私学の価値4: いじめを避ける   

「いじめ」に関して、「私学の価値」として書いていいかどうか、ちょっと迷います。中学受験があって高校受験がないとか、ある程度学力が揃っているとか、そういうことは明白な特徴ですが、いじめの多寡というようなことは、直接の属性ではなく、あるとしても間接的なものです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←書きにくい記事だ…

私にとっては、いじめを避けるということは、子どもを中学受験させようと思う大きな動機のひとつですが、よしぞうは「私立にいじめが少ないというのは幻想だ」といっています。夫婦で意見が一致しておりませんが(^^;; ここは私のブログですから、とりあえず私の思うところを書いてみたいと思います。

またろうと私の公立中生活はいじめに悩まされた期間が長く、こじろうと私の私立中生活はいじめとは無縁で快適なものでした。こじろうはまたろうに劣らず「いじられキャラ」でした(少なくとも、小学校卒業時にはそう見えた)から、またろうと同じ公立中にいったらいろいろあっただろうと思われるところ、合う学校に入って、仲間に恵まれ、部活に熱中して充実した中学校生活を送れたことについては、よしぞうも「受験させてよかった」とはもちろん思っているのですが、それが「たまたま」うまくいったということなのかどうか、見方が分かれるところです。

私も、私立が「一般に」いじめが少ないということを主張しようとしているわけではありません。そんなことをいえるほど私立はひととおりのものではありません。学校ごとのはっきりしたカラーがあるのが私立です。

勉強ができる子が集まればいじめが少ないとも限らないようです。私がいたころのJGは非常にいじめの少ない(というか、私の知る限りでは、なかった)学校でしたが、よしぞうのいた学校ではかなりあった、それもかなりひどいのが、ということです。

たぶん、いじめの出方というか特徴は、公立中と違うのではないかと思いますが…公立中では、熱中できることがない、むしゃくしゃする、誰か(反撃しなそうなターゲット)に当たってしまおうという散発的偶発的なものが多数起こっていましたが、「おもしろいことがない」というタイプのいじめはさすがに少なかったのではないでしょうか。逆に、余計たちの悪いいじめが多かったかもしれませんが。

いじめの少ない学校、多い学校の、違いは何でしょうか。例としてJGの特徴を思いつく限り挙げてみますと
・それぞれ自分の興味のあることに熱中している
・人は人、自分は自分というのがはっきりしていて、互いに干渉しない
・他人の意見に左右されない、自分で考えたことに従う
・生活にプレッシャーがなく、のびのび好き勝手にやっている
という感じでしょうか。

たとえば、AさんがBさんのことを気に入らなくて、Bさんを無視しようよ!! と提案したところで、クラスの女子の大半がそれに従ってくれるというシチュエーションは考えられません。というかそんなことをしたい人がいるとも思いませんが…

あるいは、またろうのときのように、「自分の理解できない何か」に熱中しているヤツがいるとむかつく、というようなことも起こりません。それぞれが何に熱中していようが(それが相当変わったことであっても)ほっといてくれます(^^;;

こじろうの学校の場合、JGほど徹底した個人主義ではないようでもっと「チーム」な雰囲気ではありますけど、それ以外の特徴はよく考えると共通していますね。特にプレッシャーがないところが。

よしぞうの学校の場合、何が違ったのかといえば、上にある中では「プレッシャー」の部分でしょうか。内情を知らないので単なる想像ですが。

結局のところ私は、「いじめに遭いにくい学校はある」と考えているのです。それは、学校の雰囲気による多い少ないもありますし(それを説明会や文化祭で嗅ぎ分けられるのかという問題もあるけど…)、本人が「合う」学校にいるといじめを受けにくいということでもあります。

最後にもうひとつ。いろんな人がいる中で、悩みながら苦しみながら、のりきっていくというのも人生体験だという考え方は、ひとつの正論です。でも私は、それも程度問題だと思います。自分のジャージがごみ箱に捨てられてたり、教科書に落書きされてたり、靴箱に置いてあった靴に蜂蜜がべったり塗ってあったり、足をひっかけられたり…あるいは、挨拶しても無視されたり、こちらを見てコソコソくすくす話をしてたり…そういうことがありすぎる毎日を過ごすのは、自尊感情が意味なく磨り減るだけで、得るところはあまりないように思われます。それを避けられる可能性がより高いクジがあれば、それを買いたい、と思うのです。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-05-19 08:53 | 中学受験 | Comments(13)

Commented by ania at 2012-05-19 18:44 x
アンダンテさんとところの学校のカラーと、
娘んとこの学校のカラーはよく似ていますが、

ディープにおたく系に沈んでしまう生徒さんたち、
のびのび自由すぎて部活もいまいちで何をやったら?と浮遊してしまう生徒さんたち

ももちろんいるみたいです。
伝え聞きなので正確ではないかもしれませんが。

中高一貫の私立はカラーがはっきりしている分、あわない場合は
別の高校へ入りなおす生徒さんもいるようです。
(といった言い方のほうがあっているのかも。娘の学校では聞いてませんが。)

我が家といえば、娘は「他人の意見に左右されない、自分で考えたことに従う」のそれで、
親が期待する方向とは違った方向に行きそうで、
心配はつきませんが、それでも私学でよかったかなーと思います。

いろんな考え方の人たちがいて認め合って(いや、われ関知せず、か?)いて
まぜこぜになっていて、場のもつポテンシャルっていうのか、そんなものが高い、
そんな雰囲気を感じ取ります。
Commented by an-dan-te at 2012-05-19 23:12
aniaさん、
そうですねー、いじめられるかどうかではなくても、なじめないとか、居心地がよくないってことはあることだったと思います。そういえばyoyoさんは「(あまりに平和なぬるま湯生活で)高校では退屈した」とかいってましたっけ。

> 親が期待する方向とは違った方向に行きそうで、
これはこれでどうしようもないですね…
ずっと期待どおりにしてくれてもそれはそれでブキミだし(^^;;

> まぜこぜになっていて、場のもつポテンシャルっていうのか、そんなものが高い、
あぁ。。
よくわかります。いいですね~
Commented by きーちゃん at 2012-05-20 01:28 x
はい、無視される、といういじめに遭いました。
共学付属校です。女子の人数が少ない分、クラスの中に加担しない子もいたけれど、きつかったです。
高校で外に出ることを考えたこともあり、都立の問題集を買いました。

幸い、高校からかなりの人数が入ってきて薄まったこともあって、しかもその高校は超個人主義だったので、高校生活は楽しかったですが、部活に逃げ場があったものの中学生活はきつかったです。

それでも子どもたちを私学に進ませたのは、価値観を共有できる友人にも会えたこと、でしょうね。

ま、長くなるので、今度お会いした時に^^
Commented by ocarina at 2012-05-20 13:12 x
娘を私学にと思った遠因でもあるのですが、
金八ブームの地方波及世代というか、校内暴力最盛期の名残り世代というのか…いわゆる「荒れた」環境で中学時代を過ごしました。
イジメはそこそこでしたが(されても負けてない人だったから)、人生の中で「暗い時間」だった記憶があります。。

娘の学区の中学校は、今現在、それほどまでに「荒れている学年」はないようです――が、
公立(特に中学校)での、貧富の差は、私が中学生だった頃より大きいように見受けられます。
(家計面だけでなく、精神的にも学力的にも、そして子どもの教育に関する親の意識としても)
Commented by あんず at 2012-05-21 00:22 x
うちは、小学校高学年で暗黒時代でした。中学受験をする子たちのストレスのはけ口にされたようでした。
公立中学ではとてもよい仲間に恵まれましたよ。
個人差あるんじゃないでしょうかね。
実はまたろうくんと同じ中学だったりして・・・ってひそかに思っているんですけど。
Commented by an-dan-te at 2012-05-21 07:02
きーちゃんさん、
きーちゃんさんの出身校は、なかなか難しいところのありそうな学校にみえます(単なる想像ですが)。高校ではかなり雰囲気が変わるのですね。

> ま、長くなるので、今度お会いした時に^^
ぜひ~
Commented by an-dan-te at 2012-05-21 07:15
ocarinaさん、
荒れてるかどうかといえば、私のときもまたろうのときも「荒れて」はいなかったですね。荒れてなくても(窓ガラスは割れてない)心はすさんでるというか…

またろうの公立中の場合、地域的に、あんまり金持ちもあんまり貧しい人もいなかったのですが、
> 精神的にも学力的にも、そして子どもの教育に関する親の意識としても
そういう部分の開きは大きかったと思います。意欲格差みたいなもの?
Commented by an-dan-te at 2012-05-21 07:24
あんずさん、
そりゃ個人差は大きくて、またろうも中二から中三になったらずいぶんよくなりましたし。もちろん、私がいた公立中クラスの中でも、快適な中学校生活を過ごせた人は多かったのだと思います。

> 実はまたろうくんと同じ中学だったりして・・・ってひそかに思っているんですけど。
えっほんと??
よかったら、非公開コメで(^^)
Commented at 2012-05-22 12:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2012-05-22 12:57
***(2012-05-22 12:51)さん、
あ、じゃほんとにそうかも。都立国立の併願はよくありますが、私立高専までガチガチに押さえる人はあんまり多くないですから。路線もおっしゃるとおりです。
Commented at 2012-05-22 19:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2012-05-22 20:54
***(2012-05-22 19:24)さん、
ビンゴです(^^)
Commented at 2012-05-22 23:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 雲の中から金環日食!! 今年の手帳、記入できるだけ記入しとこ >>