内申と定期テスト   

またろうタイプの子どもを持つ親からすると、「内申」と聞くだけで「あぁ提出物」と気が重くなると思う。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←内申の苦労は、「提出物」問題だけではない

私ももちろんそうなのだけど、先日書いたように、そういう問題はどのみちこれからの人生で避けて通れる話ではなし、その方面で努力させるというのは無駄なことではないだろう。だから、問題はむしろそこではない。

定期テストで測る力というのは、もちろん学力と関係するのだけれども、入試当日に測られる学力とは異なる点がある。

・範囲が限られていること
・先生の個人的なポリシー・嗜好・能力が反映された出題であること

前者はあたりまえで、例えばカリテとセンターの違いみたいなものだが、後者はなかなかクセモノだ。

要するに、「学校の定期テストでよい点がとれるようにがんばる」ことと、その科目で入試のときによい点をとれるようにすることの方向にはある程度ズレがある。極端な場合はかなり「あさって」である場合もある。ということだ。

定期テストがこのようなものであることは、本質的にはどこの学校でも変わらない。しかし、中学生の置かれている状況は学校によって異なる。

【中高一貫進学校】例えば、私の中学時代。定期テストの結果は気にしなくてよく、やりたい勉強(受験向きであれ、趣味に沿ってであれ)を中心にやっていればよい。先生の個人的な趣味に走った授業(^^;; がたまたま心にヒットすれば、それは一生いきる道しるべになる場合もあり、ヒットしない場合はスルーすればよろしい。

【中高一貫大学系列校】例えば、こじろうの現状。学校の勉強を中心に据えて勉強していればよい。定期テストも、それを目標にして自分としてじっくり勉強を進めればよく、必死に稼いで結果として残すことに神経をつかう必要はない。

【公立中】例えば、またろうの中学時代。定期テストも結果として残さなければならず、同時に入試本番のペーパーテストのための受験勉強を進めなければならない。…公立中の場合は、この引き裂かれたプレッシャーがうっとうしいのだ。

先生の話をLiveで吸収して教養の一部としてどんどんとりこんでいける子、そして、授業が機能していなくても入試に必要な基本をサラリと自力でおさえられる子は、趣味に走った授業でも、下手な授業でもやっていけるかもしれない。でも、授業を聞くことやノートを取ることがそもそも苦手な子を、親が家からフォローしようとしてもそれは無理だ。それに、仮にそこをがんばっても、それとは別にまた入試対策はしなければいけないことになる。

英語や数学ではさすがに、いわゆる勉強ができるほうが定期テストも取れることが多いのだが、それでもイラッとすることはある。先生の能力が非常に低い場合、授業がまともに行われないだけではなく、作問や採点に難があることが多いから…

というわけで、私は「内申」のプレッシャーを考えるとき、重いのは提出物よりむしろ定期テストの割り切れなさだと思っている。とにかく親が手助けしてどうこうしようとすれば、白髪の増え方は提出物関連より上をいく、と断言しよう。合掌。

もっとも、先生がちゃんとしていれば、その問題のほとんどは解消されるだろう。結局、学校の価値のうち、ある大きな部分はなんといっても、まともに授業ができる先生が揃っているかどうかなのだ。考えてみれば当たり前の話だけれども。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-01-24 13:03 | 高校受験 | Comments(4)

Commented at 2011-01-25 04:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2011-01-25 09:58
***(2011-01-25 04:57)さん、
んーどうだろ。成績は、もちろん学部選択に重要なんだけど、それは高校からだし、学部の序列(?)とかそういうのぜんぜん気にならないし(っつか知らない)、もう本人次第だと思うから眼中になかった(^^;;

放り出されて高校受験、じゃすごく困るんですけど。そのことでいえば「それを目標にして自分としてじっくり勉強を進めればよく」
> 必死に稼いで結果として残すことに神経をつかう必要はない。
で十分かなと。不祥事の心配までしたらそりゃきりがないけど、それは成績がどうあれダメなときはダメでしょう。
Commented by ゆかりどんぶり at 2011-01-25 18:57 x
まるで我が家の長男と一緒のまたろうくん。
もしかして長男もこんな経過をたどってくれたらまだうれしいなと思います。
なんだか、光が見えた気がしてちょっとうれしくなりコメントしました。
中学受験はとんでもない長男ですが、長女の中学受験に少し影響を受けて入りたい。と思ってくれたらうれしいです。
でも、きっと字がやっと書けるようになったので、
それはやっぱり厳しいかな。
我が家のエジソン君はいつかまたろうくんのように
なれるでしょうか?
Commented by an-dan-te at 2011-01-25 22:35
ゆかりどんぶりさん、
またろうも、九九覚えるの遅かったですよ~たぶん、クラスのビリ。
それと、数学は、別物です。
でも、中学受験に間に合わせるのはたいへんかも…

<< あと一週間… 四年生最後の塾テスト >>