去年の旅行、今年の旅行   

去年と今年、私とはなひめの二人旅行というのをやってみたわけですが…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←ふだんと違うシチュエーションで、あらためて感じること

「去年と今年で、どんなところが違った??」と聞いてみると、はなひめはまず、「ホテルが今年のほうがきれいだった♪」といった。それは確かにそうで、去年の秋田竿灯祭りは、なにせイベントものだから(一時にまとめて混むから)もともとホテルが取りにくいのと、私が思い立ったのがあまりにぎりぎりのタイミングだったため、まったく選ぶ余地がなかったのである。

今回は、ずいぶん前から計画を立てたので、高くないホテルの中から、なんとかよさげなのを選びましたからね。

「それから、旅行の中身ではどう??」と聞くと、「今年は資料館とか行ったから、自由研究としてやりやすくなった」だって。あ、それはなんというか、資料館に行ったからというより…

もちろん秋田と広島で違うという部分はあるんだけれど、自由研究としてやりやすいかどうかは、主にはなひめの側の違いのように見える。つまり、去年は、旅行そのものには乗り気だったけれども、それを自由研究にするということには納得してなかった、というのがひとつ。もうひとつは、理解力の差。

話を聞いてわかる、という部分は、思考力とベースの知識が左右すると思えばだいたいいいだろうか? この点において、去年のはなひめと今年のはなひめは別人くらい違うというのが一緒に旅をした実感である。大きくいって考える力のような部分は、はなひめ本人の一年分の自然な成長と、学校で、あるいは塾での訓練が効いているとして、知識の部分の多くはやはり塾通いの成果(そして、苦手な社会にもある程度取り組んだこと)だと思う。

昨日は、私はふつうに会社に行って、はなひめが午前中ひとりで家にいたのだが、自由研究をぐいぐい書き進めていて、とにかく「書きたいことをいっぱい見てきたのだ」という勢いが感じられる。それをまとめる文章の力も、はるかに力強く滑らかになった。

ということで、自由研究ネタとしての旅行の「響き具合」の差がそのままはなひめの一年の成長として感じられるような結果になったが、私としてはこのことのほかにも、大きな収穫があった。

旅の中では、いろんなハプニングがつきもので(特に私が引率する場合は!!)、なんでも思いどおりに粛々と進むというわけにはいかない。たとえば今回の旅行でも、はなひめがガイドブックで見て「ここでおみやげを買いたい」とポストイットをつけていた店があったのだが、二日目の朝になってはなひめが「ここはいつ行くの??」と言い出し、「いや~それは宮島の表参道だから昨日とにかく前を通ったはずだよ。でもどこだかわからなかったね」「今日はそこに行けないよ」ということになり…大ショック。

でも。今年のはなひめは、そこでぐちゃぐちゃになることもなく、速やかに自分で自分の気持ちを立て直すことができた。これは大きい。

要するに、旅のパートナーとして、快適性といい、手ごたえといい、去年のはなひめと今年のはなひめは大きな違いがあるのだ。これは素敵な発見だった。

旅っていいよね!?(^-^)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-07-27 08:13 | 中学受験 | Comments(2)

Commented by くるみ at 2011-07-27 09:42 x
実りの多い旅行でしたね。はなひめちゃんの成長もまたすばらしい!
>自由研究をぐいぐい書き進めていて
>速やかに自分で自分の気持ちを立て直すことができた。
息子がそういう成長を遂げる日はいつなのか?
もう中2ですけど(涙)
アンダンテさんとはなひめちゃんの旅行に触発されて、夏休みの読書感想文に「黒い雨」を勧めてみようかなと思いました^^;
息子にはかなりハードルが高いかな?(T_T)
Commented by an-dan-te at 2011-07-28 09:01
くるみさん、
黒い雨が降ったことは、資料館を回ると強く印象に残ります。その状態で「黒い雨」を読んだらどうだろうかというのは私も頭をよぎったのですが、さすがにはなひめにはまだ読めないかと。
中二なら十分読めるとは思うのですが、関心を持つかどうかは別問題ですね。

> 息子がそういう成長を遂げる日はいつなのか?
いやきっと日々成長してるんですよ!!
でも毎日みてると気づかないんです。
ちょうど一年経って比べてみるっておもしろいんですよ。

<< 海をわたる風、厳島神社 はじめてのヒロシマ >>