バイオリン体験レッスン!   

調弦がうまくできないんだけど…とちょっとどきどきしていたら、先生がスッと持ってちゃっちゃと調弦してくださった。先生が弾くと同じバイオリンでもいい音がするなぁ~

まず、開放弦を何度かずつ弾かせてみると、「変な癖とかもなくてとてもいい音ですよ」とほめて、突然まず「アマリリス」のページを開くと、「これ弾いてみて」

私がとりあえず弾くと「今のは、ひとつひとつの音で弓を止めて、別々に弾いていたでしょう。次はつなげてやってみて」…で一回。

「開放弦のときはいい音が出ていたのに比べると、音が縮こまっていますよね。左手どうしようって緊張するとパッと右手にも力が入っちゃうようなんだけど」
…開放弦で移弦の練習しばし…
「じゃ、さっきのもう一度」
おっ、弾きやすい。ふしぎ。

「いいですね。じゃ…」と、さらにがしがしとページをめくっていく先生。
チャイコフスキーの、「セレナーデより」。
一回弾いてみると、一段目最後のA線から二段目最初のD線の3の指に移るところでもたついた。そこを修正して今度は先生といっしょに弾いてみる。

「きれいに弾けてますよ~スラーもいいし。この本はだいたい問題なく弾けるんじゃないですか?」
え~先生、そんなわけないでしょうが~(o_o;;

「あの、自分でいちおう飛び飛びに曲をやってみたら、まさにこのセレナーデまでは来たんですが、次の『別れ』がどうにもならないんですよ。あと、途中にも謎があって、メリーさんの羊の重音バージョン」

あぁトンネルね、というわけで弦をまたぐところの先生実演と、私がやってみて指の形をああだこうだと…指は立て気味にして。それから、押さえてからぐいとG線のほうに少しずらしちゃうのもありだとか。
「まぁそんな感じでしばらくやってみて。この本だとこの件については妙に始めのほうから厳しいんですけど。ほかの曲弾くときはそんなに気にしなくてもいいですよ」

最後に、「別れ」がどんなふうにどうにもならないかを実演(^^;;
4の指を使おうとすると、ぐげー、苦しい、って感じの音になっちゃうんですよね。
すると先生、
「4の指だ、難しい、って構えるもんだから、右手がお留守になって弓が失速してますよ。弓を動かさなくちゃ音が出ないですよね」
…えっ、そんな根本的な問題だったの(o_o)
「左手に自信が持てるようになったら、きっと突然とてもいい音になりますよ」
…先生ったら、ウマイこと言う(^^;;

というわけで、レッスンは「別れ」と「イ長調音階」からやりましょうということになりました。

というか、今日は体験だけれどすっかりもう申し込む気でいましたね。私も先生も。感じのよい方でしたし、なによりバイオリンの音が私好みだったので、いうことないです。


f0185839_8203544.jpg今日の弁当:
ブロッコリー、しゅうまい、プチトマト、こんにゃくきんぴら、メンチカツ

by an-dan-te | 2009-08-28 08:17 | バイオリン | Comments(4)

Commented by 雷かあちゃん at 2009-08-28 10:40 x
着実に前へ進んで行っているご様子。素晴らしいですね。そして、羨ましいです。
私だって、我が家の不肖の息子達が無事片付いたあかつきには‥‥<妄想>‥‥
一応、1年半後を目標に、「やりたいことリスト」の準備は怠り無く進んでいるんですけどねえ。
Commented by an-dan-te at 2009-08-28 12:38
雷かあちゃんさん、
> 「やりたいことリスト」の準備
コレ大切ですよね。まず。

うちの息子たち、ちっとも無事片付いてないんですけど…夏休みの宿題とか…でも手伝わないからもぅいいんだ(^^;;
Commented by ゆかりしょう5まま at 2009-08-28 14:53 x
ついに、はじまりましたね♪
実は、うちの実家にもあるんだけど…ついでにヴィオラも(両方とも妹のです)
たぶん20年くらいケースから出していないので、どんな状態か??
Commented by an-dan-te at 2009-08-29 13:01
ゆかりしょう5ままさん、
はい~
ついに始まりました。狙ってたのはずいぶん昔からですからね…
20年しまってある楽器、復活のチャンスはあるのかな??

<< こじろうから「泣き」が入りました ピアノコンクール本選 >>