銀閣寺から京都大学まで   

清水寺から銀閣寺まではバス。ぞろぞろと人の流れがありますからそれに乗っていけばつきます。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←初日は京都の東半分、というイメージで

バス停から銀閣寺までは、さきほどの清水寺のときよりだいぶ短いようです。だから「ちゃっ」と歩けばすぐなんですけど…さきほどから気になっていたものが…

人力車です。銀閣寺が閉まるまであまり余裕がないので、10分のコースで、お願いしてみました。
f0185839_9313155.jpg

乗り心地最高~(^^) 銀閣寺まで、まっすぐ行くのではなくて、一般の戸建てがある狭い道や、哲学の道を見て回りながら、解説つきで連れて行ってくれました。それぞれの家の玄関には、大文字焼きのときの「炭」が紙に巻いてぶら下げてあります。魔よけだそうです。

銀閣寺に着いたころには、時間も、それからカメラの電池も不安ですのでサクサクモードで回ります。
f0185839_938217.jpg

この、有名な銀閣のたたずまい自体、渋くて素敵ですけど、このお寺の魅力はなんといっても、風情のある庭のつくりでしょう。立体感があって、随所に見所があり、とても味わい深いしつらえです。心がやすらぐ感じです。さすが、政治は嫌いでも庭いじりの好きな義政。と思ったのですが、この庭のあらかたは江戸時代に作り直されたものだとか。ま、いいけど。
f0185839_9394448.jpg

はなひめはこの、「屋根のてっぺん」もお気に入り↑

5:20ごろ追い出されますので、ここからは京都大学に向かいます。歩いても行けるんだと思いますけど(たぶん、まーっすぐ西に行けば着く)、自信がないし京都大学の中も広そうですから、サクッとタクシーで正門につけてもらいます。

大学はちょうど新歓の時期ですから、サークルの立て看でいっぱいです。昼間に来れば、いろんな屋台も出ていてお祭りがあったらしいです。私が行ったときはもう、屋台はたたまれていて、でもまだ熱心に勧誘は続いていました。
f0185839_945010.jpg

「○○反対」とかの看板も懐かしい雰囲気ですね(京大に来たのは初めてですが)。

まず京大グッズをおみやげ用に買ってからごはんを食べようと思ったのですが、ショップの入り口がよくわかりません。通りすがりのお兄さんを捕まえて聞いてみたらば「ぼくも今日初めて来たんで…」とのお答え。

でも、ふつうに時計台のある建物に入っていくと、生協の売店があって、オリジナルグッズが買えました。職場みやげ用には、瓦せんべいとか、大きなコインチョコなど。はなひめは、金色の「しおり」を自分用に買っていました。私は自分用に、水色のボールペンを買いました。「Kyoto Univ.」と入ってると、なんかかっこいい(^^)

それから、カフェでごはん。(「京都グルメ」参照)

生協では、生協の広報誌と、京都大学の広報誌をもらいました。学校内の空気も、それからそういう広報誌を読んでも思ったことですが、京大の雰囲気はとても好きです。東大よりややゆったりとゆるみや遊びがあって、単なる秀才というにとどまらない感じが魅力的です。いいなぁ。

京都大学を出たら、徒歩で駅に向かい、地下鉄を乗り継いでホテルへ。街の様子が見えるので、タクシーでびゅっと行ってしまうのより、楽しいですね。もう急いでないし…
f0185839_1034217.jpg

京都のマックは、派手さを押さえて景観を壊さないようにしている(らしい)。
f0185839_1034735.jpg

ストリートミュージシャンが三味線を弾いていました。
f0185839_1035431.jpg

夜桜がきれいです。

ホテルは、安いビジネスホテルですが、たまたま広い部屋を割り当ててもらえて(平日だから空いてた?)他のツインルームの倍以上あるところでした。水周りも広々、ソファー周りも広々で、ゆるゆると休息。翌日に備えます。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-04-08 10:09 | 中学受験 | Comments(4)

Commented by スケルツオ at 2012-04-08 14:57 x
わ~~、アンダンテさんの旅行記、読んでたら私も京都に行きたくなってしまいました。

よくよく考えてみたら、一番最近、京都に行ったのは子供たちがまだ小学生だったから10年近く前かな。
その時はアンダンテさんとは逆で、タクシーで京大正門前に行って、正門わきのカフェで昼食。
時計台下の売店で京大グッズ買って、工学部抜けて農学部正門前通って銀閣寺へ・・。
そこから哲学の道を南下・・・というコースでした。

人力車なんて、何てオシャレなんでしょう。
きっと今の京都に行ったら、浦島太郎状態かもしれません。
Commented by an-dan-te at 2012-04-09 12:14
スケルツオさん、
いいですねぇ京都。私もすっかり気に入ってしまいましたよ。
> そこから哲学の道を南下・・・というコース
ほんとだ、逆順ですね。

そのうち、子どもたちをおいといて、スケルツオさんに京都を案内してもらうツアーを組もうかしらん♪
Commented by きーちゃん at 2012-04-09 15:17 x
それ、私も参加したいです!
いいないいな!
Commented by an-dan-te at 2012-04-10 12:06
きーちゃんさん、
いいよね~
優雅な生活ってかんじ。

<< 予習こそほんとうの勉強 京都タワーから清水寺まで >>