下心ありの旅行、なしの旅行   

子どもがそれぞれ大きくなってくると、部活だのなんだの、予定がばらばらで込み入ってきて、家族揃って旅行に行くのも至難の業になる。

それで、今年の夏は、はなひめ一人を連れて、親子二人の秋田一泊旅行を敢行した。なぜ秋田かというと、東北三大祭りのひとつ、竿灯祭りを見せようと思ったからで、なんで竿灯祭りなのかといえば…そりゃ苦手の社会のとっかかりにしようという、下心アリアリ(^^;;

それが、この冬は不退転の決意で家族の都合を無理やり合わせて、五人での旅行に。行き先はハウステンボス。これはまったく「お楽しみ」の旅行で「下心」まったくなし。

秋田旅行のときの模様は、まだ中学受験ブログを書いてなかったので、本館のほうに書いてます。よろしければ下記からご覧ください。

歴史と地理を感じる!?公園散歩-秋田その1

市民参加の技の競演!!-秋田その2

奇跡のゴジラ岩-秋田その3

ハウステンボス旅行の顛末については、帰ってきてから書く予定。

by an-dan-te | 2010-12-23 05:00 | 中学受験 | Comments(0)

<< 市進資料の読み方について訂正 トップ都立高の合格は案外きっち... >>