中学受験を親子で楽しめるだろうか?? 2012年版そのいち   

私が小さいころ愛読していた本の中で、唯一、今もそのまま持っているもの(大人になって買いなおしたのではなくて)は「せいめいのれきし」(バージニア・リー・バートン作、いしいももこ訳)という絵本だ。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←楽しんでますか? いや楽しくなくてもいいんだけど

これは、五幕の劇のような仕立てになっている、幕が開くたび・閉まるたびにわくわくする美しい絵本。銀河系ができるときから現代の生活に至るまでの歴史を紹介したものである。

魚類に関連する記述はこうなっている:
「無脊椎動物が、王様であった、ながい時代はおわりました。
海や、湖や、川や、小川には、たくさんの魚類-大きいのや、小さいのや、中ぐらいの魚がすみはじめました。
なかには、肺をもった魚もあらわれて、水たまりから水たまりへ、うつっていきました。」
これを読めば、まず魚の黄金時代があって、そこの中から肺をもった魚が生まれてきたと思うわけだ。

あと、この本じゃないけど、「魚のうきぶくろが元となって、両生類の肺に進化した」とばっちり書いてあったものもあったと思うし…(記憶不確か。でも、よしぞうの記憶でも同じ。1970年代の子どもの常識はそうなっていた?)

そして、時は流れて、化石の研究やら、遺伝子比較やら、いろんな手がかりをつないで、知らないうちに世の中の常識が変わっている。日本最古の貨幣が、和同開珎じゃなくなってたみたいに。

今の常識では…アゴもなくヒレもろくにないような、そして浮き袋も持たない、魚のご先祖様が、のそのそと海底で泥を食べていたころ、強力な捕食者が現れ、川へ…そしてさらに上流へ…と追われていったところが進化のキーポイント。そこで、淡水への適応、水に溶けた酸素が少なかったり、水そのものが少なかったりする状況への適応から、ポリプテルス~ハイギョのような、大人になると肺を発達させる、しっかりしたひれを持つものが出現。

そして、さらに陸に行ったものは両生類へ。水中に戻ったものは肺をうきぶくろとして活用し、自在に泳ぎ回る魚類となり。(以上は、ここ数日、にわかポリプテルスファンになったアンダンテのまとめなので、あまり信用しないように)

おもしろいよねぇ…中学受験の体系って、ほんとによくできてて、世の中のことを知るための準備になるものが、きれいにひととおり揃っている。それをとっかかりに(あるいは、子どもから発せられた疑問を出発点に)、いろんなことを見聞きして、おもしろい・楽しいって思えるんだからね。

しかしいうまでもなく、ポリプテルスなんて枝葉も枝葉…いや、枝葉なんていうのは「枝葉」に失礼かな…だって、枝葉は「細かいけど必要なこと」で、こっちは明らかに「中学受験にはまったくいらないこと」(^^;;

ま、無駄知識も人生のうるおいであるし、やはりそういった無駄も含めて「しっとり」してるほうが究極の意味では受験にも強いかもしれないけど、親子で楽しむ部分ってのは、受験勉強的には効率が悪いだろう。

それでこじろうの受験のときには、なにしろ何も準備なく(親も子も)、新五年で入塾し、子ども自身の自主性もなにも育ってないところで、大手塾の力+にんじんを駆使した親のテコ入れによってエイヤと受験まで持っていったわけで、中身を楽しむどころではなかった。

中身を楽しむどころではない場合には、やっぱり中学受験ってたいへん~というほうが先に立つよね?
というところが2009年1月に書いた「中学受験を親子で楽しめるだろうか??」だったんだけれど、この記事の後半では、はなひめとの会話を例にとって、知ること・わかることを楽しむ営みの延長で中学受験につなげる考え方の可能性に「ほんのちょっと」ふれている。

ただ、そこまで言及しておきながら、私はその方向性を深めることなく、ダブル受験が済んだとたん気が抜けて、はなひめにきちんと向き合うことなく、あれよあれよという間に高学年を迎えてしまったわけだ。

要するに、親子で中学受験を楽しむんなら、もっと手前からやっておけってことですよ。六年生にもなってようやく、「歴史っておもしろいかも!!」とかようやく言ってるようじゃ、効率の悪さばっかり先に立ってしまうじゃありませんか。 つづく。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-06-03 09:19 | 中学受験 | Comments(2)

Commented by ケロ父 at 2012-06-03 22:59 x
>日本最古の貨幣が、和同開珎じゃなくなってた
日本最古の通貨が富本銭か和同開珎かという論議は続いていると思ってましたので、んなアホなと思ってケロ兄の教科書を見せてもらった所、「日本最古のお金、富本銭」の記載が!
数年前の教科書では和同開珎のままだったのに、いつの間に!
いやでも、流通した通貨として記録が残ってる最古は和同開珎だし、鋳造の貨幣としては富本銭だけど、単に貨幣というだけならそれより古いものはいくつもあるし、と、納得できてません^^;
きっと自分の中での常識が書き換わるまでは時間がかかるんでしょうね^^;
Commented by an-dan-te at 2012-06-05 06:48
ケロ父さん、
もちろん、輸入相手先ベスト3なんてのはころころ書き換わるのが当たり前として、もうとっくに済んだことの話(歴史)が書き換わったりとかね。おどろきです。子どもの中学受験で発見いっぱい。

> 単に貨幣というだけならそれより古いものはいくつもあるし、と、納得できてません^^;
私もリクツがよくわからない…

<< 結果R4と予想R4 過去問集(赤本)、買う? >>