そして同じ穴の狢かもしれない自分の話   

昨日の「そこに山があるから登る志望校選択!?」では、そういう志望校選択について批判的な書き方をしているけれども…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←やっぱり自分の人生、自分で組み立てないとね

どうも老婆心というか、そんな危うい考え方してちゃダメだよ風に気になってしまうのは、自分が似たようなところを通ってきたからではないかと。

もちろん、受験のレベルとしてどこまで到達したのかということを言うならば、彼我には大きな差があるわけで、「同じ穴の狢」なんてずいぶんずうずうしいとも言えますけどね。

少なくとも、中学受験の志望校決めのいきさつはとっても良く似ていて、クリソツといってもいいくらい。受験当日に初めてその学校に足を踏み入れたというのも同じ。受かったのと落ちたのはそりゃでかい違いで、落ちるよりは受かるほうがいいに決まってるけど、私のほうは落ちたからこそいろいろ紆余曲折、考えることや迷いがあったわけで、もしもすんなり行っていたら、すごい似たことになっていたかもしれない。

理三に行くという意味ではなくて、考え方がね。ストレートすぎる、あれです。

学校のカラーの違いというのもたぶんあって、桜蔭とJGの大きな違いは、大学受験に向かうという価値観というか方向性をどのくらいしっかり取り込んでいるか。桜蔭のほうは中に入ったことがないので、この本や卒業生の話を聞いた程度で想像するしかないけど、少なくとも進学指導というに足るものが桜蔭にはあるらしいし、授業の組み立てもずいぶんそれを意識してなされている。それと、修学旅行も高二のうちに済ませてしまうらしい(^^;;

つまり、すごく違う学校なのだ。JGはむしろ、「大学に行きたいってほんと?? 流されてるだけじゃなくて??」という具合に、いつもブレーキをかけているような(笑)、とにかくなるべく大学受験を指向する一本の価値観を相対的なものにねじふせ、というよりは別の価値観を打ちたてようとしている感じがする。

だからどちらがいいというのではなくて、JGのほうが大学受験に不利だということをいいたいのですらないんだけど(そこはあくまでも人によると思う)、純粋培養するなら桜蔭だろう。

ただ結局のところ、私はJGの中でいろいろな価値観に揉まれつつ、結局は大学受験を大きな軸として高校時代を過ごしてしまった。志望動機もまったくお粗末に
「専業主婦になるため、適当な相手を見つけやすそうなところに行こう」(*)
ということで…それと「山があるから登る」のと大差ないじゃんといわれればまぁ…

いや、それでね。今になって振り返れば、自分がどんなに危ういところを通っていたのか、さすがにわかるわけですよ。足元にいろんな大穴が空いていて、どれに足を取られて落ちても不思議はなかった。今、自分の人生については満足していて、宝物(←比喩的に)いっぱいだと思うけれども、それは数々の偶然に助けられて、ほんとにたまたま崩壊しなかっただけなのだ。結婚相手も、就職先も、友人も…そしてちょいと手のかかる癖のある子どもも…えらくラッキーな出会いがあって、私が穴に落ち込まないように助けてくれた。

けどね。いつも誰でもラッキーとは限らないので、ああいう若い人をみたら、「あぁ危ない!!」と言いたくなってしまう。私と違って、もっとずっと徹底できる資質の持ち主らしいから、危険度はより高いぐらいかもしれない。受験のために勉強をしたことは、というより、勉強をすることができるという力は、人生の勘所でもある面で助けにはなるんだけれど。それだけでは渡っていけない。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

(*)詳細は、「私が東大に行きたかった理由」参照。

by an-dan-te | 2010-12-13 10:01 | 中学受験 | Comments(4)

Commented by 向日葵 at 2010-12-13 23:45 x
いつも楽しく読ませて頂いています.
うちの子は,「高い山に登ってみたい」タイプです.いろいろな価値観を学んでほしいので,附属校も考えていますが,本人は,進学校がいいといいます.現時点で,大学が決められないというのが理由のようですが,本当は,偏差値の高い学校に目が向いているだけだと思います.でも,私が偏差値だけで物を言うのを好まないのを知っていて,あーだこーだ理由をつけて,そこが良いと訴えています.まったくよくも次から次へと理由が思いつくこと・・・という状態です.これから先が思いやられます.
Commented by an-dan-te at 2010-12-14 13:28
向日葵さん、
山に登るどころか「低きに向かって流れていく」タイプの圧倒的多数の子どもを持つ親からすれば、向日葵さんのお話はうらやましいとしかいいようないですよね(^^;;

ただ、その上で、ゴールはそこじゃないから見失わないようにしてもらえれば、いうことありません。大学を選ぶころにはもうちょっとわかっていたらいいですよね。今はわからないのが当然では?

> まったくよくも次から次へと理由が思いつくこと・・・
そういうお子さんならきっと、そのころまでには真実の理由にたどり着きますよ。
Commented by 向日葵 at 2010-12-16 00:09 x
そうですね.まだまだ,子供ですし,あせらないでいきたいと思います.勉強面ではあせらないものの,子育ての面からは,けっこう悩みが多いです.
Commented by an-dan-te at 2010-12-16 22:52
向日葵さん、
悩みは尽きません。傍からみてどんなすばらしいお子さんでも、その親は何かしらきっと悩んでますよ(^^;;

気長にいきましょう。

<< 青木昆陽らぶ(その時歴史が動いた) そこに山があるから登る志望校選択!? >>