

基本(いつも楽しそう)はいいと思うんだけどね…
Commented by AVARON at 2012-07-01 15:32 x
> やり方にもよるだろうけど、「適度に」苦手を補いつつ、無理でない範囲でがんばって中学生になるっていうのも悪くはないですよ。
まさにその通りなのでしょうし、私自身何年かかけてその心境に達しつつあるのですが、若干悩ましい部分もありまして・・・
あまり書き連ねてもなんですが、他の記事(中受勉強は一年で充分!?)関連で書かせて頂くかもしれません。

シャムロックさん、密かに!?うなづいて頂きありがとうございます(^^)v弟君、癒し系なのですね~
私は癒し系ではなかったけれど、ある年齢になるまでは(中学生位までかな)リアルの友人と話してるより本読んでる方が楽しかったです(汗)転校・転居が多かったので、便宜上人付き合いのテクニックはあって友人は多かったけど・・・
話が合う、楽しいと感じられるようになったきっかけも、最初は趣味的な部分からだったので、弟君も同好の士がきっと見つかりますよ。
Commented by シャムロック at 2012-07-01 23:59 x
「どうやったら自分の幸せを乗せられる土台となるような人生設計ができるのか」
うーん。非常に重みのある、子供の将来を遠くまで見据えてのお言葉。両手で、しっかりと受け止めさせていただきます。もう、中受とかそういうんを超えた命題ですね…。
でも、お母さんの人生の幸せに、そこまで貢献していると明言してもらえるご長男は本当に幸せだと思います!
私はこれから、ウチの凹凹君のなかなか見えにくい凸部分を、どうにか見い出して伸ばしてやらねば。またろう君にとっての数学や料理のような…。
まあ、本が好きなのが救いなので、今はとにかく(上の子の受験が終わるまで?笑)静かに色んな種をまいておいてくれれば、と…。

AVARONさん、いつもフォローありがとうございます。
何事も多角的に分析なさってて、私には、とても元凸凹タイプだったように思えないのですがね。( ´ ▽ ` )ノ
ともあれ。お互い、良い受験だったと言える日をなんとか迎えて(なんとしても、って書くべき?)、ぜひ乾杯しましょう!

<< 苦手こそ やることしぼって 二回転 回転寿司じゃないのよ電流は >>