中学受験を親子で楽しめるだろうか?? 2012年版そのさん   

私が小学生だったときと比べると、今、小学校ではいろんな実験や見学など、生の体験をさせてくれるところがいいなと思っています。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←実験や実習、「楽しい」だけで終わるとほんとにそれだけ

時代的なものというよりは、私の担任の先生が変わっていたからというのが大きいかもしれませんが…
(理科や算数が嫌いで、なるべくお説教でつぶすし、実験は隣のクラスがやってることでも絶対やらなかった)

はなひめが四年生のときだったか、電池のつなぎ方を変えながら、ミニカーを走らせることのできるキットを使った授業がありました。キットを持って帰ったときに、どういう工夫をして勝とうとしたかなどについて、生き生きと語ってくれたので、よい体験をしたなと思ったのですが、いくつか質問してみると、そのキットが意図していた内容(並列と直列、など)とその体験は結びついていないようでした。

それで、授業の進め方について聞き出してみると、とにかくミニカーでみんなで楽しく遊んでいたら時間がなくなってしまって、それの「まとめ」に相当する時間はまったくなかったそうです。そしてそのまま、その学期はおしまいになってしまったのです。

もちろん、はなひめはその後、塾に通って今度は紙の上で同等の(あるいはそれ以上の)内容を学び、演習もやっていますから、そのあたりのことはよくわかるようになり、問題ないといえばないのですが、それがなかったら、ぼんやりしたまま流れてしまったと思います。

実体験、実験、見学、あるいはそれをきっかけとした生徒どうしの、あるいは先生とのやりとりというのは、いずれも財産、宝物です。それはそれでよいのですが、そのまま終わってしまうと、例えば中学受験で使えるような、知識やスキルとしては定着しません。

親子で楽しむ中学受験を目指すときも、せっかく体験をしたときには、それが「熱いうちに」、知識としてまとめ、覚えるべきところは反復して定着させ、あるいは紙の上の演習も行ってスキルとして身に着けるということが必要です。

算数でも同じで、パズルやゲームなどで数や図形の概念を楽しく「体験」するのはもちろんよいのですが、計算練習などを地道にやらないで済むというものではありません。

もちろん、低学年の間は、そういう「塾でやるような」ペーパーワークをする必要はないでしょう。単に「塾任せの」受験をする家庭だってふつうは塾に通ってないような期間(例えば三年生くらいまで)に、ぼんやりした形であれ、いろいろな知識や考え方の土台を少しずつ作っていくというのは大きなことです。

でも、四年生あるいは五年生になって、塾任せの受験をする子どもたちがガリガリとペーパーワーク中心に課題をこなしているときには、親子で楽しむ中学受験の中にも、やはりそういった「基本演習」をしっかり入れていかなければ同等にはなりません。

そういったところまで含めて、親が面倒を見るのか??

という困難さを考えれば、三年もしくは四年くらいまで「楽しんだら」あとは塾カリキュラムに乗せてしまうというのが現実的かなと思うわけです。そういったルートを選択しても、親子で楽しんだ分は、目に見えないゆとりや感覚となって、そこからの(一見、無味乾燥な)中学受験勉強を支えてくれることでしょう。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-06-07 13:34 | 中学受験 | Comments(4)

Commented at 2012-06-07 15:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2012-06-08 13:18
**(2012-06-07 15:39)さん、
モーターとペットボトルですか、がんばりますね~(^^)
学校にしても、塾にしても、「えっ、それがわかってないってことは…??」と、授業の一番肝心なポイントを華麗にスルーされていると、がっくりきますね(-_-;;

ま、ともかく、体験だけじゃなかなか定着しません。
Commented by ぎどん at 2012-06-09 07:58 x
うーん、こう、経験を通じて土台を身に着けるのがいいよな~と思っても、
子供は、興味ないことには、料理しようがバードウォッチングしようが結局興味持たないので、
子供の「生来の特徴」をひっくり返してまで興味を持たせるのは生易しくないなあ、と思います。

あと、経験を通じて定着しやすいのは、やっぱり理科と社会で、算数や国語は難しい気も。

上ムスコ、
元プロ小学校国語教師だった私の実父が、
小1~小5まで週2日、気長に根気よく砂に水を撒くように、
プロならではの辛抱強さを発揮して本を読ませ続けたおかげで、
KYで行間を読めないにも関わらず、何とか国語の成績は普通を維持しています。
でも、それだけやっても未だにストーリー物はほぼ全く読みません。
データや解説本(池上彰さんとかね)みたいなのは読みますが、解説本や図鑑が好きなのは幼児時代からなので、私の実父の努力には関係なし。
親が熱心に読み聞かせする程度じゃ子供の「生来の特徴」はひっくり返せないよな、と実感しています。

結局生来の特徴がものを言うよね~
って身も蓋もない ^^;;
Commented by an-dan-te at 2012-06-10 09:07
ぎどんさん、
> 結局生来の特徴がものを言うよね~
はは(^^;; ミもフタもないけど確かにそう。
うちなんて、音楽を楽しむ環境としてはばっちりだったと思うけど、どう誘ってもはなひめは音楽好きにならなかったし。

それにしてもお父様のその貢献はすばらしいですね。根気…私には備わってないものです(爆)

> 算数や国語は難しい気も。
国語は、何を国語力というか範囲も広いんですけど、とにかく受験算数は、やっぱりどうやっても紙の上でしこしこ練習しないとね。

<< 一科目受験があってもえぇじゃな... 外部会場の公開模試 >>