がんばらない受験のための毎日ノート   

大汗かいてがむしゃらにやる、深夜までがんばる、みたいなことは、まぁたまにはよいかもしれないけれども、長丁場の受験生活、そういうことを頼りにしているともたないので…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←うまく流れるように

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ←配線をしっかりしておけばあとは自然に(←理想)

がんばらないでも回るためのシステム作り。ってのが大事だと思っている。

別におおげさなことではなくて、たとえばフツーに考えた塾の一週間:
・計算と漢字の練習
・塾の授業を受ける
・問題演習(栄冠への道)をやる
・テストを受ける
・テスト直しをする
というのも、「プロセスをつなぐ、回す」ことを意識したスケジュールではある。つまり

インプット→消化→アウトプット→フィードバック→…

とやるわけ。これでいちおうストーリーとして完結してはいるんだけど、平凡な能力のオコサマの場合はなかなかこれだけでは定着しないので、もうちょっと細かくフォローする必要がある。

・計算は、間違えたものに後日再チャレンジする
・漢字は、書けなかったものに後日再チャレンジする
・テスト直しをして、あやふやだったものに後日再チャレンジする

うわー再チャレンジばっかりやー
それはまぁ当たり前で、「標準カリキュラム」では並みの記憶力と気力しか持ち合わせてない子だと定着が不十分なので、定着のためには忘却曲線に対抗する繰り返し以外ないってことになるわけだ。

で、次は実務上の問題なんだけれども、いろんな冊子や紙に分散した「再チャレンジもの」は管理しづらい。忘れて抜けたり、大量に溜まったのを片付けなければならなくなったり(というより、実際には、できない)。さらに、再チャレンジが再々チャレンジに回ったりしたら(よくある)とてもじゃないけど管理できない。

それを、単に「気をつける」「がんばる」というのはシステム的な解決ではない。

そこで、再チャレンジものを一括管理するためのアイテムが、「毎日ノート」なのだ。再チャレンジしないといけないものをとりあえず「毎日ノート」にまとめる。再々チャレンジしないといけないものは、そのノートだけ見ればわかる、という具合。

これは、とてもよいシステムなのだが、これを成立させるためには、「毎日ノートに入れさえしておけば日々少しずつ消化される」という大前提が必要。

今は、「毎日ノート」をしているのがおおむね「塾のない日または休日」という位置づけで、これだと火・木・土・日の週四日。これだと、どうにも消化がおいつかなくて溢れてしまうので、現在、水曜日(塾はあるけど学校が五時間目で終わる)を「毎日」のナカマに入れることを画策中。

つまり、そのためには、親がいない間に「自主的に取り組む」というハードルがあるんだよね…

自主的に取り組まなかった場合、塾から帰ってからリカバリーというのは、夜遅くなるので避けたい。でも、やらなかった場合は、ただやらない、ということになると、だんだん「やる」ということそのものがいい加減に流れてしまうので、この定着(学習内容の定着じゃなくて、学習をするということの定着)が難しい~

六年になるまでには、毎日ノートの一回分の増加または、毎日をほんとに毎日にする、のいずれがが欲しいところ。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2011-10-13 08:11 | 中学受験 | Comments(8)

Commented by milktea at 2011-10-13 16:10 x
嫌がらずに再チャレンジするってところがすでにハードル...。
Commented by どん at 2011-10-13 17:57 x
このシステムがきちんと機能させられれば怖いものなし。
うちでは算数についてだけは「直しノート」を作っていて
間違えた問題をコピーして貼り、テスト前にやり直すという決まりにしています。

テスト範囲のテキストをやり直すほど時間の余裕もないし
今のところこのやり方で、と思っていますが、
やっぱり間違うタイプの問題は何度も間違う…。
ここに類題などを引っ張ってきて強化すれば
より良い直しノートになるのかな~。
Commented by yoyo at 2011-10-14 08:06 x
間違えたところ「だけ」をやりなおせばいいって うらやまし~!
chobiは 間違える箇所が まったく一定しないので
(1回解けたからって ぜーんぜん信用できない)
力技、すなわち 栄冠総復習とか カリテ総復習で 対応するしかありませんでした。
おかげで 標準的な問題なら まさしく電光石火 頭の中の処理だけで解けるようになりましたけど、 
その力を応用力につなげることが できなくて…(--〆)
総復習が 即成績UPにつながることは 経験上本人よく認識してるんで、
よし!今日から やろう!と(私が)決心さえして、
やれと言いさえすれば、
あとはほっといても 数日間で ものすごい勢いで片付けますけどね。
アンダンテ家の方針とは 真逆ですね ^^;
Commented by セロリ at 2011-10-14 16:25 x
>嫌がらずに再チャレンジするってところがすでにハードル...。

ホントですよね。
セロリマンがやりなおしたがらない理由を分析してみると、
「課題こなさなくちゃ」→「時間がない」→「新しい問題やっとかないとヤバイ怒られる」→「直しは、見とけばいいや」
となっており。

結果、「もう絶対間違えないっ」っていう気合いがぜんぜん見えない答案がつづいてます。
はぁ~


Commented by an-dan-te at 2011-10-14 17:23
milkteaさん、
そういや、うちでは再チャは別に嫌がられてません。未知の問題のほうがイヤみたいよ(-_-;;
Commented by an-dan-te at 2011-10-14 17:25
どんさん、
そうよね~、カタチとしてはとてもいいと思うのだけれど、いかんせんパイプが細すぎて追いつかないのね。でもこれ以上は勉強時間を増やさない限りどうにもならない…

> やっぱり間違うタイプの問題は何度も間違う…。
そうそう。うっかりするにもワケがあるのだ。でも計算と一行題はけっこうしつこく類題が出てくるから助かります(^^;;
Commented by an-dan-te at 2011-10-14 17:28
yoyoさん、
一回解けても大丈夫とは限らないのね。またろうの漢字みたいだわ(^^;;
そういや、私はこじろうの漢字とまたろうの漢字で、繰り返しのアルゴリズムを変えていたんでした。ここまでしないよねふつう…ってか、ここまでする必要ないよね…

> アンダンテ家の方針とは 真逆ですね ^^;
ほんとに。私も「やれ」といいさえすればやる子をひとりくらい育ててみたいもんだわ。
Commented by an-dan-te at 2011-10-14 17:30
セロリさん、
そこんとこ、重要なのにね~
うちでは、だんだん煮詰まってきた季節には「新しい問題なんて、ほっとけ」「このプリント、まったく手付かずだから捨てるよ」という言葉が飛び交ってました(笑)

<< 歴史の勉強をややコンパクトにカ... ほんとうに美しいノートの条件 >>