塾いらずの学校って、どこのこと??   

私立中を選ぶときに、塾いらずかどうかというのが気になる人は多いと思う。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←塾なし大学受験を目指させたいですか?

私の場合、なにしろ自分が中高一貫に通いながら結局駿台で受験勉強したので、まぁ塾に通うことになるのはそれはそれでしょうがない的な気持ちも持っているのだが、私立の月謝とダブルになる金銭的負担とか、ダブルスクールになる本人の時間的精神的負担とかあるから、避けられるものなら避けたいと考えるのは真っ当だよね。

どういう条件があれば塾いらずかっていうと、まず考えるのは、
・学校の勉強をしていれば、大学受験に対応できる。
ということ。私が通っていた当時のJGはこの部分についてテキトーだったので(別に中身がない授業だったというわけではない。受験向きでないだけ)、ガーッと受験勉強したい人はだいたい外部調達してたが、幸い地の利がよくて駿台でも代ゼミでも河合でも、通い放題。そして、学校の勉強については、手を抜いていてもそれについて追及されることがなくて両立は比較的楽だから、そういうのもありといえばあり。

…お金たくさん払ってくれて、ありがとうございます>私の両親

でもね、もっと大学受験に向いた進学校って、じゃあ通塾率が低いかっていうとそんな話もあんまり聞かなくて、むしろ低学年からハイレベルな塾に通ってさらに先をめざしていたりとか。

なんだか、学校がいくらきちんと授業してるからといって、塾に通うことがなくなるというものでもなくて、結局それより早く・高く(?)を目指す場合とか、学校の授業の仕方が好みでないとかいう場合に、塾に通いたくなるという事態がなくなるってわけじゃない。

こういう意味での塾通いが「確実に」必要ない学校といったらそれは、それこそこじろうの学校のような、大学受験をしないことが基本のところしかないと思われる。伝統校だろうが新興校だろうが、超がつく難関校だろうが中堅校だろうが、ともかく進学校でありさえすれば、お子さんが高校生になっても「塾に通いたい」と言い出さない保証のある学校なんてものはない(*)。

でも、塾に通う通わない問題はそれだけにとどまらないのであって、それよりずっと手前の学年(たとえば中学生の間)から話に出てくるのが、
・やる気がいまいちの子どもに、学習習慣をつけ、学習内容を身につけさせる面倒見があるか。
というところ。

要するに、必要な教材と学習用具をそろえて心の準備もできた状態で遅刻せず授業に臨み、授業をちゃんと聞き、定着に必要な復習または宿題をして、試験前にはそれなりの準備をしてテストを受けると。そういうことをできていない子がいたら、どの程度、首根っこをひっつかまえてなんとかしてくれるのかどうかということである。

つまり、これをしておきなさいという課題の指示を出すだけではなく、提出にして、提出しない子にも、粘り強い指導をして出させるまでとにかく付き合うとか、小テストの積み重ねで日々の学習を確認するとか、定期テストで理解不十分な子には補習や追試を行うなどである。

とりわけ、中学受験では塾と親で手取り足取りやってきたという場合の親にとっては、この部分ってかなり気になるポイントではないだろうか。中学生になってからは、親がそういう部分をチェックして回そうなんてことは、思い立つ人もあんまりいないだろうけど(^^;; それ以前に絶対そんなことはうまくいかないので、せいぜい先生にがんばってもらうくらいしかないから。

この部分の面倒見がたいしてない場合は、大学受験という意味でなくて、補習的な意味で塾にお願いしたくなる(本人がというより親が…)場合があり、これは、進学校であってもなくても避けることができない。

こじろうの学校であっても、この意味での塾通いはないではなくて、率は把握してないけど、数学と英語のどちらか苦手なほうについて個別塾に通っているとかいうのはわりとありがちな話のようである。

こちらのほうの塾通いの必要性がなくなるほど「面倒見がよい」学校というのは、あるのかもしれないが、そこまでがちがちになると、学校の指導のテイストに合わない場合につらすぎるので、ものごとはなんでも、それなり「ゆるみ」「いい加減さ」があるほうがいいんじゃないかなとも個人的には思うのだ。特に、一つ目のポイントと二つ目のポイントを兼ね備えた、「面倒見ガッチリ、大学受験勉強バッチリ」の学校というものがあったら(あるのか??)、ちょっとそれは窮屈すぎるような気がする。

…そんなことを考えると、塾通いを避ける方針であるにしても「ほどほどのバランス」で学校選びをするのがいいかなとも思う。もちろん、「バランス」というのは、お子さんのキャラとのバランスでもあるわけですけど。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

(*) だからって、お子さんが塾に通いたいといったら通わせなきゃいけないってことではないんだから…

この方向での(大学受験勉強のための)塾通いを阻止したいと思うならば、まず、学校説明会その他でよくよく情報収集をして、学校側の、大学受験勉強に関する充実度を確認したうえで、さらにお子さんとよく話し合って「説明と同意」を作っておく必要がある。つまり、うちとしては、この学校の月謝を出した上に予備校までばっちり通わせるほどのお金を出すつもりはない。だから、学校をよく利用して、あとは自力で勉強するようにしなさい、それでなくては私立の月謝は出せないと。

もちろん、それでもやっぱり塾に通いたいといわれるかもしれないけれども、親が一貫して方針を示していれば、そこを基本に話し合うことはできるし、やはりその辺、中学入試のときから親がはっきりしているなら、お子さんもそこを起点に考えるから、ダブルスクール通わせてもらって当たり前という話にはしないですむ(…んじゃないかな、たぶん)。
[PR]

by an-dan-te | 2012-01-22 21:43 | 中学受験 | Comments(8)

Commented by くるみ at 2012-01-23 11:44 x
私も主人も一度も塾に通ったことがないので、高校受験、大学受験に塾が必要かは半信半疑でした。
しかし息子の塾通いで、塾に対する見方が変わってしまいました。
学校と違う面白い授業、あのダラけた息子が塾だけは生き生きと通い、そして、塾の授業と宿題をするだけで、成績が上がって行く。(元が空っぽだったせいかもしれませんが^^;)
なんつうー便利なものが世の中にあるんだと思いました。
できれば受験後も続けさせたいくらいの気持ちになってます。あまりにも息子に合ってるので。
ただ、学校でも授業があるのだから、それを無視して勉強は塾と言うのは、やはり時間の使い方としては勿体ないです。(そういうムダは中学生で終わりにしたい、涙)
放課後は、勉強以外のことにも打ち込んでもらいたいと思っているので、学校の授業(生徒を惹きつける授業)と課題とで、ある程度は学力がつくやり方であって欲しいですね。
頑張っているがなかなか成績が伸びなくて塾というならいいですが、授業が面白くなくて聞く気が起きず、宿題も出ず、かつ放任。それで塾というのはちょっと・・。
昔の公立高校はそんな感じだったんですけどね^^;
各家庭で考え方は違うと思いますが・・。
Commented at 2012-01-23 13:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nonchan at 2012-01-23 15:39 x
どういう条件があれば塾いらずか・・・
それは、田舎過ぎて通える塾がない学校です(爆)
かつてのラ・サールはそういう学校だったのですが、今はそうでもないみたい。(都会になったらしい)
今、そんな学校っていうと・・・ぱっと頭に浮かんできたのは、函嶺白百合や不二聖心ですが、実態は知りません。海陽中等教育学校あたりもきっとそうかな。
Commented by トマト at 2012-01-23 20:10 x
最近見えて来たうちの学校の塾事情。それは学年の雰囲気。類は友を呼ぶ、というより、誰かが通い始めると(親and/or子が)それに煽られてまた通い始める構図みたい。だから、学年によって通塾率はずいぶん違うようで。通塾率が低い学年は放課後学校に残りがっつり先生を捕まえて、学年全体で受験勉強に盛り上がるのだとか。ついでに言うと、やんちゃな学年が一致団結して受験勉強に向かうと、いい結果みたいです。
Commented by an-dan-te at 2012-01-23 23:05
くるみさん、
そりゃもう、公立小中の授業しか受けたことない子がまともな塾に行ったら、生き生きしちゃうと思いますよ(^^)

でも、わざわざ私立中に行って、さらに塾に行かなくてもよさそうなもんですよね、リクツからいえば。こじろうの場合、英語はやっぱり説明のされ方が、塾のほうが(文法で説明してくれるほうが)ぴったり来るらしくて、学校だけだとだんだんわからなくなってきてしまうらしいので(-_-;; もうしょうがないかって感じでした。違う方向から二回同じ内容を聞くとわかりやすいんだって。ぜいたくですね~

ま、単科ですし十二分に遊んでたからいいでしょう。
Commented by an-dan-te at 2012-01-23 23:08
***(2012-01-23 13:22)さん、
どういう面を期待してるか(親が)ということをはっきりさせて、子どもにもよく話をして選んで、あとはもうやってみるしかないですよね。

もう、ここに入れたからゼッタイ何々、というような考え方は、なんによらずあまりうまくいかないと思うのです。
Commented by an-dan-te at 2012-01-23 23:10
nonchanさん、
あぁ確かに…(^^;;
うちから通える学校でいうと、穎明館とかが近いイメージかな?
Commented by an-dan-te at 2012-01-23 23:12
トマトさん、
気になる? つられる? というのがあるのね。
こじろうの学校は、勉強に関して競争心がほとんどないからちょっと違うみたいだけど。

学年カラーというのは、いろんな面で出てくるもので、それがおもしろいのよね。
> やんちゃな学年が一致団結して受験勉強に向かうと、いい結果みたいです。
おぉ。なんかいいですねぇ。

<< 六年教材受け取りはリュックを持って 切れたときの私は、静かです。 >>