あったか塾弁   

こう寒いと、あったかいものが食べたくなるよね。だから、朝つくって保冷しっぱなしの弁当は嫌だというのもわかるんだけど。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←塾弁の悩みは楽しい悩み、かな

ちなみに、母は今、現に冷たい弁当を食べてるけどね。おいしく炊けたごはんなら、冷めても別にまずくはないよ。でもやっぱり温かいものがほしいから別途インスタントのスープを飲んでるし、社食に行って食べるときも味噌汁とか取ってる。弁当だけじゃちょっとつまらないかな。

それではなひめは、塾に行く前にセルフで塾弁を作るという基本方針でスタートしたんだけど、一週間たっただけで早速見直しタスクが走ってるところ。

理由は、
栄養が偏る。はなひめはどうも極端に自分の好きなもの(具体的には、コロッケとか)を入れる傾向がある。
時間がない。学校が遅めだったとき、宿題が多めだったとき、つい友だちと遊んじゃったときなどに対応できない。
ということ。自分の好物ばっかりの弁当ってのも悪くはないけど、それで週三回じゃ多すぎる。時間がないってのはこじろうだって同じだっただろうけど、行動の基本テンポがスローモーなので余計うまくいかないみたい。

実はこじろう受験のときは、まだ朝に弁当を作る習慣がなかったから、極力セルフ弁当でやってほしかったってのもあるのよね(^^;; 今は、どうせ朝に弁当を作るから(またろう、こじろう分)、もう一個作っておいて冷蔵しておいても私はかまわないんだけど。

「パパッと塾弁」という本に、弁当まるごとを冷蔵または冷凍しておいて、チンして持っていくという案が紹介されていた。それはそれでよい案だと思う。でも、うちの電子レンジが(というか、ヘルシオの電子レンジ機能が)うまくなくて、弁当まるごとをむらなく温めるのは無理なのだ。こじろうが朝、弁当を家に忘れていくと(笑)家に帰ってから夜ごはん近くなって食べていることがあり、そのときはレンジでチンして食べている。それはチンして即食べるからいいけど、半端に温めてから時間が経ったらさすがに怖いからね。

それで、今日は折衷案というか、母がおかず部分のみを作って冷蔵庫に入れておき、はなひめはおにぎりだけを作っていっしょに持っていくことにした。

これが、兄の分の弁当↓
f0185839_123784.jpg


これが、はなひめ分のおかず:
f0185839_12373850.jpg

* アスパラ卵いため、枝豆、プチトマト、鶏肉ボール、こんにゃくきんぴら

ただ、おにぎりだってある程度は作る時間がかかるから、もっと短縮する方法として
おにぎりじゃなくてもほかほかごはんならおいしいよね
ということで、保温弁当箱を試してみる予定。おかずの段は朝詰めて冷蔵庫においておき、はなひめはご飯を詰めておかずと合わせて持っていけばよい。

ということで
・セルフ塾弁…作る気と時間があるとき
・母製作おかず+保温ごはん
・母製作おかず+おにぎり
・母製作弁当…朝作って昼食べればよい講習時期など
・買い弁当…セルフのつもりだったが予定が狂ったとき
というふうに、適宜組み合わせて参ります。

あと、
・保冷弁当+保温マグに入れたスープ
という手もあるかも。今後検討。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-02-14 12:50 | 中学受験 | Comments(2)

Commented by セロリ at 2011-02-14 18:26 x
セロリマンは、S塾なので、いまのところ個別とS塾のハシゴになる土曜だけお弁当です。
そして、いまその気が遠~くなるような一日の「唯一ともいっていいモチベーション」になっているのが、保温弁当箱です。
オススメです。
「何がなくても、白いごはん」というセロリマンにとって、
あったかーいごはんは、「うるさいおかあちゃんのアドバイス」より数千倍も価値あるもののようです。(^^ゞ
ちなみに藤野嘉子さんの「男の子がよろこぶお弁当」
という本がすごく役にたってます。(これは、女の子バージョンもあるみたいですよ。)
Commented by an-dan-te at 2011-02-15 08:16
セロリさん、
保温弁当箱は、昨日の朝クリックしたので、今晩くらい届くようです。こじろうのときに使っていたのは、汁もいっしょに入れるタイプで、子どもがセットするにはちょっと難しいんですよね。

> 「何がなくても、白いごはん」
気持ちはわかる~

大人だって、昼休みが「お楽しみ」ですもんね。

<< カリテ勉強はいつするの~ 計算力向上、まずは「見える化」 >>