遅寝+早起き、できません。   

六年生カリキュラムに入って二週間。とにかく一週間回りません~てな状況で、親は課題のことを考えてたけど、喫緊の問題はそこじゃない。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←ショートスリーパーがうらやましくもある

睡眠時間。

塾から帰って来て、「計算まだだった」とか、お風呂とか、明日はなわとびがいるんだけどどことか、どうしても寝るのは10時半ぐらい。いや11時近くなることも…塾の授業の復習はその日のうちにやってしまいましょうなんて立派な心がけは持っていないというのになんでこんな時間になるんだ!!

朝は朝で、学校があるんだからそんなに遅くなるわけにはいかないし、そうだ漢字の宿題が、とか、さらに卒業式の合奏のための朝練だかなんだか入ってきて時間のなさに拍車をかける。7時には起きたいところだが、なかなか起きられなくて7時半くらい。

10時半~7時とすれば8時間半。人によっては十分、いや十二分と思われるが、「よそはよそ、うちはうち」という格言もあることとて、本人的に足りないんだから仕方がない。

土曜日に学校(…もしくはチョコ教室…)があり、日曜日は日特+テストだとすると、とにかく休みがまったくない。寝坊できる日もない。そうすると、だんだんよれよれしてきてしまう(目の下にクマ)。

だめだこりゃ。週に一度は寝坊できる日を作ろう。

昨日は、朝練から始まって、四時間授業、家に帰ったら大急ぎでお昼食べて支度して、二時から七時なんぼまで塾、遅めの晩御飯を食べてと。課題は終わってないわ本人はヨレてるわで、これで明日さらに早起きして日特+テストとか無理むり。

ということで、「土曜日に学校があった週は日特を遅刻または欠席して、寝坊と残りの課題」というプランを提案してみたところ、はなひめも賛成。

早々と脱落しました。。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-02-19 08:36 | 中学受験 | Comments(14)

Commented by ぎどん at 2012-02-19 09:01 x
我が家の解決策は

風呂なんざ入らんでええ

でした(爆)。
「明日縄跳びが要る」的問題もあったんだろうけど
当人が何も言わないのでまるっとスルー。
それでも6年の5月くらいは、
運動会の練習とあいまって当人がド疲れ果てていて、
「塾休んで寝ていい」
と言ったら16時間ぶっ続けで寝たりしていました。

大変ですよね。
何か省略しないとやってられんのだし、
塾欠席したって周囲にかかる迷惑はほとんどないんだから、
欠席だろうが遅刻だろうが何でもアリ、と思います。
何とか乗り切ってくださいまし。
Commented by こまち at 2012-02-19 10:40 x
我が家にもサピ6年時でさえ平日は8時間半〜9時間(8時間だと目の下にクマがw)、休日は9時間半〜10時間寝ていたロングスリーパー息子がいるので、とーってもよくわかりますよ!

でね、実際問題、この睡眠時間でも首尾よく志望校には合格したので問題がないといえばないのですが、ハハの私が思うに、睡眠と引き換えになったのは併願校対策だった模様なのです(^_^;)
そういう意味で、睡眠優先という方針は絶対に正解だと思う一方、特に6年後半になったら睡眠時間と引き換えに何を捨てるのかはよく吟味した方がいいかもです〜♪

まだまだ先は長いし、しっかり寝て体調を調えて頑張ってくださいね!
Commented by まめっちママ at 2012-02-19 19:52 x
こちらのブログには初コメントです。
睡眠は本当にとりたくてもなかなかとれないです。うちの娘は
超ショート睡眠で生活できるタイプなのですが、子供によっては
8時間寝ても足りないってことありますよね。
我が家は私も含めて睡眠はめっちゃ少なくても生きられる
便利?な家族です。あっでも、風呂なんか入らなくても死にはしない
っていうぐらいの気持ちはありましたね。本当に疲れた時はそのまま
爆睡したことも(笑)友人の娘さんは、玄関で倒れ込み、そのまま
爆睡。着替えもできずお風呂にも入れずご飯も食べず、眠ってしまった
そうです。う〜ん、そんなこともありなのが受験?でしょうか。
Commented by ぎんが at 2012-02-19 20:44 x
わが家的にタイムリーな話題です、本当に。

睡眠不足 → 機嫌は悪く・動作は遅く → 寝るのが遅く → さらに睡眠不足 という魔のスパイラルに落ち込まないためにも、週単位での睡眠不足解消は死守したいところですよね。

「週に一度は寝坊の日」作戦、参考になりました。
Commented by ななっち at 2012-02-19 20:49 x
まさにまさに、今のわが家の問題点

昨晩なんて、テスト前日なのに夜7時すぎにはうとうと(^^;)
今時幼稚園児だって、起きてる時間ですよ~…(>_<)

早く寝たいのだったら、もっと集中して課題を終わらせて~(切実)

なにかを削る…
わが家は、日特を削ってなお、この有り様です(;.;)
Commented by an-dan-te at 2012-02-20 07:05
ぎどんさん、
> 風呂なんざ入らんでええ
確かに。でも、冬の寒いときってついあったかい風呂が恋しくて…あぁでももちろん、夏の暑いときは入りたいですよね…うーむ

> 「塾休んで寝ていい」
> と言ったら16時間ぶっ続けで寝たりしていました。
まぁ、ほんとにダメそうなときはこうやるしかないですね。

はぁ~根性と体力もなく要領も悪い中でやれるようにやるってそれはもうぬるぬるの受験生生活ですわ。
Commented by an-dan-te at 2012-02-20 07:14
こまちさん、
もう~終わりよければすべてよし、ですよね。
しかし、
> 睡眠と引き換えになったのは併願校対策だった模様なのです(^_^;)
ひぃ~
体験の重みがあるお言葉です。

> 特に6年後半になったら睡眠時間と引き換えに何を
> 捨てるのかはよく吟味した方がいいかもです〜♪
わー、何を捨てたらいいんだろ。
まぁ、うちの場合は、そもそもそこまできっちりした「対策」をしないって話はあるけど…
Commented by an-dan-te at 2012-02-20 07:19
まめっちママさん、
> 超ショート睡眠で生活できるタイプ
うらやましい~

こじろうもロングスリーパーではあるけど、同じ量の課題をこなすのにもっと短い時間で済んだからまぁなんとか…はなひめの場合はもぅなんといいますか…

> う〜ん、そんなこともありなのが受験?でしょうか。
そうなのかもしれないけど。そこまではしたくないという気持ちも捨てきれず。
いろいろ削るしかないですねぇ~
Commented by an-dan-te at 2012-02-20 07:21
ぎんがさん、
あぁその、まさにそのスパイラル。
日単位で無理ならせめて週では決着つけないと、どんどんダメダメになってしまうんですよね。

> 「週に一度は寝坊の日」作戦、参考になりました。
(^^;;
Commented by an-dan-te at 2012-02-20 07:24
ななっちさん、
> 早く寝たいのだったら、もっと集中して課題を終わらせて~(切実)
そう、それがいいたいんですけど。

> わが家は、日特を削ってなお、この有り様です(;.;)
削れるところがあんまり残ってないですよね。私は、算数の授業を一部削るとかいうとんでもないことまでちらっと考えたんですけど(!)
Commented by 21vertex at 2012-02-20 07:47 x
人の眠りはノンレム(nonREM)睡眠とレム(Rapid Eye Movement)睡眠を約90分おきに繰り返しており、この2つをセットにしないと心身にとってよくないそうです。

で、最近よく見るのは90分の倍数寝て起きるとスッキリと言ういう説。ナポレオンの3時間も90分×2だし。子どもだと7時間半か9時間かということのようです。

しかし素人考えでは、90分というのはきっちりした値ではなく個人差もあるとは思うのだけど。なぜに一律に90分の倍数なんかは疑問ではあります。
Commented by yoyo at 2012-02-20 08:06 x
わたしは 何一つ省略させたつもりはないのですが、
chobiは 自主的に「着替え」(お風呂からでたあと翌朝着て行く服を着て寝ていた)と「学校の宿題と時間割」「塾の宿題の一部」を省略していた様子。
合格したんだからいいでしょ…と 毎日恐ろしい告白がでてきます (--〆)
Commented by an-dan-te at 2012-02-20 22:22
21vertexさん、
90分の倍数説は私もなんどか見かけたのですが、そんなきっちりしてるはずはなし、もしちゃんとモニターして「*時以降でちょうどのときに起こして」というセットができる目覚ましがあればまぁいいかもしれないけどね(^^;;

そもそも、90分サイクルの何倍寝るかで、やっぱり結果は変わるだろうと…目覚めはさわやかだったけどやっぱ眠いわこりゃ、とかいうこともあるかな?
Commented by an-dan-te at 2012-02-20 22:24
yoyoさん、
ま、結果オーライですけど。chobiくん自主的に柔軟に「調整」してたのね(^^;;

時間割は我が家でも、そろえなくていいように全部入れとく、というのは兄直伝のノウハウです(?)

<< 脱ゆとり時代の塾通い そうだ 京都、行こう。 >>