時間を計る効果   

新しく買ったキッチンタイマー、使ってみました♪

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←同じだけ勉強するなら、早くやっちゃって遊べるほうがいいよね

左が元からあったタイマー、右が新しく買ったものです。
f0185839_13224629.jpg

見た目からいうと違うところはありません。要するに、計りたい時間を○分○秒とセットしておいて、スタートボタンを押せば、その時間が経つとピピピッと教えてくれるわけです。だから、ゆで卵作るんなら同じです。

右のタイマーは、ゼロ分ゼロ秒の表示のときにスタートボタンを押すと、カウントアップしてくれます。つまり、ストップウォッチ機能ですね。

ストップウォッチというと、学校で100メートル走のタイムを計ったりするときのものが思い浮かびますが、あれは手に持ってスタンバっていて、ゴールと同時にピッと押し、「秒」より細かい時間まで計れるところが重要なのですが、勉強でタイムを計るというとき、さすがに秒未満は必要ありません。それより、机に置いて安定よく、机に置いたまま指一本で押せるし、数字も大きくて見やすいので、断然キッチンタイマー型のほうが使いやすいです。

「…ところで、キッチンタイマーとして使う場合、カウントアップってどういうときに使うの??」

えっ、どういうときだろう…わかりません…
魚がいい具合に焼けるまで何分かかったか記録しておいて、次回(!)に役立てるのかな…そんな人いる!?

でも、勉強に便利だから、ま、いいじゃないかっ(^-^)

算数の「栄冠への道」をやるにも、最初、時間を計らずに、のべー…だらー…とやっていたときはありえないくらいの時間がかかっていたものを、四角ひとつずつストップウォッチで計って書き込むようにしたら格段のスピードアップができました。

カウントダウンしかできないタイマーでも、20分とか長めにセットしておいて、引き算すれば時間は計れたんだけど、やっぱり、わずかではあっても面倒だと結局あんまりやらなくなっちゃうのよね。

とかく、やることが多くて回らない日常で、同じことを短い時間でできればそれはとってもお得。

テストのときは、さすがにこの「のべー…だらー…」モードではなくて(もしそうだとしたらきっと1/5も解き終わらない)、今回ストップウォッチで計ったときくらいのスピードで解いてると思うんですが、それでも他人と比べれば遅いほうです。真の目的は、ふだんから、本人的最速モードで問題を解く機会を増やすことによって、最速モード自体をレベルアップしたいということ!!

そういう効果があるかどうかは、数日使ってみてもわかりませんので数ヶ月経ったら振り返ってみましょう。

勉強のときにいつも必要になるアイテムを、探さなくてすむようにまとめています。
f0185839_13485886.jpg

これは、文具の引き出しに戻さず、机の上に出しっぱなし。

お菓子の空き箱の中に、
いちばん具合のいいシャープペン/MONO消しゴム(消しやすい)/赤ボールペンの、スムーズに出るやつ/黒ボールペン/マジック/マーカーペン/はさみ/セロテープ/長すぎず短すぎず使いやすい定規/ポストイット、かわいいのがいろいろ売ってるからつい買っちゃう/修正テープ/目薬
が入ってます。

はさみとかセロテープとかは、母が毎日ノートを作るのに(コピーを切り張りするので)必要です。
マジックは、ノートの表紙に名前を書いたりするのも使うけど、主に、「今日のやることリスト」とかをぐりぐりとでっかく書くのに使います(笑)

ここに、タイマーが加わりました。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-05-13 13:56 | 中学受験 | Comments(2)

Commented by なりんこ at 2012-05-13 22:51 x
キッチンタイマーいいですね~♪
テストの時って、時間気になりますよね。

普段から時間を気にして問題を解くのは、本番の時間管理のいい訓練になりそうでうすね。

かかった時間の記録管理ってどうやっているんですか??

問題集とかに直接書きこんでるのでしょうか?それとも別に表とか作ってるのでしょうか?
Commented by an-dan-te at 2012-05-14 07:32
なりんこさん、
とにかく「時間」管理は、まったり人種にとってトップ・プライオリティの課題なんで(本人はそう思ってなかったりするけど)、なんとかしたいと思います。

かかった時間は、問題集に直接書き込んでいます。理想をいえばまぁ…これはかかりすぎだろって問題は、一回目に正解だったとしても、もう一回やってタイムを縮めるってところまでやりたいですね(でもできない)。

<< 私学の価値3: 授業 私学の価値2: 中学受験があり... >>