きれいなノートは好きですか   

きれいなノートといってもいろいろあるけど、たとえば社会科のまとめノートとかで、書いた人のすっきり構造化された理解がそのまま表れたような美しいノートをみたら、まぁそれはほれぼれするとは思う。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←あなたは「きれいなノート」派?

要するに、勉強の必然として、結果としてきれいなノートというのは、それはすばらしい。美しい。

私はほとんどそういうきれいなノートを作ったことがなく、数少ない例外(駿台で、英文法の授業がとても気に入り、「結果としてきれいなノート」ができてなんども見返す保存版になったことがある)を除けばノートはその場限り、演習の跡が残されたものにすぎないようなものがほとんどで、直しがすめばゴミ箱行き。問題集のほうに印がついていればノートはいらない。

むしろ、単に整然としたノート…作っているときにうっとりしながら、きれいなノートを目指して書かれたようなものは、見ていて気分が悪い(^^;; というか、なんかそれに注ぎ込まれた時間がもったいないお化けになってたたりそうで、嫌なのだ。自分のでなくても。

つまり、「きれいなノート」が好きでない少数派ってのがいるとしたら、私はそのひとりかなと思う。

別に、きれいなノートが好きでなくてもちっとも勉強には困らないし、やり方によっては効率よく勉強できる。

自分のこととして完結している間は、きれいなノートが好きでも嫌いでも問題ないわけなんだけど…

ところが、はなひめは「きれいなノート」が好きなのである。特に、母が嫌いなタイプの、単に整然としたノート。

塾で、毎週漢字の小テストがあるけど、それは覚えればいいわけだから、
・漢字が書いてあるほうを見て、読んでみる。読み方や意味がわからないものがあればチェック。
・漢字が書いてないほうを見て、書いてみる。
・書けないものにはチェックをつけて、何度か書く練習をする。
・ちょっと間をおいて、さっきチェックをつけたものを書いてみる。書けなければ、再度練習。
・テスト直前には、全部をもう一度書いてみる。
というような進行で勉強している。覚えやすいやり方は人によって違うだろうけど。

それが、学校の宿題になると、こうなる。
・同じ言葉を、繰り返して三十回とかひたすら書く。
・その繰り返しすべてに振り仮名をふる。

振り仮名を全部に振るというのは、私にとってはとりわけ理解不可能な部分なのだが、なんだかそれは先生の指示なのらしい。しかし回数というのは、たぶん最低限というのは指示があるだろうけど、二十回書けとかいわれているわけではなくて、はなひめが自主的に増やしているものだそうだ。

はなひめのノートはとてもきれいだ。

しかも回数が多いから、花丸とキラシールももらえる(^^) ということで、またはりきる。

繰り返していうが、母はこういう「きれいなノート」が嫌いなのだ。
どう勉強すると効率がいいかを、考えようとしない習慣。
きれいなノートを見て満足するというメンタリティー。
時間を無駄にしても平気になる、麻痺をするという訓練。


とにかく嫌だ~生理的に受け付けられない。

もちろん考え方を変えれば、単に好きでやっていること、趣味の領域と考えれば、たとえば漫画読むより漢字を書きたいということであれば、止める筋合いはない。たとえば、母が趣味でピアノを弾いたりして、それはぶっちゃけなんの役にも誰の役にも立たないというのと同じことだ。

だから、どうしてもきれいなノートを作りたいなら、それを勉強ではなく趣味の世界だとよくわかったうえで、それでもそれをやりたいならやってほしい。勉強しているふりに使わないでほしい。

と、私は思うのだけど…(よしぞうは、そうやって追い詰めるのはよくないと思っているようだ)

なので母と娘の平和のために。時間を分けることにした。
朝の30分(朝ごはん前)と、火曜日の母帰宅前は、存分に「きれいなノート」に没頭してよい時間。
(注: 火曜日は、塾の国語の宿題をする日なのだけど、はなひめがつくるのがまた母の嫌いな「きれいなノート」なのだ。ちなみに、ここのところ、きれいなノートを作る以外の国語の勉強はしておらず、栄冠への道は手付かず)
そして、私はその時間に作られたはなひめのノートは見ない。

平和のための不可侵条約。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-05-28 09:48 | 中学受験 | Comments(20)

Commented by sonotoori at 2011-05-28 10:23 x
わかる!超同感!
それをうちのお姉ちゃんがやっている…お姉ちゃんは中学生(汗)
女の子特有の病気でしょうか?

ここまでくると持病となり、何度言っても治りません(泣)
Commented at 2011-05-28 10:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-05-28 10:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by めだ at 2011-05-28 11:42 x
ははは、私も全く同感です!!

学校の先生は、そういったきれいなノート競争を
あおりますよね~~。

綺麗さによって丸も段階をつけたりして・・・

3重丸 → 花まる → 葉と茎つき花まる → 
プラス蝶 → プラス植木鉢を背景 (ーー゛)
5年なんですけど・・・・。

それより定着したかどうかの確認にその労力を使ってほしいけど
(~_~;)

Commented by 雷かあちゃん at 2011-05-28 14:13 x
「漢字ノート」‥小学校の暗黒面のひとつだと思います。
同じ時間を費やすのだったら、そりゃあきれいなノートの方が良いに決まってますけど、5回書けば覚えられる文字を30回書かせることの愚、しかもうちなんか、長男次男ともに、5回目を過ぎたころには、ただ目的を果たす(30回書く)ためだけの文字(←きれいなわけない)になってたし。次男が発明した方法なんか、例えば「供」と言う字を書くとして、最初にニンベンだけ30個「人・人・人‥」次に「共・共・共‥」と30個、な具合の合わせ技を使ってましたよ。AHOKUSA!!

次男が中学に入ったら、漢字専用の教科書(問題集?)みたいなのが1冊配られて、2ページ毎に小テスト、定期考査では○ページまで試験範囲、だから自分で好きに勉強せい、っていうシンプルな方式に変わりました。あー、良かった。
精神衛生上まことに有り難いことです。
Commented by くるみ at 2011-05-28 15:39 x
「綺麗なノート」は好きですが、綺麗に書けないくるみです^^;
もともと整理されたものや綺麗なもの好きなんです。だから、綺麗なノートはほれぼれしちゃいます。
何度か板書でトライしてみたんですが、最後までできませんでした(涙)
効率を捨て切れなかった私。綺麗に書いてみたかったなあ~。

「漢字ドリルとノート」・・。悪夢が蘇ります。
小3の時に漢検に夢中になってた息子。
担任から「同じ漢字を10回以上書くプリントと漢字ノート、終わった人はもう一度繰り返す。」を強制され、「覚えてるのにやるのは嫌だ!」と担任とぶつかり、漢検も二度と受けなくなってしまいました。(その件で先生から呼び出しあり><)
小6の時も「漢字ドリルを2回繰り返すのは嫌だ!」と担任とぶつかり、先生から精神的に問題があるかもと言われ・・。
効率を考えたら息子に軍配ですが、先生の指示を我慢してやれないのはどうなんでしょう。今でも、自分が読めればいいと、周りが何と言おうとノートの字を直さない息子です><。アンダンテさんがお近くにいたら、少し楽に子育てできたかも(涙)
Commented by yoyo at 2011-05-28 17:47 x
演習用ノートと 永久保存版ノートの違いを説明してみたらどうでしょう?
社会や理科の暗記分野は テキスト読んだり 問題演習より 授業ノートで復習したほうが 効率的ですよね?
特に 塾の板書は 懇切丁寧に必要なことを書いてくれるから、便利です。

私は ノートきれいが好きですけれど、
もちろん すべての教科をきれいに書いていたわけではなく。^^;
ノートきれいという自分の嗜好を満足させる科目があれば あとは きたなくても気になりませんでした ^^;
Commented by セロリ at 2011-05-28 22:43 x
きれいなノート、はなひめちゃんは大事なんでしょうね。
そんな大事なノートだったら、その書いた内容を「ビジュアルイメージとして頭に入れる」っていう手もあるかも、です。
右脳で勉強しちゃう、といいますか、
実際、私は漢字は書かずにイメージで覚えていく派でした。(演習ものはとんとよわかったんですが、苦笑。)
Commented by モンサヴォン at 2011-05-28 23:53 x
私も、非きれいなノート派です。
いや確か中1の一時期「きれいなノート」に凝ったことも。でも時間かかるわりに何の役に立たんと、すぐ離脱してしまいました。はなひめちゃんも、「やってみたいお年頃」なのかな。絵を描いたりビーズのような手作業したいけれど時間がなくて出来ないと、ノート遊びにいっちゃうかも。精神安定剤ですね。だったら、平和のための不可侵条約って何て素晴らしい解なんでしょ。うんうん。

うちの大学で、最近の学生さんは、ノートだけはお喋りもせず一生懸命にとるんです。「この辺別に書かなくていいよ」といっても、きっちりそのまま写したがる。で、「中学高校で、ノート提出があった人、手を挙げたくれる?」と聞いたら200人教室のあらかた手を挙げました。3割位はいるかと思ったけれど、ほぼ全員?と目が点に。

そのノートは、黒板を全部写していることが最重要らしいです。それで内申とって推薦で大学に来るんです。ああ、もうっ!
Commented by an-dan-te at 2011-05-29 08:40
sonotooriさん、
私は女子校にいたので、この症例(?)を目にする機会がたくさんありました。勉強熱心で頭もよい女子が、これにハマると伸び悩む危険がありますよね。ちゃんと勉強の本質について考え、PDCAを回すようになれば脱却できると思いますが…元来、まじめで地道な性質を持っているわけですしね。
Commented by an-dan-te at 2011-05-29 08:45
***(2011-05-28 10:37)さん、
え、字数制限ですか、意識したことなかったですけど。別に私がつけてるわけじゃなくてexiteブログがそうできてるだけですよ…

「間違いノート」を真剣に作ったら必然的に構造的なきれいなノートになるってのはもちろんわかります。それがきちんとできる子ってのは勉強をすることができる子ですね。

それはもちろん、漫然と漢字を書き連ねたノートがきれいなのとは意味が違いますよ…

私とはなひめは別人格なので、最適な勉強法も別なものになるはずですが、勉強法を模索しているときに、時間効率を考慮することがなかったら迷走しますから(^^;; やはりそこを意識することは欠かせないのではないかと思います。そんなに急がなくてもいいかとも思いますが。
Commented by an-dan-te at 2011-05-29 08:48
めださん、
そうなんですよね~
確か葉っぱつきはなまるをもらうために、一字一字に異様に時間をかけていた時期もありました。あれに比べると今のほうが、字の書き方と書くスピードは常識的なんで、ましかな(^^;;

結局、見ないで書けるのかどうかを確認するところがいちばんだいじなんですけどね~
Commented by an-dan-te at 2011-05-29 08:56
雷かあちゃんさん、
「**回書く」という漢字学習は、幅広い子どもたちに最低限の漢字定着を図ろうとするものだとは思うのですが、そもそもきれいに何度も字を書くのを必要とするタイプの子(読めないほどきたない字を書く男子)はそれをまともにやらないという本質的な欠点が(笑)

で、**回といわれると余計字が崩れていくのね(-_-;;

方法問わず、とにかく範囲を覚えて来いというので十分ですよね…ノートが生産されることが目的じゃないんだから。
Commented by an-dan-te at 2011-05-29 10:32
くるみさんの息子さんは、自主的に漢検ベースにがんばってたわけで、すばらしいですね!!
それをつぶされてしまったのはたいへん不運ななりゆきでしたね(-_-;;

「**回書く」を強制されるくらいなら、そのときまで漢字を覚えてないほうがマシ、という「学習」をしてしまったのはほんとにもったいないことです。

> 小6の時も「漢字ドリルを2回繰り返すのは嫌だ!」と担任とぶつかり、先生から精神的に問題があるかもと言われ・・。
(-_-;; ちゃんと自分の頭で考えて主張できるお子さんですよね。日本の公立小学校ではちょっと居心地悪いかもね。でもぜひそれでつぶされないで力強く育ってほしいです。
Commented by an-dan-te at 2011-05-29 10:35
yoyoさん、
そういえば日能研の授業でとったノートって、わりときれいです。こじろうのノートもずいぶんきれいになってびっくりしたものです。

はなひめの算数の先生は、授業ノートを見て回って、ほんとうの意味できれいなノート(自分の理解などで補ってわかりやすくしたノート)をほめてくれるようなので、ちょっと期待してます。

yoyoさんは、私よりはるかに「きれいなノート」好きだったには違いありませんが、どこからが趣味の領域だか当時でもはっきり自覚して使い分けてましたよね(^^)
Commented by an-dan-te at 2011-05-29 11:13
セロリさん、
とにもかくにも、がんばりたい気持ちのひとつの表れなので、つぶすのではなくてよい方向に向けられたらいいんでしょうけど、この母娘の相性はイマイチどうもね(^^;;

セロリさんは「イメージ」ですか~私もあまり書かないタイプですね。小学校の宿題は…わりとブッチしてた…
Commented by an-dan-te at 2011-05-29 11:16
モンサヴォンさん、
> すぐ離脱してしまいました。
まぁ結局、自分に必要なことが何かきちんと考えられればいい話で、それを自覚する前に親が押し付けようとしても無駄なんでしょうけどね。

> だったら、平和のための不可侵条約って何て素晴らしい解なんでしょ。うんうん。
あ、ありがとうございます。じゃ、そういうことで。

> それで内申とって推薦で大学に来るんです。ああ、もうっ!
は~そうすると、何が自分にとって勉強なのか考えないまま大学に行くことができちゃうのか…怖いですねぇ。
Commented by ania at 2011-05-29 21:57 x
私のノートも汚い派。っていうか後で読み返さない、読み返せないノートでした。
書いた(たぶん)文字を手がかりに、
書いた時の記憶を手繰り寄せる記号みたいなものだった読めなくても良かったんです。
実際、解読しないし、覚えるためのひっかかりみたいなものでした。

いつだったか数学の問題を友達に聞かれて、
目の前にあった漢文の教科書の表紙を計算用紙にして解きはじめて
友達に「うわわわ。カルチャーショック」、と言われたことありました(笑)。

できれば、そういう手がかりや情報を教科書一個に集約したかったので、
教科書にも書き込みしてて(あんまり読めない)汚かったです...。
Commented by ocarina at 2011-05-29 22:15 x
感覚的に美しく仕様と思って「美しく仕上げあられた」ノートと
分かりやすい授業の記録を取って必然的に「美しくなってしまった」ノートとがあると思います。

ノートを借りる側にとってはどちらも同じ美しさですが、自分のノートとしては、やはり後者の方が後からみても役に立つ気がします。

…でも、いずれにしても、小学生のうちから「美しいノート」が書けるはなひめちゃんは、尊敬に値します(当社比…自分&夫含む!)
Commented by sonotoori at 2011-05-30 01:28 x
> 元来、まじめで地道な性質を持っているわけですしね。
なるほど!その点を褒めてモチベーションをアップさせれば良いのですね。
私自身は自分のとったノートなんて信用できず、テキストに書き込んで覚える派だったので、娘のノートは穴だらけのように思えて心配でした。

PDCA…そうですよね、PDはあるものの、CAの部分が毎度甘くテスト後の改善が見られません・・・
塾で言われる通りにしていても、この点が変わらないので、この夏は夏期講習は断って、限界まで考えて悩んで解決する自力をつけさせたいと思っているのですが、断る勇気を母が持てるか・・・

<< ノート見る派vsノート見ない派 集団の差と個人差と >>