海をわたる風、厳島神社   

宮島に行くには、ともかく海を渡らないといけないわけだが、電車で宮島口までいってそこから船に乗り換えるのは、待ち時間なんだかんだでけっこうかかる。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←半日で二つ回るのはかなりハードスケジュール

原爆ドームからほど近い川沿いから、宮島直行の船が出ていて、それに乗るのがいちばん速い。友人Aさんのアドバイスにより、午後2:35の宮島行きに乗った。厳島神社の参拝は五時までということで、このあたりの船が限界かと…

それにしても、すべてが行き当たりばったりだった前回の旅行に比べると、今回はきちんと時間の見積もりもできて、拝観時間などもわかったうえで動いているからスゴイ(ふつう??)。きょうび、Webで調べればたいがいのことは載ってるけど、それを組み合わせて結局どう動けるのか、動くといいのかというのが、どうもピンと来ないもんだから。

もちろん世界遺産ということでは厳島神社がメインなのだが、はなひめの関心はむしろ、鹿とみやげ物屋。船を下りるやいなや、「鹿ってどのへんにいるの??」と聞いてくるが、そうね~ガイドブックの地図にも載ってないけど。だって動くから書きようがないよね。でもどこによくいるとかあるんだろうけど…あ。

そんなことを言いつつ、目を上げたら早速、鹿と目が合う。

そして見渡してみて理解する。これほどどこにでもいるんなら、ガイドブックに書く必要ないわ。

しばし鹿とたわむれるはなひめの写真など撮り、あまり暑いのでソフトクリームを買い(しかしあまりの熱気にすごい勢いで溶けていくので急いで食べなければならない)、そして表参道でおみやげを物色しながら行く。メインのおみやげは、もみじまんじゅうとしゃもじかな(^^;; しゃもじに似顔絵を描いてくれるサービスなんかもある。ソフトクリームを食べてしまったので、その場でじゅうじゅう焼いている牡蠣に食指が動かない。しまった。

はなひめのペースで移動していると神社に着かないので、せかしながら行く。ようやく海に浮かぶ(ように見える)鳥居が見えてくる。確かにこれは美しい~。自然物と人工物の見事な調和。世界遺産らしい世界遺産。基準には四個もあてはまっているという:
-----
(i) 人類の創造的天才の傑作を表現するもの。
(ii) ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、町並み計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
(iv) 人類の歴史上重要な時代を例証する、ある形式の建造物、建築物群、技術の集積、または景観の顕著な例。
(vi) 顕著な普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰、または、芸術的、文学的作品と、直接に、または、明白に関連するもの。
-----

そして神社の中に入ると、これまでとうってかわって涼しい。海の上を渡る風がほどよく廊下を吹き抜けていくので、とても気持ちいいのだ。頃は、干潮を過ぎて少し水面が上ってきたところ。

f0185839_7321336.jpg

水面に反射した光が天井にゆらゆら映っている。

はなひめは入り口すぐのお賽銭箱のところで「ご縁がありますようにだから五円だよね」といって、母の財布から出した五円玉で二拍手一礼していたが、お参りするメインのところはもっと奥にある。「あ、こっちでお参りするんだった」。しかし母の財布にはさっきの1つしか五円玉がなく…ご縁じゃなくても多めにいれとけば問題ないと思うけど。結局、はなひめが自分の財布から五円玉を出してお参りしていた。

それから、水辺の蟹の写真を撮ったり(^^;; おみくじを引いたり。

はなひめは、手前のものと奥のものを重ねた写真を撮るのに凝っていたり。
f0185839_7492875.jpg


ということで、こちらの世界遺産は気楽に観光して回った。

このあとは、Aさんと合流して広島風お好み焼き!!

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2011-07-28 07:55 | 中学受験 | Comments(2)

Commented by ちないず at 2011-07-28 10:22 x
はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。

宮島懐かしい~~
ン十年前の小学校の修学旅行で行きました。(実家が中国地方なもので)
美しく、荘厳で本当に素晴らしい建物と風景だと思います。
そして鹿、まだそこらじゅうにいるんですね!ふと見たら目が合うという状況が変わっていなくて驚きです。

お嬢さんとの二人旅よいですね。
私も娘と二人旅を計画してみようかな。
まだ低学年なのに加え、さらに下の子がいるので早くても再来年くらいまで待たないといけないかもしれませんが…

Commented by an-dan-te at 2011-07-29 11:30
ちないずさん、はじめまして。
ほんとにすばらしい景観でした。宗教心はなくとも感動的です。
鹿は、一時期観光客が鹿せんべいとかやってよかったらしいのですが、今は増えすぎて「えさをやらないでください」になっているようです。

実は、今こうやってはなひめと二人旅行なんかしてますが、こじろうのときにはこんなことしませんでした(下の子がいたらできない…)。こじろうには(多少)恨まれてます(^^;;

<< 実物で学ぶことと、その発展 去年の旅行、今年の旅行 >>