保育園育ちと幼稚園育ち   

我が家の子どもたちは、三人ともそれぞれ六年間、保育園に通っている。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←いまさらどっちがよかったとかいっても始まらないしね

幼稚園でなく保育園に通わせるということは、我が家にとっては生活の必然であって、特に保育園と幼稚園のどちらがよいかということは検討したこともない。

またろうが小学校に上がったとき、またろうは間違いなく「授業になかなか参加できない子ども」ではあったのだが、それを「保育園育ちのせいだ」というふうに言った先生はいない。というか、幸い? 同じ保育園出身の子で、たいへんきちんとした子もたくさんいたので、そういう発想にはならなかったのではないかと思う。それと、地域的に最大数を輩出する幼稚園が、保育園以上にワイルドなどろんこ系保育をしていたため、「幼稚園出身のほうがきちんとしている」というイメージができにくかったということもある。

それで、そのへんの感覚は体験にもよると思うが、せいぜいが、小学校に入ってすぐ、ちゃんと席につけるか字が書けているかというような違いに影響するだけ(影響するとしても)であって、その後、小学校の高学年にもなって勉強ができるとかできないとか、そんなことに影響すると思ったことはない。

ないけれども、21vertexさんが紹介してくれた調査がおもしろかったので、ご紹介。
これは、「平成22年度 全国学力調査・学習状況調査調査結果のポイント」という、国立教育政策研究所の出している資料で、要するに、あの公立小で受けさせられるテスト&アンケートのまとめ。

このPDFの18ページにあるのが、国語や算数/数学のテスト正答率を、「保育園出身/幼稚園出身/どちらもいってない」で比べたというもの。結果は、「幼稚園>保育園>どちらもいってない」の順になっている。

これは、単なる調査結果であって、「それで?」…何がいいたいかというのは何も書いていない。これ(だけ)を元に「よって、幼稚園のほうが保育園より教育効果が高いことがわかる」なんて解釈を書こうもんなら、「んなこといえるわけないだろ」とつっこまれることは目に見えているからそんなことはもちろん書かない。書かないけれども、このグラフを見た人が容易にそういう発想に導かれがちなことは百も二百も承知なうえで、こういうグラフをぽんと提示するというのは、もちろん確信犯でやってることでしょうね(研究所の人だもんね)。

先日、「水」の話と「ゲーム脳」の話を書いたけれども、その話を取り上げている「科学と科学ではないもの」(菊池誠)という文章がある。(「もうダマされないための「科学」講義」 光文社新書)

その中でちょうど読んだばっかりなんだけど、文科省のウェブサイトに掲載されていたパンフレットの「ぼくたち わたしたちの食生活 朝食を食べることとテストの結果を比べてみよう」というところ。調査結果自体は、上にあるものと同じように、ただ結果をグラフにしたもの…「朝食を食べている」ことと「成績がよい」ということに正の相関があるというものである。そこまでは、嘘でもなんでもないのだが、イラストにあるキャラクターに「朝ごはんを食べて成績アップだね!」「よし、これからもきちんと朝ごはんを食べよう」と言わせているところは、ほとんど怪しげな健康食品の広告の手法と変わらない。

つまり、これは相関関係と因果関係を故意に混同しているもので、もちろん朝ごはんを食べるってことは悪くはないので(水がどうたらいうのを信じて挨拶したって悪いことはないのと同じように)、ニセ健康食品を売りつけてるわけじゃないんだけれども。仮にも教育関係者のモラルとしてどうよ。

この、菊池氏の文章の中では、疑似科学で用いられる手法がコンパクトにまとめられている。ご興味のある方はどうぞ。

それで話を戻すと、この調査結果が…統計的に有意な差があると仮定して(知らないけど)、それはいったい何のせいなのかと。
・保育園より幼稚園の教育効果が勝っているせいなのか
・そもそもそれ以外の状況が違うせいなのか

それでここから先は、私の個人的な生活実感であって、科学でもなければ調査結果でもないのだけれども、たぶんこの結果を、所得階層で正規化したらほとんど差が埋もれてわからないくらいになるだろうと想像する。

つまりどういうことかというと、保育園/幼稚園/どちらもいかなかった、の所得分布はかなり違うカタチをしているわけだが、それが無理やり同じ形になるように掛け算をしてそろえてからグラフを描くわけ。

保育園と幼稚園、どっちが「平均」所得が高いかは知らない(昨日検索したけど出てこなかった)。21vertexさんもいっているように、推測するに微妙だけれども、そうではなくて、ある程度以上低いところは保育園のほうに多く存在する。

幼稚園に通わせることができる、ということは、金持ちではないにしてもある程度生活が落ち着いていて、専業主婦か短時間パート主婦を維持できるという場合が多いわけだ。一方、保育園には、バリキャリ(←死語)の共働きもいて、平均年収は押し上げられているけれども、二人の収入を合わせても、あるいはシングルで、生活が苦しい人がある程度含まれている。

年収が800万だろうが1000万だろうがさらに2000万になろうが、それで子どもの学力が上がるかどうかは微妙だけれども、金銭的に生活がぎりぎりであればそれは多くの場合、学力低下をもたらすことは否定できない。

そういったことももろもろ知っていながら、あえて黙ってこんな報告書をまとめてるお役人なんかキライだ~

…と、思ったんだけど。昨日検索してたら、「高松保育園内地域子育て支援センター」の「おうまのおやこ」という広報誌に、これを逆手にとってこんなふうに主張してみては、という提案が:
-----
「幼稚園と保育所では学力に差があるという統計がでました。しかも幼稚園関係者は、
その原因が充実した遊具や広い運動場にあるとおっしゃっていますが、まさしくその通り
だと私も思います。
だったら今すぐ、すべての保育所に充実した遊具や広い運動場を設置すべきですよね。
ゆめゆめ『近くに公園があれば、それを園庭とみなしてもよい』なんて基準をおくべきで
はないですよね」
------
おぉっ!! だまされたフリしてのって、実利をつかむ!!

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2011-12-14 08:06 | 中学受験 | Comments(21)

Commented by eilay at 2011-12-14 09:34 x
この手の話題になるとときどき湧いて出てきてすみません。

この調査結果が公表されたとき、某大手全国紙が”幼稚園出身の子の正答率、高い傾向 全国学力調査”という見出しで大きく取り上げたんですけどね、そこに全国国公立幼稚園長会の会長のこんなコメントを掲載したんです(高松の子育て支援センターの方はこれを引用してらっしゃるのだと思います)。

「幼稚園は、充実した遊具や広い運動場で体験を通して主体的な学びを
積み重ねている。勉強が難しくなる6年生ごろから学習意欲で差が出るのでは」

私、これを読んで「天下の○○新聞が何を書いているんだ?!」と激怒しました(ー"ー#)

でも、そのあとに、発達心理学や教育社会学の専門家の「その結論はちょっと違うんじゃないか?」という意見が書き添えられてましたが。アンダンテさんの分析と同じことが書いてありました。でも記事の見出しだけ見た人には誤解を与えたと思います。

ちょっと前に英才教育で大きな話題になった『ヨコミネ式たちばな”保育園”』の園長先生はどう思われたのかな?と、ちょっとイジワルく考えてもみたりして。”おうまのおやこ”のご意見、ナイスです!



Commented by bun at 2011-12-14 10:01 x
幼稚園といってもいろいろあり、のびのび保育が売りの
ところから、英・美・体・音の専門講師がいる幼稚園まで。
教育意識の高い家庭がそういう幼稚園を選択するわけ
なので、幼稚園で学んだことの影響というより、そういう
家庭の意識・環境が持続して成績に反映してるんだろうな
と思います。
知識欲旺盛な子は、早くから触発されて開花が早まるかも
しれないですね。
もともと遅咲き型の子は、逆に早くから劣等感を抱いて
つぶれて遠回りになる場合もありますね・・
Commented by ぽん at 2011-12-14 12:08 x
家も生後、1年(長女)と、3ヶ月(弟)から二つの間逆のタイプの認可保育園に別々に通いました。
(希望じゃなくて割り振りで)

長女:保育士が未熟、園長が素人。絵本はあるだけ、保育士が読むことは無い。スプーン利用で箸は使わせず。子供は据わってビデオを見ていればいい子。外遊びほぼなし。年長になると文字と数字を指導する。

息子:ベテラン保育士と志のある園長夫婦の手作り保育園。はだし保育。絵本は一日4~5冊読んでくれる。手遊び、工作、外遊び。ビデオ・テレビなし。教育(文字、数字)なし。1歳からオムツなし(おまる)。2歳から箸。

で結果は息子の学力や学習態度は格段によくなってしまいました。

でも、さらに長女は成長してからは幼少期の自分の状況を「弟はいい環境だった、うらやましい」と言いながら、生活習慣でも集中力や学習態度でも直そう、取り戻そうと自覚して努力するようになりました。
今では、箸使いの下手さ加減をのぞけば、十分リベンジできていると思います。

どこで育ったか、どう教育されたかを子供は自分自身で取り戻せるのかなぁと我が子の実験結果では思います。
Commented by ももれんじゃ at 2011-12-14 18:33 x
かの昔、某市の福祉計画策定委員として、子育てに関する施策について話し合いやら何やら頑張ってたことがあります。モチ保育園保護者の立場で。

そこに幼児教育の知見を持つ方として、白梅の教授がいらっしゃいましたが、どうみても子育てしてねーだろっ!って人でした。発言はまさに今回の流れと酷使してるし。調査前から自説に持っていけるようなアンケート設問なんで、あり得ない状況でしたよ。

知り合いの小学校教諭が言ってたけど、だいたい一年生の半ばには差が無くなって分からなくなる、と。地域や個人での差はあるかもしれませんが、幼稚園も保育園も色々ですね。
Commented by ももれんじゃ at 2011-12-14 18:41 x
ちなみにうちの子、椅子に座っていることはできましたが、文字への興味が無くてひらがなも数字も知らずに入学しました。隣の女の子が名前を書いてくれたかな。
Commented by an-dan-te at 2011-12-14 20:25
eilayさん、
幼稚園長会の会長さん、テキトーなことをおっしゃいますね~つっこみどころ満載だわ。つっこまずに逆手に取る「おうまのおやこ」の発想はナイスですね。

> でも記事の見出しだけ見た人には誤解を与えたと思います。
要するに、そういうことですよね。報告書は、子ども向けパンフレットのような「イラストからフキダシ」での誘導はないものの、この結果が「因果関係と相関関係をごっちゃにして」一人歩きしてくれることを期待しているんですよね。

ところで、何がいいたかったのかな?? 幼保一元化のからみで某省と主導権争いでも??(^^;;

Commented by an-dan-te at 2011-12-14 20:29
bunさん、
ほんと、ひとくくりにできないくらい違いますよね、教育内容は。幼稚園/保育園というくくりで違いがでるところは、やはり保育時間の長さと家庭環境でしょうか…

保育時間が長い分、充実した活動ができていたし、それは決して各家庭でどうにかできるレベルじゃなかったと思うんです。保育園には感謝です(^^) うちの子にたくさん至らないところがあるにせよ、別に保育園の問題じゃないですよ(笑)
Commented by an-dan-te at 2011-12-14 20:32
ぽんさん、
それは長女さん、たいへんでしたね。でもちゃんとその後、補うべきところは自覚して補い、本来のポテンシャルを発揮できているようでなによりです。

保育環境、家庭環境、何をとってもなかなかパーフェクトということはないのですが、親は可能な範囲でベターを目指すし、子どもはなかなかたくましく(というか元々持った性質に沿って)ぐいぐい成長していくという感じがします。
Commented by an-dan-te at 2011-12-14 20:42
ももれんじゃさん、
経験のない「専門家」の知見とやらはつっこみどころの宝庫ですね(^^;; なかなか疲れそうな、ある意味貴重な体験というか。

私は、学童の市連絡会で交渉しにいったとき、役所の対応というものにどっと疲れた経験が。

あ、字を教える教えないというポリシーの差は、現状、幼稚園と保育園でけっこうありそうですね。別に、教えたほうがいいって結論になりゃ、保育園でも教えればいい話だけど。またろうのときは、ほんとに読み書き白紙~で入学しちゃいましたけど、はなひめはすーらすらでした。同じ保育園出身には見えないくらい(笑)
Commented at 2011-12-15 09:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あんず at 2011-12-15 13:46 x
この調査、3歳から6歳までの間に通っていたところが幼稚園か保育園か…となっていますが、0歳や1歳から保育園に通っていた子の平均をとったら案外学力高いんじゃないでしょうか。うちは二人とも0歳~でしたが、学校の先生、公務員など多かったですよ。年小クラスぐらいからは、パートで働いている人が多くなってきたような記憶があります。
幼稚園出身のほうが学力が高いという見かたはあるとしても、世の中に出て使える人間になるかどうかは、別問題ですよね。
保育園母は、毎日フルタイムで働いている人が多いので、子どもには「とにかく使える大人」になってほしいという傾向ありませんか。職場の誰かを想像して、”いい大学出ても、●●さんのようにはなってほしくない”とか。いい見本も悪い見本もそこらじゅうに転がってますもんね。
Commented by あまちゃん at 2011-12-15 19:46 x
こういう調査結果が安易な結論に導かれがちなのは、常なることだけど、アンダンテさんの[年収]という分析もちょっとどうかな~。どちらかというと家庭での[時間]の余裕の違いではないでしょうか。うちもそうなんですが、やはり共働き家庭は、子供がいるの?小さいときに一緒にいてあげる時間が必然的に少ないです。あと、うちがいま一番気になっているのが、就寝時間がどうしても遅くなってしまうこと。慢性的睡眠不足ですね。そういったことが学力にも少なからず影響があるような気がします。ま、ようは、幼稚園か保育園かではなくて、共働き家庭か専業主婦家庭か、てことですかね。
Commented by 21vertex at 2011-12-15 21:01 x
横から失礼します。あまちゃんさんの説に一理あるかもと思うのは。
中学受験する家庭の母親って専業主婦かパートか、ともかくフルタイムで働いているってのは少ない気がします。現状、中受は親掛かりにならざるを得ないので、フルタイムの共働きではちょっとつらい。
中学受験する人が必ずしも成績上位ってわけではないし、共働きの家庭の子どもが中学受験成功しないってこともないわけだけど。
だから成績そのものには関係なくても、中学受験してみようかと考える割合は専業主婦家庭の方が多いような気がしますね。
Commented by an-dan-te at 2011-12-15 21:20
***(2011-12-15 09:36)さん、
そう、下のほうで「あまちゃん」さんもおっしゃっているように、「そもそもそれ以外の状況が違うせいなのか」の中には、収入のことというよりは、親がどのくらいの余裕時間・関心を子どもに向けたか、その親がどのくらいの教養と見識を持っているかということが含まれるはずです。ただ、そんなことじゃ「正規化」しづらいからね。

直感的には、保育園と幼稚園の教育内容の差で、小学校高学年になってからの「学力」にはっきりした差がでるとは考えにくいです。だって、教育内容の傾向は、多少は差があるかもしれませんが、園によりどちらもさまざまですし、保育園の内容も…ちゃんとした園なら立派なもんですからね(ちゃんとしてない保育園もあるかも)。
Commented by an-dan-te at 2011-12-15 21:24
あんずさん、
要するに、前述の調査は、幼稚園の教育と、保育園の教育を直接比べているのではなくて、「幼稚園の教育+幼稚園に通わせた家庭の教育力」と「保育園の教育+保育園に通わせた家庭の教育力」を比べているわけです。

あんずさんのおっしゃるように、では、保育園といっても、0歳児から通わせている場合と、3歳児以上で通い始めた場合で統計を分けたらどうなるか、というような、より細かい分析をすれば違うものが見えてくる可能性はあります。
Commented by an-dan-te at 2011-12-15 21:28
あまちゃんさん、
そうですね~私がちょっと書きにくかったことをずばりと(^^;; 上の、非公開コメントに対する返事でも書いたんですけど、私の頭の中にあった「そもそもそれ以外の状況が違うせいなのか」の中には、収入だけでなく、親の知識教養生活、余裕時間と子どもへの関心などもろもろが含まれます。

ただ、そういったものを統計に盛り込むのは通常ひどく難しい(無理)なので、そういう違いを「はんなりと」吸収するものとして、たとえば収入階層で正規化したら違う見え方にならないかといったのです。
Commented by an-dan-te at 2011-12-15 22:42
21vertexさん、
うーん、あんまりそういう話にはしたくなかったけど、保育園vs幼稚園の話ってのは結局のところ、専業主婦と共働きの家庭教育力の違いについてつっこまざるをえないとは思います。

ただ、小学受験と違って、中学受験であれば別にフルタイム共働きだからできないってこともないと思いますね(うちだってそうだし)。やりにくい部分はないこともないけど。しかし、そもそも中学受験を思い立つのはどっちが多いか? とか、私立に通わせる金銭的余裕があるのは? とか考えると、実際、中学受験層にどっちが多いかわかりませんよ。
Commented by 21vertex at 2011-12-16 00:16 x
アンダンテさんの方が長くこの世界にいらっしゃるので、中学受験層に専業主婦家庭よりひょっとすると共働き家庭が多いのかもという予想があるとすれば、そうなのかもしれません。
私はそもそもママ友もいませんから、遠くで彼女らを眺め、勝手に専業主婦ではと想像しているだけですので。ただ、長男の同学年ではなく、知人の中受経験者については専業主婦家庭が多いというかほとんどそうではないかということで、上の私の仮説を立てて見たんです。
Commented by an-dan-te at 2011-12-16 18:12
21vertexさん、
こじろうの学校で見た範囲でいうと、小学校からの人はもう圧倒的に専業主婦で、あんなとこフルタイム共働きには入れません。無理ムリ。

中学校からの人は、どちらもいるんですよね…私の知ってる範囲だと共働きが多いような気がするけど、なにしろ私の発してるオーラに一定の傾向があるだけに、バイアスかかってるかもね。ブログを通じて知り合った受験母にはもちろんWMが多いですがこれはなんの参考にもなりません(笑)
Commented at 2011-12-18 17:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2011-12-19 12:05
***(2011-12-18 17:45)さん、
いいですね大自然がお隣の保育園(^-^)
保育園で「お勉強」を教えるわけではなくても、できる子はちゃんとできるようになりますよね。そこは間違いない。

では、園ではどのような教育を(泥んこ系? 知育系? 芸術系? 体育系?)するのが、「より」多くの子を勉強できるようにするのに役立つかっていうと、それは難しい問題です。私は少なくとも、知育系のほうがより良いという感触は持っていないけれども、そのようなことについても実証的に確かめるのは難しい。そのような園を選択する親は、その後も勉強に関心を持っているでしょうから…

専業主婦のほうが中学受験に有利か? というテーマの記事は、書いてみたいような書いてみたくないような(^^;;

<< 五感を使った記憶術?? 冬休み、カリテ算数全解き直しは幻か >>