ネジを巻く方法の…開発!?   

さて、かねてより待望の、「早く」といわないで子どもをてきぱきさせる方法の開発でございますが…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←「早く」といわない生活を目指して(!?)

昨日、ちょっとだけ、気づいたことがありますので書いてみたいと思います。

あ、あんまり期待しないでください。あくまで「ちょっとだけ」です。

こじろうみたいな、欲と集中力と時間感覚があるタイプは簡単で、「今日の課題がすんだらあとはゲーム時間でいいよ」ということで、話はたいへんシンプル。ドライブ可能なわけですが、またろう・はなひめタイプはそういうわけにはいきません。ゲームをしたいという気持ちはあっても、そこに向けて、一日全体のやることを段取って、それを集中して進めていくなんてことはハードル高いです。「どうせ無理じゃん」になっちゃう。

それならと小分けにして、「(課題が)ここまで済んだら10分ゲームね」みたいにしたらどうかというと…それが、なんでか知らないけど、課題を解くのははちっとも速くならない。のろのろと解いてるうちに寝る時間になっちゃったりして、「ゲームの時間がなかった~」と泣かれるのがオチです。「ここまでのろのろやるとは思わなかったよ!!」といっても後の祭り。

つまり、この方式…早くゲームをしたい、と思うだろうという仮定に基づいた戦略は無効です。
やはり「長くゲームをしたい」というモチベーションに訴える作戦のほうがよさそうです。

ということで、たとえば、
「ごはん食べ終わって、お風呂洗いが済んだら、8時までゲームしていいよ」
というようにするのです。

これまでと違うポイントは、
・「何分」ゲームができる、ではなくて「いつまで」ゲームができるとしたことと、
・急がせているものが、勉強ではなく生活時間であること
の二つです。

よく考えたら、課題は標準時間が読みにくくてこういう設定がしづらいし、せかしてもあまり速くならないのです。横道に逸れているか、課題に取り組んでいるかの違いはあるんですが、課題に取り組んでいさえすれば、そんなに時間の長短というのは出ない。

それより、ごはんを食べたり、お風呂を洗ったりというものであれば、まともな所要時間がどれくらいかということははっきりしていますし、案外、ふだんタイムロスしているのはここなのかもしれないんです。勉強のことじゃないのであんまり注目してきませんでしたが。

だーらだら食べて一時間コース、とか、お風呂を洗うために靴下を脱ごうとしてソファーに座ったらそれっきりぼーっとして…みたいな。これ、かなりでかいです。

勉強じゃなくて、こういうところで「時間」を意識して行動してもらって、浮いた時間は一部をゲームに、一部を勉強にあてることができる。これ、いいかもしれない!!

え?? 話のポイントがさっぱり見えない?? もともと、生活時間なり勉強時間なりにタイムロスがないタイプ(悠久の時が流れないタイプ)には必要のない話でして。ほんの一部分のご家庭にしか通用しないノウハウでした。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2011-12-02 07:42 | 中学受験 | Comments(10)

Commented by milktea at 2011-12-02 10:17 x
>だーらだら食べて一時間コース、とか、お風呂を洗うために靴下を脱ごうとしてソファーに座ったらそれっきりぼーっとして…みたいな。

あるあるっ!

最近、無駄だな...と思ってるのはきょうだいげんかの時間なんですが、これもケンカしなければ10分ゲーム...としても無理ですね、たぶん。
Commented by くるみ at 2011-12-02 10:43 x
勉強を頑張るキッカケは色々だなと感じるこの頃。
息子もこじろうくんの様にやれないタイプです。
「早く!」と言われてきた子は、中学生になってもそうで(-_-;;少しずつ良くはなりますが・・。
お風呂、ご飯は今でも長く、朝から悠久な時間が流れております。はぁ・・。

どんなご褒美作戦をしようが、計画性や時間管理の意識を持てず、ミスをしない慎重さも、非常に運任せな息子(ーー;)
「終わったらゲーム」も「○点取ったらご褒美」も意識を変える手段にはなりませんでした。

そんな息子も、塾のおかげで自主的に勉強するようにはなりました。要領、点を取るテクニックはさておき・・。
数学の難問の世界を知って、はまってます。
またろうくんの事を話すと、超カッコイイ!と。数学が突出してできる事がカッコイイんだそうです^^

「勉強以外の目的の為に勉強を頑張らせる」事はできなかったですが、「勉強そのものを面白い」と思えばやるようになるんだな~、と息子を見て思います。
決して勉強が嫌いなワケじゃないんですよね。知的好奇心もあるし。競争意識も無いわけじゃない。でも受験に勝てるタイプに見えない・・。
そこにジレンマを感じてます(-_-;;
Commented by セロリ at 2011-12-02 15:27 x
アンダンテさま。

ネジを遠巻きながら巻く方法のポイントは
「勉強を急がせないこと」・・・そう思います。

さらに、セロリマンの言い分としては、
「命令口調ではなく、意見のカタチで言ってほしい」
だそうです。

例:「ごはん食べて、お風呂入ったら、8時50分まで水戸黄門をみていいと思うんだけど、どう?」

うー、めんどくさい。
こんなへんな日本語使ってるんだから、
漢字の練習はしてくれ~、頼む!!!

Commented by トマト at 2011-12-02 19:58 x
そう言えば、いつの間にか「早く」って言うことが減ったな~。数年単位でふりかえれば成長が感じられるもんですね…(しみじみ)。

> 「ごはん食べ終わって、お風呂洗いが済んだら、8時までゲームしていいよ」

でも、この会話が成立するだけアンダンテさんちはハイレベルですよ。だって「お風呂洗い」やってるもん。うちのまたろう族が中受の頃は、身の回りのことは最低限度でもう手いっぱい…。ゲームする時間もなかったな~。報酬系回路が弱過ぎて、何にもニンジンにならなかった…。だから、もしこれ読んでるまたろう族のお母さんがいたら、言いたい。ゆっくりだけどそれなりには成長するもんなんだ…とね。当時はそんなこと信じられずに本当に不安だったから、またろうくんと我が子を重ねて、そんな風に変われるもんだろうか…と思ってました。もちろん実際はまだまだ…なんだけどね。
Commented by an-dan-te at 2011-12-03 07:54
milkteaさん、
ありますか、そうですか(^^;;
私も、きょうだい喧嘩の時間って、ほんと無駄だと思います。それでまた、中身が超~くだらなくて、耳に入ってくるだけでイラッとします(-_-# でもゲームでつってもやみそうにないですかね…
Commented by an-dan-te at 2011-12-03 07:58
くるみさん、
中学生になると、半分大人というか、親がセッティングしてゲームでつってっていう感じでもないですからね~

勉強の中身そのもののおもしろさが感じられるというほうがそりゃホンモノですよね。でも
> 数学が突出してできる事がカッコイイんだそうです^^
それは違う…英語だってできるほうがカッコイイよ!!(^^)

> 知的好奇心もあるし。競争意識も無いわけじゃない。
> でも受験に勝てるタイプに見えない・・。
うーん、またろうもそうですね。競争意識はかなり希薄だけどね。
Commented by an-dan-te at 2011-12-03 08:02
セロリさん、
> 「命令口調ではなく、意見のカタチで言ってほしい」
おおっ。いいますね~

> 「ごはん食べて、お風呂入ったら、8時50分まで水戸黄門をみていいと思うんだけど、どう?」
ぶははは。
いや~、どうって…(^^;;
そうですね、なんかそういう気持ちで、でも言い回しはもうちょっとストレートなほうが自然かなー。

そこまで、自分の気持ちやお母さんからの言葉のかけられ方について見えてきたセロリマンくんには…

そろそろ自分で自分を操縦してほしいですねっ(^^)
ま、受験すんでからでも。
Commented by an-dan-te at 2011-12-03 09:30
トマトさん、
そういえば、またろうにあんまり最近は「早く」っていいませんね。「今やれよ(-_-#」とはよくいうけど(笑) お風呂とか、そういうのはせかす必要がなくなりました。大進歩ですよね~

> ゆっくりだけどそれなりには成長するもんなんだ…とね。
はい(^-^)/
全国のまたろう母さんにエールを送りたいです!!
Commented by ななっち at 2011-12-03 21:47 x
初めてコメントさせていただきます。
いつも、「あるある!」と共感しながら、読ませていただいてます~
のんびりタイプのわが娘も、毎日毎日あまりののんびりさ加減にため息。。。時間がたっていることを確認させるために、目の前に時計を置いての勉強タイムにしてみましたが、あまり効果は見られず、私のストレスが増えるばかり(苦笑)。アンダンテさん方式の生活タイムを短縮、なるほど!トライしてみたい!と思いました(^_-)
Commented by an-dan-te at 2011-12-04 22:27
ななっちさん、こんにちは。
時間を意識しないタイプの子に、時間を意識させるのがどんなに難しいかは、長男のときにほん~っとに身にしみてるので(^^;; 今も決して甘く見てるわけじゃないんです。ただ、年齢を重ねればだんだんよくなってくるだろうと、楽観?はしてます。

でも、自然な成長は中学受験に間に合うってわけじゃないので。ここ一年は地道に練習、細かく改善ですかね…

<< 算数の予習についての考え方 六年生向け12月記事ピックアップ >>