「厚い」夏、総復習の夏   

「厚い」は変換ミスではありません。塾の保護者会で夏期講習テキストを見て、「あぁ分厚いなあ」と思ったもので(^^;;
(注: 六年生のテキストはさらに倍)

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←つい夏休みに過剰な期待をかけそうになるけど

なにしろすごい時間だ(つまり値段もなかなかすごいのだが)。一日に5時間10分、月から土まで、お盆期間以外ひたすら塾に通うのだ。六年生じゃなくて五年生の話。この日程を見るとちょっと「引いてしまう」自分もいるのだが、その一方で、「そんな長時間面倒みてくれるんだ…」とありがたく感じたことも否めない。

なにしろ、この時間の長さを生かして、夏期講習では、2月から夏休み前までに習った分野を全部ひととおり復習してくれるのである。入塾したてで時間の使い方も勉強の仕方も確立できないまま流れてしまったそのすべてを、リセットしてくれる夢、みたいなもの!?

特に理科と社会。二週間勉強してはカリテ、というせわしないリズムの中で、わかったようなわからないような…やっぱりあんまり定着していないような、というあれやこれやを、全部「二度目」なでていってくれるなんて、なんとすばらしい。

ほら、「もしも」この夏期講習を、きちーんと吸収して、きちーんとおさらいできちゃったりしたら、完璧に穴のない状態で秋を迎えられるんじゃないかしら072.gifみたいな幻想を提供してくれる、という感じ。

しかし現実に、こじろうの五年生夏期講習がそんなに美しかったという記憶はないし(笑)いったいどんな具合だったのかなー。

保護者会では、日能研では珍しく(?)予習を薦められた。予習といっても言葉を変えれば復習というか、つまりあまりに「からっぽ」に近い未消化の分野があるなら、本科テキストを読み直すとか、ある程度記憶をリフレッシュしてから臨むといいですよということである。夏期講習のテキストの問題をやってしまうとかそういうことではないんだけれど。

それで、じゃあ実際のところどこがそういうふうに「予習(というか復習)」をして講習に臨むべき分野なのかというと。保護者会で配られた、「学習アドバイスシート」を参考にしてねということになる。このシートは、これまでに受けたカリテを基にして、「平均評価が同じである子と比べて、どの分野が取れていて、どの分野を落としていたか」がひと目でわかるグラフが載っている優れものである。さすがデータの日能研。

ただし、今つくづくこのシートを見ると、実際にはなひめが苦手なものがグラフ上に表れているというよりは、たとえば入塾直後に受けたテストでは低く出ていて(カリテ慣れしてなかったから)、たまたまテストの日に気力が萎えてた回は低く出ていて、というような調子で、どうも信憑性がいまいちのように見える。

もっともこれはこの仕組みの限界というよりは、はなひめが入塾してから今までの期間が、このシートが材料としている期間の半分くらいしか占めていないのでということが大きい。もし、新四年とか四年の夏休みとかに入っていた子であれば、今回の集計でかなりはっきりした得意不得意が見えたのかもね。

だからというか、むしろそんな余裕はないだろうということが大きいんだけど、はなひめの場合であれば予習をしようとするよりは、

・講習の時間中、しっかり集中して吸収すること。
・そのとき、間違えたところや怪しいところは印をつけて帰ること。
・夜か翌朝に印の部分をおさらいすること。

が大事かなと思い、本人にはそのように説明しておいた。ただ講習の時間以外でやらなきゃいけないこととして、「計算」「計算と一行題」「漢字」は必須だし、「おさらい」がどのくらいできるかは謎だけど。というか、これだけ長時間の講習があったら、本人それ以外に塾の勉強する気はあんまりないだろうから(学校の宿題はともかく)、そこをどうやっていくかだね。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-07-05 23:01 | 中学受験 | Comments(4)

Commented by どん at 2011-07-06 10:53 x
日能研では5年生でも夏期講習の時間が長いんですね…。
しかし中身が総復習とはとってもうらやましいです。
娘の塾は理科も社会も新規分野。それが連日続くとは、いったいいつ定着させるのかしらと心配です。
 昨年も、夏期講習の間は帰ってきてからも家庭学習に追われていました…。
Commented by an-dan-te at 2011-07-06 22:22
どんさん、
ひょーっ、夏期講習の間もどんどん進んでいくんですね(怖)。
今は、そろそろ立ち止まらせて~っという気分です。
Commented by at 2011-07-07 11:14 x
先生が掲げたテキストのぶ厚さを見て、それやったらこの半年のごちゃごちゃがすっきり整理されるのか?と、じーっと見つめてしまいました。
「基礎クラスは全員、講習前の割合3日間集中講座を申し込んでください。理解できていません。」とおっしゃってました。応用クラス下位はどうなんでしょう、あのカリテの点数では当然?と気が重くなりました。
シート、予習、心がまえ、考えることはたくさんありますね。やっぱりムダにしないでほしい~と母は切実です。
Commented by an-dan-te at 2011-07-07 19:08
Kさん、
厚い夏ですよね~
講習前集中講座ですか(o_o)びっくりです。
まさに予習というか復習というか、その部分を塾で面倒みちゃいましょうというわけですね。

ま、ともかく、講習は丸ごと復習(演習)なので、その時間が集中できるのがだいじかなと。だからほかの部分はなるべく勉強しないようにしようと(笑)

<< トップ都立は、どのへんの私立に... 小入・中入・高入 >>