六年生向け1月記事ピックアップ   

いよいよ2011年も残すところ一日ちょっと。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←こじろうは太鼓の達人中、はなひめは年賀状書き中(遅っ)

こじろう六年のときの一月記事から、六年生向け記事のまとめを作っておきます。

・過去問の取り組み、仕上げ
こじろう版一月計画表…一月前半の勉強状況
アーモンド入りチョコレートのワルツ…赤本解答がいまいち信頼できない件
二度目の正直!? 過去問の解きなおし
トンネル(メモチェ)開通おめでとう(^o^)/
穴が残っちゃいけないの??

一月前半の記事で見るこじろうの様子ときたら、「おぃ、コイツ大丈夫なのかよ!?」って感じで(-_-;; ほんと受験生の自覚に欠けているようにしか見えませんが。それでも大丈夫だったってことで、今、「受験がこんな親がかりでいいのか??」と悩んでる方がいらっしゃいましたら、もうここまできたらこのまま担いで走っちゃってください、なるようになるでしょ、と申し上げます(^^;;

それで、一月に入ってようやく「ひととおり」メモチェ社会が開通するという、特に暗記に関しては危機的状況にあったこじろうなので、よいこはマネしてはいけません的なお話ではあるのですが、一部の出来杉くんはともかく、たいていはあちこちに「穴」を抱えてひたすらふさいでいる一月だと思います。まぁそんな感じで、たんたんと、やれるだけのことはやる、それ以上は諦める、と。いうことで意外と静かな日々です、受験直前というのは。

・一月本番
いよいよ初本番!!
KAIZENの日々…初本番翌日の記事
今日は本番&最後の日特
さて昨日の反省会など…二度目の本番翌日の記事

一月受験では二校受けました。一つ目は、東京受験のある地方の学校で進学意思はなく、二つ目は、進学意思のある埼玉受験でした。どちらも、ものすごい人数の中でアップアップです。
これまで、何度となく模試を受けていましたが、本番というのはやっぱり本番なりの違いがあるもので、どうしても行きたい学校の前に、手順をしっかり確認しておくってのは安心材料になるかと思います。
一校目はよしぞうが、二校目は私が付き添いました。二校目の私のような失敗(子どもの受験番号がわからず引渡しのときに困る)をしないようにね、みなさん…

二校目は、難易度からいってもあまり余裕なく、第一志望校に比べてずっと過去問の相性は悪く、それでいてあまり準備をしていませんから、よく受かったものだと思います。これに受かったことは大きな自信になって、本命受験によい影響をもたらしたといえますが、落ちていたらどうだったのか?? これはわからないのですが、その場合は塾にフォロー(カツを入れるともいう)をお願いしていたかも。

・健康第一
マスクをするとかしないとか
よしぞう隔離騒ぎ
単に、風邪を引いてなく、骨折とかしてなく、インフルエンザにかかってない状態でテスト受けたいってだけでこの騒ぎ。傍から見たら頭おかしいんじゃないのって感じかもしれないけど、でもねぇ、二年~三年間の準備がこの一日(2/1)にかかってるんだから、本人+家族としては真剣です。
高校受験とかはここまでの緊張感はとてもじゃないけどなかった…
2/1に凝縮された中学受験ならではの空騒ぎです。

でも、結果的に、何事もなくテストを受けられてほんとうによかった。こういうのって、「万全」ということはないものだし、あんまり神経質にしてもかえって具合が悪くなりそう。あくまで可能な範囲で危険を避けたら(=人事を尽くして)あとは運に任せる(=天命を待つ)しかないです。皆様がどうか無事に本番を迎えられますように。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2011-12-30 17:21 | 中学受験 | Comments(0)

<< いろいろあった一年 年内授業終了~ >>