いろいろあった一年   

今年の最初がどんなだったかと思って、一月ごろの記事を読み返してみたら(ブログ便利)、そのころはまだ「なんと」日能研に通っていなくて、なんとか滑らかに新生活を迎えられるようにと心の準備をしているところだった。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←一年経っただけのことはあるんです、たぶん

なんかそれからいろいろありすぎて、とても遠い話のような気がする。

年々、自分の年齢が進んでくると、「一年」が早く経つようになってくるとはみんな言うことで、そういう実感はもちろん今年もあるんだけれど、通塾が始まってからのせわしない週のリズム、それから震災のビフォーアフターまであったもので、すごく長い一年だったような、そういう引き裂かれた気持ちがある。

それで、いくつかそのころの記事を読み返してみて思うことは:
はなひめが成長したなぁということ(^^)

成長というのは、親はいつもリアルタイムで日々見ているもので、落ち着いて振り返ってみないとあんまり実感することもないし、「もっとこうやればいいのに」などと常に先を見て欲深いものだから、現状に満足してるってことにはなかなかならないものだ。

もっときちんと勉強できている子はいくらだっているだろうけど。ほら、親が子どもによく言う言葉があるでしょう、「よそはよそ、うちはうち」って。あれはやっぱり親のためにもある言葉で。

よそと比べるんじゃなくて、本人の一年前と比べる。そうすれば、

算数がたいへんだたいへんだといったって、基本は着実に進めているし、
社会がぼこぼこだたいへんだといったって、ともかく話はいろいろつながってきている。

そして何より、
集中力が問題だといったって、一年前とはまったく違う。
受験生の自覚が足りないといったって、だいぶ「やらなきゃね」という気持ちは持っている(推定)。

今回、冬期講習の抜けた分を家でやろうという無謀な計画になっているが、欠席が三日間、それを12/30~1/1の三日間で片付けて、1/2には祖父母宅に行こうという目標がはっきりしているせいか、まぁまぁの集中力で片付けている。国語はなかったことにして、算・理・社はなんとか埋まりそうで、これは私の予想を上回っているといえる。
#丸一日休みだったら、冬期講習一日分よりむしろ余計にできる勘定じゃないの?? というツッコミは却下

だって、あんまりモメないでスムーズにやってるのよ!! すごいと思わない??
勉強の量がたいしたことないのは、年賀状書いたり、みんなで映画みたり、ゲームやったりとまったり過ごしているからであって。勉強として区切った時間の中が、ちゃんと使えているってことがとっても収穫です。

というわけで、いちおうなにかと実のあった一年間でございました。

…と、思うための呪文を…それではみなさんご一緒に~
「よそはよそ、うちはうち!!」

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2011-12-31 22:48 | 中学受験 | Comments(2)

Commented by あこ at 2012-01-02 14:07 x
あけましておめでとうございます。
『よそはよそ、うちはうち』ですね。

今年もよろしくお願いします。
Commented by an-dan-te at 2012-01-03 10:21
あこさん、
今年もよろしくお願いします(^^)
昨日より、一歩前へ、だんだんといきましょう。

<< 今年の抱負とご挨拶 六年生向け1月記事ピックアップ >>