ノートコピー   

大学生ならば、休んだ日のノートを友人から入手するかどうかもその人の実力、みたいな?? …トコがありますが、日能研ではノートコピーが制度化されています。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←ビデオは見るにも時間がかかるからね

各授業で、先生は出席者のうち一人を指名して、その子は休み時間にノートを事務室に持っていってコピー用に提供する。取られたコピーは、遅刻者・欠席者に提供される、という段取りです。

確か、塾によっては休んだ日の分の授業をビデオで見られるという話を聞いたことがありますが、それよりノートコピーなら簡便だし、授業でどこをやってどこが宿題になったかとかはさっとわかるので、まぁ妥当なフォローではないかと思います。

実際、塾を休んでもそのノートコピーを「授業を受けるがごとくしっかり見て」勉強したことは一度もないのですが(^^;; さっとめくって様子をみたら、そのときの状況に合わせて穴埋め方法を決めるというように使っています。

はなひめが黒板を写すのが遅かったんで(今も早くはないけど)、出席してるときにもノートコピーをもらって帰ったりしたこともあります。うちは欠席+遅刻+ノート取りきれないときで、ずいぶんな回数お世話になってるかも…

その制度はこじろうのときから同じです。ただ、誰をノートコピー係にするかの流れについてはクラスの文化の違い(?)があるようです。こじろうがいうには、M1(Mの中の下位クラス)のときはノートコピー係に人気があって争奪戦で、じゃんけんで勝ち取ったりしてたそうですが、M2(上位クラス)になるととんと人気がなく、先生が指名して決めていたとか。

ちなみに、ノートコピー係になると、日能研シール(つまりポイント)が三枚もらえるというのがごほうびになってます。M2のほうでは、そんなシール三枚より、休み時間にゆっくりできるほうがいいというような、オトナな感じが主流だった??

それで、今のはなひめのクラス(Mがひとつになった幅広いクラス)では、ノートコピー係というと、シールがもらえるからお得というか、ノートコピー係が名誉だからというか、ともかく人気があるようです。ノートコピーの係の決め方は、先生によって違っていて、
・希望者がじゃんけん勝負。
・ノートがきれいな人を先生が指名。
・一列目の端(四位?)に座っている人と決まっている。
など。

でもね…せっかくそういう制度があるんだったら、ぜんぶ
・ノートがきれいな人を先生が指名。
にしたらいいんじゃないかと思うけど、どうだろう。

その場合、指名されることが「名誉」だから、ノートコピーをゲットしようとして気合を入れてきれいなノートを取るし(…そんなことでは気合の入らない子もいるだろうけど)、それに、欠席したりしてもらったノートコピーがなにしろ美しい072.gifという利点が。

単なるじゃんけん勝負で決まるノートコピーのときは、「なんじゃこれ?」なノートの場合もあり(笑)ちょっとそれはね…ノートコピーとしては…

きれいなノートの人が指名される算数なら、はなひめは、ノートコピーに指名されるようにがんばってもいるし、それに、お気に入りの「きれい」なノートを取る子のノートコピーをもらったときには、しばらくNバッグに入れっぱなしにしていたこともあった。「きれい」なノートを取れるようにという、お守りみたいなもの?

そういえば、JGに入ってからしばらく、私は何人かの友人の「きれいなノート」に感銘を受け、いろいろマネしたりしたこともあったなぁと。まー結局、定着はしなかったんですけど(-_-;; 一部は取り入れたりもしたし、そういう刺激があるのっていいよね。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-06-23 23:22 | 中学受験 | Comments(0)

<< 回転寿司じゃないのよ電流は エセ宗教ワクチン >>