またろう英語夏期講習「半分」順調   

またろうの英語スペシャル夏期講習は「半分」だけ順調だ。

順調な「半分」は、「Back to the Futureで英会話」のほう。
残る「半分」は、英文法強化だ。

バック・トゥー・ザ・フューチャーは、もともと好きな映画なので何度も見ているが、また部分的に見返してもさらにおもしろい。またろうは、今回英語のセリフを、手を動かし口を動かし体感する中で、日本語吹き替えあるいは字幕で見ていたのではわからなかったニュアンスの一部を感じ取ることができて、「おぉ」と思ったらしい。

「英語で言っていることの中で、日本語字幕に出てないところがあるね」
「今のは(←駄洒落)訳しようがないね」…など。

マーティーは、物語の最初のころ、オーディション・テープを送ってみるようにジェニファーに促されながら、もしダメ出しされたら…とかグダグダいってて、

I just don't think I could take that kind of rejection.
(そんなふうに拒否られたら耐えられないと思う)

なんて、てんで情けないのだ。それでもって、

Jeez, I'm starting to sound like my old man.
(なんかオヤジに似てきちゃったよ)

とボヤく。最初、この文の意味をまたろうに聞いたら「老人の繰言みたいのを言うようになったということ?」などと言っていたが「my」old manなんだからお父さんのことだよというと、「あぁ!!」。ここをmy fatherなんて直接言ったら照れくさいというか味がないというか、それでぼかすんだなと。

あるいはBiffが無理難題を押し付けているシーン。レポートをretypeする時間が必要なんだからもっと早く仕上げろ、でないとオレがクビになっちゃうじゃないかと言って、

You wouldn't that to happen, would you? Would you?
(そんな事態を起こしたくはないだろ? えぇ?)

ここで「Would you?」ってスゴむと迫力が出るんだなと(^^)

この「Back to the Futureで英会話」は、当初の予定を大幅に変更して簡略化して進めている。
・シーンを見る
・ノートにセリフを写す
・読む練習。わからない単語は辞書を引かせるのではなく、その場で教えてしまい、赤線引いて赤で書き込む。「使えるフレーズ」に赤の波線。
・再度シーンを見る。続けてもう少し見て、翌日のシーンを決める。

すらすらに言えるようにしてシャドウイング…の話は、遠すぎるのでさっさと引っ込めました(^^;;
まぁそれでも、やはりかっこいいセリフはかっこよく決めたいというのは本人にもあるので、だいぶ勢いよく、リズムを持って言えるようになってきた(あくまで本人比)。

ドクのセリフに出てくる単語は、理系なら知らないではすまないものがたくさん出てくる (distance, molecular, destination, experiment, …) シチュエーション込みで印象に残るから多少は記憶に残りやすいかな。

というわけで、当初の予定からは縮小しつつも、サラリと順調に楽しく進めている。こちらは軌道に乗ったのでこのまま「映画の残りが尽きるまで」走ろうと思っているが、そろそろ残り「半分」にも着手しないと…
(またろうの夏休みはまだまだこれから。九月の終わりごろまで続きます)
[PR]

by an-dan-te | 2009-08-23 08:09 | 高専生活 | Comments(2)

Commented by みちくさ☆ at 2009-08-29 20:14 x
こんばんは^^
洋画はいいですよね。授業では決して実につくことのないリズム感や言葉の間、フィーリングも体感できますし。!(^^)!
私も小さい頃、よく父に薦められました。

それにしても.....随分と丁寧に進められているのですね~..(*^^)v
聞き取れるセリフでも、ノートに書き写すのは大変ではありませんか?
私には気の遠くなるような作業ですが(苦笑)、
アンダンテさんのサポートは頭が下がります。(~_~;)

丁度、英語教材で字幕をパソコンに表示できるソフト?を見つけたところで、
買おうかどうしようか迷っているところでしたが、
う~~ん..。とっても欲しくなってきました!(笑)

Commented by an-dan-te at 2009-08-29 21:53
みちくさ☆さん、
本人もこの勉強だけは気に入っていて、積極的に毎日…に近く…取り組んでます。
とにかく文字にしないと流れちゃうし、文字をすらすら書くこと自体かとても重要な課題の子なので、書くのは必須なんですよ。セリフが書いてある本があって写すだけですから簡単です。聞き取って書けたら最高だったのですがムリです。

口で言いながら書くといいと思うんですが、そういう脳みその使い方はまだできないらしくて成功していません。

<< バラード一番の「地図」を作ってみた さて、バラード一番、どうしよう。 >>