中受した子が公立中へ行った場合の成績   

本当に行きたい中学だけ受けて、ダメなら公立中に行ってトップ都立を目指せば云々、という話を聞くことがありますが…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←またろうは公立中にいったけど

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ←中受も先取りもしてないし、スロースタートでした(^^;;

中学受験をした子が公立中に行ったらどのくらいの成績が取れるものでしょうか。

ま、人によるっていったらそれまでですが。

震電08-Gさんが「中1最初の定期試験」という記事を書いています。息子さんは、中学受験をして公立中に行ったお子さんなわけですが、その様子から
> 「中1の最初の定期テストは、全然勉強しなくても高成績が取れてしまう」
ただし、それで勉強をナメてしまう危険がある(勉強しなくなったらその後下降…)、新しい科目の英語が鍵のひとつ、とか。

昔の話ですが、私も御三家落ちの公立中だったので、その経験からいうとまさに同じように思います。

公立中学の勉強のうち、まず、社会と理科といったらそのほとんどが中学受験でカバーされています。らくちんです。この貯金はほとんど中学全域に効いているといっても過言ではありません。

英語と数学は、新しい科目なのですが、ほんの「ちょっとしたこと」さえ新たな勉強でクリアできれば、なにも難しいことはありません。

中学受験を経験したということは、勉強の仕方や、集中の仕方や、テストのときの時間の使い方、注意の払い方などをもう体感しているわけで、これはもう、むちゃくちゃでかいアドバンテージです。

入り口すぐの英語と数学は(公立中では特に)非常に簡単なので、注意力勝負、満点勝負になります。そこをきっちり仕上げるためには中学受験の経験が生きるでしょう。

私も、中一の一学期の定期テストは当たり前ですが非常によくできました。たぶん、学年で一番か二番だったと思います(正確にはわからない)。でも定期テストが良いことと成績が良いことは、ご存知のとおりイコールではありません。

まず、実技科目は、得意なものと不得意なものがあり、どうしようもありません。私は、美術と音楽は好きだったので5、体育は、運動神経なく体力もなし、ついでに先生との相性は最悪だったので辛くも3。一学期は、私が唯一得意な水泳があって3ですから、今後2の危険もあると思われました。昔は相対評価でしたからね。美術と音楽は、やや得意といっても、みんながまじめになってくると今後の成績は読めません。

そして伏兵がなんと国語。国語の定期テストの点数は、特に悪くもありませんがたいしてよくもありませんでした。国語は、中学受験でも大学受験でも、大きな武器になるくらい得意な科目でしたが、定期テストと「正しい読解の態度」はあまり関係がない、ということがよくわかってないと非常に危険です。定期テストは、その場で本文を読み取って解答するようにはできておらず、授業中先生が教えた内容に沿って解答する必要があります。極端な話、テスト用紙に印刷されている本文からだけでは答えがどうやってもわからないものがあります。

そのへんのことを理解して「対策」すればもう少しよかったのかもしれませんが、私の成績は4でした。

ということで、一学期の成績は4がひとつ3がひとつ。当時、都立で一番いいところに行くには3があったらまず難しいといわれていました。まだこの先、下がりそうな要因もあります。それで、これはまずいということで本気で私立の転入先を探した(母が)という流れになったのです。

中学受験をした子が公立中に行ったら。まず、点数の面ではよいスタートが切れるのは確かだと思いますが、実技とか、提出物とか、いろんな面がありますので成績(内申)抜群とは限りません。また、定期テストに限定していうと、「定期テスト」特有の勉強内容(たとえば授業中に先生が言ったとおりに覚えることなど)がありますから、教科内容としては余裕があっても、その他の押さえるべきポイントをしっかり押さえることには注意を払うべきです。

ですから、あまり楽観する(トップ都立に行けばいいや、的な)のは考えものですが、中学受験で勉強したことはきちんと生きますから、それを生かして、そのうえで「あなどらず」中学での勉強を乗せていけばよいスタートが切れるでしょう。

ここまでは主に、内申のことについて書きましたが、入試当日の試験でどうなるか(近年、こちらのほうがむしろ重要ですので)は、英語と数学の勉強が軌道に乗るかどうかが大きいと思います。長くなりましたのでその話はまた別の機会に…

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←まだ参加者が少ないです。日能研の方どうですか
[PR]

by an-dan-te | 2011-09-14 07:39 | 中学受験 | Comments(13)

Commented by どん at 2011-09-14 08:18 x
内申点は、主要教科とかそうでないとかいうことは関係ないですよね。国語だろうが体育だろうが5は5だし3は3。

私は地方の中学校(受験して国立)から高校受験(こちらは公立)をしたのですが、内申点を気にしていたことはなかった。それは地方で非常にのんびりした環境であったこと、また私立中学がほぼ皆無に近かった環境では通っていた国立中学が地元では進学校とされていて、他の公立と比べた場合に内申などが甘かったのか?と思います。

 しかし、自分の子供を東京で育てていると、「内申は稼ぐもの」なんだなぁという事実を思い知らされます…。
 例えテストでいい点数を取っていても、授業中も頑張り、生徒会やら部活でも頑張り…。純粋に頑張るのならそれは非常に充実した中学時代を過ごしたと言えるのかもしれませんが、常に頭には「内申点」があるとすれはあまり健康的な気はしません。

今日のテーマとはズレてしまいましたが、当日の試験でスッキリ!合格な中学受験の方がしっくり来ます…。
Commented by bun at 2011-09-14 09:22 x
都立高の内申計算は、音・美・保体・技家が、1.3倍の傾斜配点になっている。主要科目以外も手を抜くなと言いたいのかもしれないけど・・。部活で大活躍でないと体育5はもらえず、楽器を習ってないと音楽5は難しい。美術も才能が左右する。都立の上位推薦を狙う場合はオール5を目指さないと無理だし・・評価の仕方も中学によって大甘から激辛まであり、それを横並びで点数比較されるのは私の感覚では公平感が少ない。
でも・・主要科目については、アンダンテさんがおっしゃる通り、独特の注意力が必要で、それができる性格の子には、内申をとるのはもともと難しいことではないのかもしれません。
教科内容の難易度が指導要領準処だと深すぎないので、中受の経験があるかないかにあまり左右されず、中学からの勉強でもできる子はできる・・って感じがする。
逆に、その注意力とか要領の部分、中受では親ががっちりフォローできても、中学生活では本人による(反抗期だし)ので、中受で得たアドバンテージを点数として発揮できるかは個人差ありそう。
Commented by くるみ at 2011-09-14 09:46 x
>中学受験を経験したということは、勉強の仕方や、集中の仕方や、テストのときの時間の使い方、注意の払い方などをもう体感しているわけで、これはもう、むちゃくちゃでかいアドバンテージです。

これを今実感しています。この差は大きいです。息子の場合は・・。
私は、勉強、集中の仕方、テストテクニックは中学で身につけたので読みが甘かったです。(公立大国の地方だったからかな?)
息子は学校だけでは全く身につきませんでした。
塾に入れてよかったです。できれば中1から行かせるべきでした。

息子の学校に関しては、中受組の方が内申も良いです。関心意欲も上ですし、真面目な子が多いです。
唯一息子が勝てるのは体育の実技だけ^^;

自分の置かれた立場に早く気づいて、スイッチが入って欲しいです!


Commented by 震電08-G at 2011-09-14 12:11 x
こんにちは、アンダンテさん!
公立中学に行っても、中学受験したか・しないかの差は、
学力の面では、当初は非常に大きいかと思います。

まあ大抵の子はこの差をそのまま引き摺ってしまうんですが、
中受組もちょっと気を抜くと、ズドーンと落ちています。

我が家は長男が中学受験したのですが、次男はしていません。
当然ながら中学入学時点での学力差はかなりあったのですが、
成績表の差はほとんどありません。
(と言うより次男の方がいい。)

私個人としては「中学受験をしている/していないの差は、確かにある。しかしそれに安心する事は出来ないし、逆転も普通に起こっている。」と感じています。

内申、私も苦しみました。
都立トップ高へ進学したのですが、内申点は最低ラインで全科目90点以上取らないと合格出来ない状態でした。
(私の時の都立校は、内申点と試験結果のマトリックスになっていて、「内申○○の人は試験が××点以上で合格。」となっていました。内申点が1点でも下回ったら、全科目満点でも合格できないランクでした。)
Commented by an-dan-te at 2011-09-14 13:08
どんさん、
そう、まだしも五教科だけならね…
体育とか、私にはどうしようもないもん。
勉強そのものは、気が向くとき向かないとき、まぁいろいろあるとは思うけど、やればやったで充実感というのか、常にいつか役立つようなことをしているという気持ちがあると思うんだけど…

内申はそうじゃない部分の努力がある。
理不尽な学校格差もある。
なんか嫌なんだよね。不透明感。

中学受験は、スッキリ、きっぱり、明朗会計。できるできないはともかく、わかりやすい!!
Commented by an-dan-te at 2011-09-14 13:13
bunさん、
内申揃えるのって大変だよね。自分とか、子どもとかを基準に考えちゃうと、トップ都立の推薦とる子なんて、アンビリーバボーですよ。

内申そろえるよりは、東大うかるほうが簡単だよ…
わけのわかった準備でオッケーだもん!!

中学校の成績とるのに、中学受験の経験は役には立つけど、それだけでは十分じゃない。どっちが得意な人もいますよね。

はっきりしてるのは、高校受験では親力の発揮しどころが難しいってこと(^^;;
Commented by an-dan-te at 2011-09-14 13:20
くるみさん、
> 息子は学校だけでは全く身につきませんでした。
そりゃそうだ。ふつう、無理でしょう。
中学受験しないで公立中にいったなら、コスト的には恵まれたコースなんだし、わりきって早めに塾に入れるのも手かもしれないですね。

またろうのときは、そもそも中学受験した子が少ない地域柄なのもあるけど、中学受験してない子で、ものすごくできる子が何人かいました。

> 自分の置かれた立場に早く気づいて、スイッチが入って欲しいです!
そろそろ、入るかな~(^^)
Commented by an-dan-te at 2011-09-14 13:23
震電08-Gさん、
いつも、私のハートをキャッチする話題をありがとうございます。

学力に関してはアドバンテージ、かなりあると思いますけど、高校受験ってそれだけじゃないところがミソですね。それと、もちろんですが中学入学後に勉強するのかしないのかってところが大きいです!!

今は昔より、内申の比重が小さかったり、内申無視の枠があったりと、少しは風通しがよくなりましたね。私が高校受験することになってたらどうだったのか、考えるだけでオソロシイです(^^;;
Commented at 2011-09-14 20:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2011-09-14 21:39
***(2011-09-14 20:41)さん、
いえいえ、こちらのブログの場合、削除されてしまうと私にもどんなコメントが書き込まれたかわからないんですよ~
ですから、よろしければ非公開でもういちどよろしくです。
Commented at 2011-09-14 22:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-09-14 22:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2011-09-16 08:24
***(2011-09-14 22:48)さん、
そうですね~そこまで内申の比重が高いと、受験の中身も「まったく別物」という感じですね。でもうまくツボを押さえて、流れに乗れているみたいですね。提出物が出せるというのはうらやましい(^^)

生徒会とか、部活とか、そういうプラスアルファの活躍についてはよくいわれますが、九教科五段階の評価については、もっと明朗会計というのか、別に授業中に積極的に発言してなくても、点数がよくて出すもの出してればちゃんとつくような印象でした。

もちろん、トップ都立の推薦ということになれば、5を揃えるのは当たり前、あとどこでどういう活躍をしているの? ということになるんでしょうけど。

推薦と一般の学力差については、またろうの担任もいってました。いろんな調査があるけど結局変わらないって結論みたいですね。あんなに違う見方してるのに(^^;; おもしろいもんです。そりゃ、内申揃えられる子だったら、中に入ってからの成績だってどこにも不安はないですよね。一般の大学入試を受けるってんならまた話は別かもしれないけど。

<< ぶっちゃけ算 本気スイッチはどこにある >>