塾とバレーボール、微妙な優先順位   

はなひめがなし崩し的に通塾を開始したときは、木曜のみの週一回だった。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←結局、こじろうもはなひめも基本ヘタレ系

春期講習で「試してみた」感触が思いのほかよかったので、はなひめが塾に通う気になったのだが、あいにく塾が火・木の週二回ということで、バレーボールの火曜日練習とバッティング。そこで、

・通塾をあきらめるという手ではなく、
・バレーボールに火曜日行くのをあきらめるという手でもなく、

なんと週一回、木曜日だけ通塾するという選択をしたのが四月。

決め手となったのは、塾で木曜日のほうが算・理だったこと。算数はとりわけ家で面倒をみたくないと私が強く思ったので、えーい、もったいないけどそれでも行かせよう、と思ったのだ。はなひめは国語なんだか得意そうだし、文章が読めれば社会くらいなんとかなるんじゃない?? ←こういうのはだいたい甘いとしたもんだ(^^;;

つまり、この時点では、
バレーボールの練習 > 塾(国・社)
という決断をしたわけだ。

その後もいろいろとバッティングがあり、例えば塾のテストが土日に入って、それがバレーボールと重なるときはどうするか。

ここで根性があれば、塾のテストをずらしてもらって、まずバレーボールに行ってから返す刀で塾テストという手もありそうなのだが、はなひめは決してそういうことをしようとしない。そんな疲れることは嫌だという。

そこで、まぁバレーボールへの熱意がその程度なのであればということで、以後なんとなく
塾テスト > バレーボールの練習
という序列で合意(はなひめと母の)がとれた。

さらに、夏休みあたりに話が複雑になってきて、塾テストとバレーボールの試合だったら?? とか、夏期講習最終日とバレーボール練習だったら?? とか、いろいろ天秤にかける必要が出てきた。

そのたびにああでもないこうでもないと話し合い、結局、バレーボールの試合といってもレギュラーではなし、むしろ長時間拘束の割に運動できる時間も少ないんだし、特に優先させなくてよいということではなひめが自分の意見をまとめた。
#この考え方、すでに体育会系としてはありえない発想になってる

はなひめにとっての「バレーボール」の位置づけが、こうしてふらふらしている間に、塾の状況に変化があった。塾から月曜日に国・社の補習をしてくれるというありがたい申し出があって、火曜日のバレーボールに行きつつ、週二回塾に通えるようになったのだ。

というわけで、基本のスケジュールではぶつからない態勢ながら、何かイレギュラーなことがあって予定がぶつかったら塾のほうを優先させるというスタイルが確立してきた。

ところがさらに、この文化祭シーズンになって、文化祭に行きまくっているとバレーボールに行ける日が少なくなってきた。ようやくこの日は行けると思ったら、体育館の都合でお休みになったりして、ずいぶん間が空いちゃって…

不思議なもので、たくさん行けてるときはもっと行きたいと思うものが、休みが続いてくるとまぁいいやという気分になってくるものである。そうするとこのまま、塾の予定が立て込んでくるとバレーボールがフェードアウト?? やめるやめないでもめるまでもないということになりそうだが…

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2010-10-12 21:18 | 中学受験 | Comments(0)

<< 「似合う」学校を探そう JG文化祭 - 変わること、変... >>