授業タイプ、自習タイプ   

今はちょっと違うみたいだけど、私が通っていたころの四谷大塚は、自習タイプの塾だった。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←五年後半は盛りだくさんだからたいへんだよね

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ←いつも時間に追われる感じ

いわゆる「予習シリーズ」を使って基本的には自習して、日曜のテストで確認。テストのあとは解説授業。この週サイクルを続けるわけね…

実際には、それを基本とはしていてもオプションで授業も取れるようになっていて、私は、苦手の社会の単科教室に通ったり、あと、土曜教室という「明日のテストに備えて」的な講座に行ったりしてたと思うんだけど、それぞれの通った期間とかは覚えていない。でもとにかく、自習が中心の塾スタイルであったことには違いがない。

一方、子どもが通っている現在の日能研の場合は、塾滞在時間がハンパなく長い。毎週テストがあるところは、なんだかんだいって同じ(毎週、同じテストをやるんじゃなくて、少しキャラクターが違っている複数のテストを混ぜてあるけど)。そのほかに、五年生は週三回、六年生は四回とか行って、それぞれの日の時間もとても長い。

こういう塾の出身者であるこじろうを見ていると、自習は私より下手で、しかし授業をライブで吸収する点は私よりうまいというふうに感じる。これは、元々持っている素質の違いなのか、塾のキャラクターの違いから作られたものなのか??

授業タイプと自習タイプにはそれぞれのよさと弱点があり、別段、どっちが正しいというものではない。でも、四谷大塚から、面倒見最悪(当時)のJGに行った私が自習タイプであることは適していたと思われるし、日能研から面倒見まぁまぁの学校に行ったこじろうが授業タイプであることも適していたと思われる。結果オーライ。

現在の、大手塾の趨勢からいえば授業タイプが大優勢。日能研はもとより、サピであれ四谷大塚であれ授業時間はそれなりに長い。自習タイプが向く子にはかなり受難の時代のようにみえる。もちろん、スーパー完璧自習タイプの子であれば、塾なし(模試のみ利用)受験とかも理論上は可能だろうけれども、巷でこれだけ中学受験ノウハウが進んでしまって、それが塾にがっちり固められている現状で、自力での受験ができるというのはよっぽどの場合だろう。本人もしっかりしていて、親も相当フォローできる(能力的にも、時間的にも)とか。

そこまで極端に自習タイプではないにしても、でも授業をただ受けるより家でじっくり定着のための時間を取りたいという場合、日能研のような長時間タイプの塾ではかなりきつい。

日能研に合っているのは、授業はしっかり集中して聞いて、必要なことのあらかたはそこで吸収、家では漢字や計算などのベースだけはしっかりやり、テスト直しはなるべくやる、宿題はまぁやれた分だけやろうか程度にして、睡眠や遊びの時間をしっかり取った上で、また授業にしっかり集中できるというようなタイプではないだろうか。

宿題が済まなくても睡眠時間を優先させるくらいの気持ちでいないと親も子もつらい。当然やるべき課題が終わっていないとそれはそれは気になるのだが、無理して片付けて、ぼわっとした頭のまま授業に参加させると、理解してない積み残し事項が増えて結局は雪だるまになる。「穴を作っても来年埋める!!」くらいに割り切るほうがまし。

だから、日能研にお世話になってるからには、授業に集中できるように誘導したいとは思うんだけれど、家庭での学習も「最低これだけは」と思うものはやっぱりあり、それと、本人の遊びたい要求、それと睡眠時間を合わせて、考える優先順位というものが親と本人で噛みあわない。学校行事関連の朝練のあおりもあって、今なんとなくうまく軌道に乗せられない感じ。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2011-10-17 13:45 | 中学受験 | Comments(4)

Commented by うさちびママ at 2011-10-18 08:41 x
4年までZ会で自習タイプ、5年から授業タイプに切り替えた我が家。やっぱり、自習の方が効率的だと思う面もあります。どうしても、集団なので無駄な時間はありますからね。

学校の行事との兼ね合い、本当に大変ですよね。
うちは地方Nのおかげで、平日の通塾が2日というパターンで結構助かっていると思います。

Commented by an-dan-te at 2011-10-18 20:26
うさちびママさん、
最後までZ会って人もいるのかな。ちょっと勇気いりますけどね~
私は、授業聞くのが下手なんですよ。こじろうは授業上手で根っからの日能研向きです。はなひめは…中間かなぁ。前期日特とかどうしようと思います。

> 平日の通塾が2日
その違いは大きいかも…
Commented by うさちびママ at 2011-10-19 11:33 x
最後までZ会の人ももちろんいますよ。Z会の冊子に載ってた体験談によれば、Z会だけで御三家の子も複数。SNSで知り合った方なども普通に難関校に合格されていました。
コツコツできる子には可能だと思います。うちも最後までZ会でも…と思っていたけど、やはり勇気がありませんでした。5年になったらガクガクッと受講者数が減っています。親が不安になるんだと思います。
Commented by an-dan-te at 2011-10-19 20:13
うさちびママさん、
Z会だけでコツコツできる子ってのは、その後も楽しみですね~
私は、自習タイプが好きなのに、でも周りからの刺激がないと続かない(笑)ヘタレです。

> 5年になったらガクガクッと受講者数が減っています。
四年の間は塾に行かないで済ませよう、というニーズですね。

<< 早実2011算数解いてみた(前編) 入試問題の難易度、どのくらいが好き? >>