こじろうから「泣き」が入りました   

こじろうの宿題はいよいよ大詰め。大物の宿題をばったばったと一日ひとつは、なぎ倒していかなくてはいけない勘定に。

部活もない平日、今日はとにかく「植物画」を描く計画という日。いちおう準備として「初心者向け(?)」の植物画の本を借りてあったけど、中をぱらぱら見て、こんなことこじろうができるワケはないなとは思っていた。

案の定、もう父と母が会社に出るというころになって(というかすでに遅刻っぽいタイミング)、最初のページの「準備するもの」のあたりを見てすでにけっつまづいたこじろうが、「これって何?」「これどうすればいいの?」などとパニクっている。

「お母さんだって知らないよ。画用紙でも筆でも、いるものあったら自分で買っておいで。あとで払うから」といい置いて去る。あ~今日いちにちどうなっちゃうかなと思いながら。

会社にいる間、あれがないこれがないとか、あれができないこれができないといって電話がかかってくるかと思いきや、一度も鳴らない。ちょっと意外。これは順調なしるしか、それとも何もやってないしるしか…
#賭ける相手もいないけど賭けになりませんな

会社から帰ってくると、半泣き顔のこじろうが「できないよ~あんなの」といいながら、「お母さん、助けて!!」と取りすがってきた。で、今日は何をどこまで進めたのかと聞くと、これが…
1ミリたりとも進んでない。何も。


「どうするつもり? 植物画が描けないなら家庭科のレポート書くとか岩石拾ってくるとかあるでしょう? 一日棒にふってていい状況じゃないよね。ここで一日無駄にしたなら、どこで取り返すの? ジジん家行くのやめる? 部活行くのやめる? 部活いかなくったって、それ平日だよね。今日とまったく違わない一日が来るんだよ!!」

と言い募ると、こじろうさすがに返す言葉もなく、青ざめている。

それからはしかたなく、家庭科のレポートの材料にする本をつらつら読んだりとかしていたけど、それは本を読めばいいのではなくて、レポートの構成を考えて、実際に書いて一日とかいう勘定のところ、今もう夜なんだからね。どうにもならない。

次の日は、ようやく本を読み進めたり、岩石を拾ったりしていたが、何かやはり面倒なものは何一つ形になっていない…つまり、本を読んだだけでレポートはできていない。植物画は手付かず。

そして今日、とにかくジジの家には三人揃って遊びに行くということで、明日からの線引きをしなおさせた。恐ろしいことに、部活のない日は「植物画・地理」などと大物二つ!! 片付ける計画(o_o) 実現できるのか!?


=== バラード一番 レッスンメモ No.3
初めて最後まで弾いたあと、後半をややゆっくり弾きなおして音やリズムの間違いをチェック。
歌A(3)のMeno mosso sotto voce ppは、しつこくしつこく、どこまでも『レ』が続いているということが一番だいじなのだとか(?)
歌A(2)でも「ずっと続いている」なんだけど、比較的短く終わってしまう。特に歌A(3)はしつこい感がだいじなんだって。

どうにもならない「おどりC Presto con fuoco」をどうするかと聞いたら、
「とにかく慣れるしかないんだけど」…「足でどん、が1拍目3拍目、手拍子でぱん、が2拍目4拍目」。そこからどんぱんどんぱんしながら、先生は口三味線でPresto con fuocoのところの演奏(^^;; 途中、ひじなどの動作も入り、「これは右ひじ、これは左ひじって感じ」とかで、なんかもっともらしい。

ということで、先生が脇で「どん、ぱん、どん、ぱん」と踊っているところ、もう一度弾いてみると、おぅ、ちょっといい調子。もちろん、Prestoではぜんぜんないんだけど(Moderato?)私としてはかなり快調に進む。

…しかし、家に帰ってきてから、隣で「どんぱんどんぱん」踊ってる人がいない状態で試すと、やっぱりよくわからないorz

by an-dan-te | 2009-08-29 08:04 | 中学生活 | Comments(8)

Commented by トライデント at 2009-08-29 10:55 x
おはようございま~す

うちも似たような感じで大物がごろんごろんと残ってます。

ただこじろうくんと違うのは泣きついてこない。
ただひたすら現実から逃げて行き、追いつめると
「ええい 煮るなり焼くなり好きにしろいっ」
と開き直る。

ほっとけば良いのかもしれませんが 以前ほっといたらどこまでも
流れて行き、回収する私が大変だったし 最近は流れも急になってきたのであっという間に見失って回収不能になるに決まってる。

その上反抗期で まっとうなアドバイスしてあげても全部ダメだししなきゃ気が済まないらしく あーでみないこーでもないと時間が過ぎて行きます・・・。
こじろうくんみたいに「お母さん助けて」なんて泣きを入れてきたら嬉しくて頬ずりしちゃうかも。

必死で抵抗されそうですが(^^ゞ
Commented by an-dan-te at 2009-08-29 13:21
トライデントさん、
なんか、この学校の宿題、大物がずいぶん大物なんですよね。そこまでしなくても…というか、またろうじゃなくて(まだしも)よかった(?)

回収不能(^^;; 怖いですね。
タイムリミットも迫ってきました。それにしても、植物画なんて、助けの出しようもありません。描くしかないんだが…
Commented by 無謀 at 2009-08-29 16:49 x
学校が既に始まっている二男、担任から8月中に夏休みの宿題を提出しないと9月から学校に来なくていいと言われて泣いています。大声で泣いている暇があったら計算問題の1題でもやればいいのに・・・。
中学生は宣言してあったせいか、泣きついてきません。結局我が家は期日中にすべて提出したのは娘だけ。夏期講習も通って、宿題もこなして、あー女の子って楽でいいわ♪
Commented by メゾフォルテ at 2009-08-29 18:25 x
この週末かけて3日間、息子は朝から晩まで部活関係で外出です。この連ちゃんがあるからこそ、先日半休とって見張って(手伝って、では今回なかった)あげたのに。安心したのか、ここで留まった。

9月のスタートがお情けでかちょっとばかり遅れ(=宿題缶詰用の日?)ているのをいいことに・・・うちも可愛く泣きついて来れば、補助してやろーと思っているのに、5年生位からいつも自分で抱えてます。
頼らない→しかし自力で完成しない→タイムアウト・・・何度同じ失敗しても懲りないヤツ。
基本は暢気&のんびり、キミには「焦る」という感情は無いのか?時々私のストレス解消として、「のび太」と本人に呼びかけています。
Commented by an-dan-te at 2009-08-29 21:48
無謀さん、
二男くんの夏はまだまだ終わらない!!
…って、あとどれくらいなんでしょうか…
こちらの二男くんの夏もまだまだアツいのですが、いちおう九月も数日は夏休みがありますからね(^^) でもこのペースだと終わらないんだよな…

> あー女の子って楽でいいわ♪
…ですね。あ、うちのはそこまで自動運転モードじゃありませんが。「比較的」ね。
Commented by an-dan-te at 2009-08-29 21:50
メゾフォルテさん、
そう、手伝わないですむためにも、早めはやめの「見張り」が必要なんですよね~
早くこじろうの方のカタをつけて、またろうの進行状況をwatchしないと…
Commented by メゾフォルテ at 2009-08-30 12:22 x
アンダンテさま
息子の学校は、こじろう君の学校ほど大物が沢山出ていないからこそ、手伝いという程のことをしなくて済んでいるだけなのです。
淡々と着実にやる・・・これが、本人がとても苦手なことです。
受験時も、範囲の決まっている月次でズルズル下がり、範囲の無い試験で戻る、の繰り返しでしたが、中学以降は矢張りもう少し日々きちんとできないと。
Commented by an-dan-te at 2009-08-30 23:16
メゾフォルテさん、
淡々と着実に…これができないのがまたろう、
わりとできるのがこじろうですが、
大物宿題は完全アウト。

今日、植物画+地理が目標でしたがどちらも手をつけられず、とりあえず歴史を…まだ今私の背後で選挙速報をチラ見しながら完成の見えない状況orz
…あぁ八月が終わってゆく…

<< 「メリーさんの羊(重音)」の謎 バイオリン体験レッスン! >>