中学受験をしない場合の勉強法   

コメントから、記事テーマのリクエストをいただきました。公立中に進学する場合、どのように勉強しておくとその後がスムーズに行くだろうかというものです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←公立小の勉強だけで中学生になったら、その後はちとつらい

公立中に進学した例として私にとって身近なのは、まず私自身(中学受験失敗)、それとまたろう(中学受験なし)ということになります。

まず、ひとつ自信を持っていえることは、またろうのように小学校時代完全放置で公立中に入れてはいけないということです。またろうの場合、中学受験勉強はもちろん、英語の先取りも、公文も、なーんにもやっていませんでした。そうするとどうなったかということですが…

学習をするというスキル、それと基礎学力が穴だらけのまま中学を卒業することになりました。

ここでさらに恐ろしいことには、そんなまたろうですが別に勉強ができないために高校受験で困ったわけじゃないんです。塾は市進に通っていましたが、中三の平均偏差値は65とかあったと思います。 「内申さえよければ」(←これがよくないのがまた困ったもんですが)国立や西などの都立上位校に十分行けそうな成績でした。

公立中から高校受験を目指すコースは、下が広いです。ごく一部、上のほうにしっかり勉強している人たちがいますが、そのへんを気にしなければ、穴だらけ・基礎抜けまくりがスタンダード。その中での競争ですから、そこそこの高校には行けます。

でも、たとえばまたろう程度の学力で、仮に提出物などをきちんと出せる子だったとして、めでたく都立トップ校に進学しても、その先の大学受験で困るでしょう。学習の仕方も身についていない、基礎学力はがたがた、高校名は立派なものであっても、大学受験向きのスキルは持っていない状況です。

一方、私が公立中学に進学したときには、最難関女子中に落ちたとはいっても、とにかくそこに「行くつもりで」四教科を勉強してありましたから、「読み書きそろばん」はもちろん、効果的な勉強の組み立て方も、ペーパーテスト上で自分の力を発揮する勘所も、理科や社会関連の基礎知識も、すべておさえた上での入学です。しかも、私の場合は六年生の一年間で基礎英語をどっぷり聞き(録音して繰り返すほどの熱の入れよう)、英語の先取りまでしてあったんで全体スタンバイOKです。

問題があったのは、中学校生活であって、勉強じゃありません。勉強だけなら、公立中+塾でもそこそこのところまではいけたでしょう。ただし、公立中の授業をつまらなく感じることは覚悟しなければなりません。

ということで、中学受験をするつもりで準備がしてあれば、その後の勉強に困ることはないと思います。中学受験勉強のよいところは、カリキュラムや教材が研究しつくされていて非常に優れたものがあることです。それに乗っかっておけば、漏れなく基礎事項が固められるというわけです。

しかし当然のことながら、せっかく公立中に進むというなら「そこまではしたくない」と思うでしょう。もっと、習い事や、小学生らしい遊びの時間をたっぷりとった上で…それでいて、その後の勉強に困らない…ミニマムセットというのは何なのか。

私の場合とまたろうの場合の間のどこかに最適点があるのでしょうけど、それについて私は書くべき体験を持ち合わせていません。

ひとつ感じることは、勉強の習慣や態度というものを、中学生になってからこれじゃダメだと気づいても遅いということです。どう遅いのかというと、もし本人がこれじゃダメだと気づいたのなら遅いことはないんですけど、親が気づいても直せる年齢じゃないってことです。

もうひとつは、やはり、「読み書きそろばん」の部分で譲れない線があるということです。これも、学習の土台になることですから、中二や中三になって塾で学ぼうとするのは、やっぱり無理があると思います。

それでは、理科や社会はどうかというと、これは比較的後になってからでもよさそうなものなんですが、これが案外、何もしないで公立中に行った場合は大穴になることが多いのです。もちろん、勉強態度や方法の確立と深くかかわることなので、これという原因の切り分けはしにくいですが、基礎事項の暗記という部分を、逃げずに取り組むことが中学生になってからでは難しいという点もあるように感じています。

それでは、そういったことをふまえて、どんなふうに勉強するのが現実的かということですが(つづく、かも)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-06-19 13:06 | 中学受験 | Comments(22)

Commented by きーちゃん at 2012-06-19 18:08 x
今は、公立トップ高を目指すために、小学校の頃から塾というコースもありますよね。
結局、それなんでしょうね。
基礎を固めるのは、小学生のうちに。
高校受験向けには、ゆるやかになっているでしょうけれど、小学生のうちに基礎は固めているんじゃないかと思います。
小学生の同級生で、地元公立中から、公立の上位校に進んだお子さんは、小学生の時代から資質の面で良いものがありました(授業参観で思ったこと)。
中学受験はしなかったので、中学からの塾通いになりましたが、中学入学当時からできていたそうです。
確か、小学生の頃は、通信教育だけ、って聞いた記憶があります。
Commented by umauma at 2012-06-19 19:04 x
早速記事にしてくださって有難うございます。
応援ポッチ!!!
Commented by のんのこ at 2012-06-19 23:03 x
今日の内容、私が普段考えていたことにとってすごく参考になりました。

全くそのとおりですよね~。

中学受験をしなくてもそこそこの要領で高校受験くらいまではどうにかなるんですよね。
私がそうだった気がします。

でも勉強の習慣が付いていないことと、基礎学力がガタガタなことは大学受験には太刀打ちできないんですよね。

そして理科と社会がどうにかなりそうで、意外にどうにもならないこと。
本当に全くもってそのとおりだよな~と思いながら読みました。

これからの自分の子にどうすればいいのか自分の中で見えてきた気がします。
Commented by an-dan-te at 2012-06-19 23:04
きーちゃんさん、
日能研は中学受験しか考えてない感じですけど、中学受験用のコースと、公立中進学用のコースを設けている塾がありますね(いくつか広告みてみた)。

それか通信…あと、中学受験用だけどぬるい塾、公立中高一貫コースの塾、公文といったところかな、選択肢は。
Commented by an-dan-te at 2012-06-19 23:06
umaumaさん、
ネタふりありがとうございます(^^)

いろんな考え方、いろんなやり方があって、かなり手広いと思うのですが、一番のポイントは、勉強のモチベ維持かな?? 大きな節目(受験)が遠いですからね。実際どうなのかな~
Commented by an-dan-te at 2012-06-19 23:08
のんのこさん、
えっ、参考になりました!?(^^;;
今回のはわりと自信ない分野っていうか、この続きを書くとするとさらに謎ゾーン突入ですが。またろうの小学生時代も戻ってこないし、もう実験できません…
Commented by ももんが at 2012-06-20 01:24 x
私は地方ですが ちょうど 長男 中受-高受 妹 公立中-高受を目指してます

ほぼ高受狙いの当方地域(公立王国)では 小学校5か6年から高校受験を目指す塾に入る子も多いです(わが家は長男は5年生-その後中受の塾へ 妹は6年生から行きました)

中学1年になるとかなり通塾しています 通信教育等で中2くらいまで過ごして 通塾1年の子もいますが自立してますね

長男は「あの入試で 高校の授業についていけるかは選びきれないのでは?」と言ってます(自校作成問題はありません 内申の比重もそんなに軽くない)   

こぞって公立上位校を目指すので 優秀な子は集まるのですが 大学受験以前に高校の授業がなかなか大変です 高校のカリキュラムを理・社以外は2年半弱くらいで終わらせようというのは かなりハードです

中受の勉強はためになったと長男は言っていますし 中学も塾通いはしていたものの 比較的気楽でした

妹は 公立向きという読みは当たりましたが(生活です) 理解が甘いのに何とかなっていていいのかな?やはり気になるなーという感じです
Commented by スケルツオ at 2012-06-20 08:30 x
子供たちの周りとか見てて、小学校時代に塾とか公文、通信教育、学研とかをやってたかどうかと、高校受験、大学受験の成果にはあまり関連性がないような気が・・・・

むしろ相関性があるとしたら、コツコツ音楽をやってかどうかかしら。
公立中学から都立、国立(こくりつ)の高校行って、東大、京大、一橋、東工に進学したお友達は、ピアノの上手な子が多いですね♪
Commented by kotetsumaman at 2012-06-20 09:56 x
またろうくんと、私自身が同じ感じです!

小・中学校時代は、全くと言っていい程勉強に関しては放置。
塾通いも高校受験直前だけ。
ある程度のレベルの高校には行きましたが、穴だらけなので、高校の勉強は「あれれ~??」という感じでしたよ。
まあ結局、大学受験も得意科目だけで受験してしまい、塾にも通わず何も苦労せずに進んでしまったんですけどね~。

そんな私が、今では塾講。
私自身を反面教師として指導しています。(笑)
「それでいいのか??」って感じですけどね。
Commented by あんず at 2012-06-20 12:56 x
うちの場合、小学4年生まで公文。英語もちょっと。
その後、中受する子たちが塾通いが忙しくなり、遊ぶ子がいなくなったので、近くの大手塾で中学受験はしないコースで5・6年生を過ごしました。まったりはしてましたが、分数・小数などはここで苦手にならないようにしておいたのがあとあとよかったと思います。
中受しないで塾に通う必要はないと思いますが、将来へのモチベーションをある程度保っておくのは大事だと思います。
公立中の内申点は、学力を表すものではないので、幅広い知識とか体験、コミュニケーション能力(忘れ物をした時に隣のクラスの誰かに借りるとか)そういう
ものも大事かなと思います。
Commented by milktea at 2012-06-20 13:59 x
上娘が中受塾に1年ちょい、中学受験したもののうまくいかずに公立中っていう道筋を通っていますが、下娘には「(中受用)塾で勉強したことがそのまま中学でも出てくるから、もし公立中だとしても塾には行った方がいい」とアドバイスしてるのを聞きました。
理科の資料集が「ほぼ同じ」だと申しております...。

私自身は塾ってものに定期的に通うという経験がなく(1年通して通ったのは大学浪人の時の予備校だけ)、正直、子どもの塾選びとかどうも自信がないです。

またろうくんの塾選び、以前、「通える範囲で兄弟とかぶらない」のを条件にあげていらしたかと思いますが、いくつか見学したりとかなさいましたか?
そのあたり、よろしければ教えていただきたいです。
#中受日記の範囲ではないですが...。
Commented by an-dan-te at 2012-06-20 20:54
ももんがさん、
公立メインの地域では、小学生から通塾して高校受験というのもスタンダードになるわけですね。

でもそうやってしっかり勉強しても、選抜は、難問でない当日試験と内申になるということは…理解があやふやなまま高校に入ってしまうと、あとで慌てそうですね。

> 中受の勉強はためになったと長男は言っていますし
> 中学も塾通いはしていたものの 比較的気楽でした
それはそれでちょうどいいのかもしれませんね(^^)
Commented by an-dan-te at 2012-06-20 20:58
スケルツオさん、
ももんがさんの地域だと、高校受験を視野に、小学生から塾通いというのがあるそうですけど、ここらではあまり聞きませんね。公立中から国立や西に行く子って、中三から駆け込みで塾とかけっこう多かったりします。むしろ、スケルツオさんがおっしゃるようにピアノがうまいような(^^;;

まぁ、大人になってピアノサークル行くと、難関大卒の男性(特に理系)がぞろぞろいるのは常識(?)ですが、ピアノを弾いたから受験勉強がうまくできたというよりは、受験勉強がうまくできる素質の中に、ピアノもうまくなる素質が入っているということのような気もしますが…
Commented by an-dan-te at 2012-06-20 21:09
kotetsumamanさん、
ある意味「効率がいい」というか、するするするっと大学まで行けちゃったわけですね(^^)

でも、そういうことが、できる子とできない子がいますよね(-_-) やっぱり。要領とか、ここぞって時の気合とか、受験時の割り切りと狙いの定め方とか。

> 私自身を反面教師として指導しています。(笑)
親の立場としても、「これはマネしないように」という点は多々あり(^^;; でも、だからこそ実感持ってできる忠告ともいえます。
Commented by an-dan-te at 2012-06-20 21:15
あんずさん、
公文もひとつのチョイスですね。英語をやっておくのもいいし…でも、またろうに一番欠けてたのは「メモするとか物の管理とか提出とか」…ですね。これは塾に行けばよかったという話ではないけど。
Commented by an-dan-te at 2012-06-20 21:18
milkteaさん、
中学になると英語が入ってきて、その比重が大きなものになりますけど、理科と社会は中学受験の知識でほとんど足りてしまうんですよね。こじろうが中学になって高校受験用の模試を受けたときはノー勉でも理社稼いでました。だからといって、中学受験しない予定だったら中学受験用の塾には通わないでしょうけど…

塾選びについては、あまり労力かけないで選んじゃったから(^^;; 大きなこといえないんですよね。
Commented by yoyo at 2012-06-21 07:24 x
こちらの方では 公立中学進学予定でも 5年生ごろから塾に行く子が 多いと思います。
といっても 高校受験向けのカリキュラムがあるわけではなく、
小学校の補習塾か 公立中高一貫校受験塾で 学習習慣をつけるのが 主な目的でしょうか。
また 少数ですけれど 中学受験塾に通わせたり Z会や予習シリーズなどで 中学受験の学習をしている子もいますね。

私は 子どもにずいぶん無駄な勉強をさせたので 大きなことは言えませんが、
1.一日 2時間程度の学習習慣
2.英語の先取り(公文でOK) 
3.中学受験並の計算力
4.読書の習慣
5.難しい問題でも 取り組む姿勢づくり
ぐらいは 小学校のうちにやっておいた方がいいと思います。

理社は 確かに穴だらけですけど 高校に入りさえすれば 基礎という科目から 始まるし(歴史はA)
そこでやればいいまでのことかなと。高校で 学習内容が少々押すのは確かですが、そこは 一浪することを 覚悟して ^^;
あんまり びっしりやってしまうと ゆったり小学校生活を楽しみ、普通のことをしていれば高校に進める、公立メリットが なくなってしまいますものね。
反省しています ^^;

 
Commented by mimii at 2012-06-21 08:06 x
わ~、コメント盛況ですね。

本当に、アンダンテさんのおっしゃるとおりですね。
私は公立中から、公立高で実に、理社は弟が使っていた予習シリーズを使って勉強してました(笑)。その経験から、中受の勉強は、無駄にならないと信じています。
でも、勉強のスキルが確立されずに高校に行ったので、大学受験は浪人しました^_^;。ここで、初めて知識の体系化がなされた感じでしたね。

それから、ピアノの得意な子に高偏差値のお子さんが多いのはたしかですね。特に男子。大概そういう子は、理系でバッハが好きです。
女子のピアノ弾きは、いわゆるピアノ馬鹿で、勉強時間<ピアノ
というタイプはその限りではありませんが…。

Commented by an-dan-te at 2012-06-21 23:04
mimiiさん、
予習シリーズ、よくまとまってますよね(^^) カラーだし。
> ここで、初めて知識の体系化がなされた感じでしたね。
浪人で、つじつまが合ったのですね。

ピアノって話も、囲碁って話もあるけど、そういうのがすごくできて、勉強もすごくできるって人、かなりいますよね。共通の素質があるんだなぁと思います。もちろん、勉強ができて音痴って人も、ピアノしか弾いてなくて勉強できない人(やればできるのか!?)もいるけどね。
Commented by an-dan-te at 2012-06-23 10:46
yoyoさんのところでは本当に十分な勉強セットをこなして公立に進学したと思うけど、それでどのへんが無駄だったかこんど詳しく教えてください。
理科社会、小学生のうちにひととおり見ておけば、その後ニュースを見たり本を読んでもぜんぜん違ってくると思うのね。けどまあそんなこと言ってたらきりなくて、それこそ受験をスキップした意味がなくなっちゃうわね。
Commented by umauma at 2012-06-25 14:48 x
うちの近所にはピアノを習うお子さんが多いです。どうしてピアノなんだろう??と不思議でおりましたが、やっぱり傾向として、ピアノ⇒理系とあるんですね。??慰めに、やってなくてもスゴイ理系ってのもミミにしたいナ・・・
Commented by an-dan-te at 2012-06-25 22:53
umaumaさん、
いや、そりゃもう、理系得意でピアノはさっぱりな人もいくらでもいると思いますけど…(よしぞうとか)

ピアノがすごーくできる「男性」は、勉強もできる印象だけど。なんでかな。女性はそうとも限らない。ともかく、ピアノをやったら勉強ができるようになるって話ではないですね…

<< 「科学のふろく」の時代 朝勉のゆくえと学校の宿題 >>