「新しいバイオリン教本」   

九年前、二ヶ月だけ習っていたときに使っていた教本は「新しいバイオリン教本」(音楽之友社)。

ほかのブログとかを見てもよく出てくるのでメジャーな教本なんだと思う。写真豊富で説明もわかりやすいし、習ったことを使って弾ける親しみやすい曲もいろいろ載っているので、使いやすそうな…気がする。

なにしろ、ちょっとしか味わっていないしずいぶんたってしまったのでよく覚えていないが、そのときの先生は、私が大人でもあるし二ヶ月しか習わずに塩漬けにするつもりであることを聞いていたので、できるだけバラエティー豊かに「体験」させようと思ってくださったらしい。あろうことか、教本は1だけでなく2まで買ってあって、1にも弾いていない曲がたくさんあるけど、2でも一曲だけ書き込みがある。「五月のうた」(Mozart)

とにかく、ひとつひとつのことをきちんと身につけるというより (そんなことをしたらあっという間に二ヶ月終わってしまうので) いろいろめまぐるしく試して曲を弾いてみたという感じ。楽しかったことは楽しかった…けど、今弾きなおしてみようとすると、んー何がなにやら…

「メリーさんの羊」をD線やA線でふつうに弾くのはまぁわかるとして (きれいに弾けるかどうかは別問題)、「メリーさんの羊 (重音練習)」まで来るとさっぱりわからない。つまり、D線で「メリーさんの羊」を弾きながら、ずっとA線を鳴らしているわけだが、ということは、D線を押さえている指がA線を触ってはいけないわけだ。ところが、私がD線を押さえようとするとなんだかA線もしょっちゅう触れてしまうので、そのたびにガマ蛙が鳴くよりひどいことに(^^;;

左手の形とかに問題があるのだろうけど、写真とか見てもよくわからないので、保留。

この調子で、前にやったところだけでも弾いてみようという試みは「保留」だらけになってしまうので、まぁ早晩挫折するだろうな。というか、あまり自己流で試さないほうがいいかもね。

なので、開放弦をひたすら鳴らす以外のことはあまりできないでいるのだけど、昨日はようやく体験レッスンの申し込みをした。八月最終週。それでお互い気に入れば、九月から開始となります。

ところで、もうすぐバイオリンを始めるぞーというワクワク感で、つい楽譜屋さんを覗いてみたのだが、さすがにピアノについては「弾けない楽譜をすぐ買う」私でも、バイオリンはまったく見当がつかず、「夢」の曲を定めることもできなかった。代わりに、「新しいバイオリン教本-1,2 ピアノ伴奏譜」というのが目に入り、ふらふらと買ってしまった。

おぃおぃ、バイオリン弾きながら自分で伴奏はできないよ。我ながら、どう使うのか謎である(笑) クラビノーバで録音して、それをカラオケに使って練習するなら理論上可能だが…


f0185839_7193251.jpg今日の弁当:
厚焼き卵、大根とにんじんきんぴら、ほうれん草炒め、こんにゃくきんぴら、ごまひじき入り肉団子、梅干

by an-dan-te | 2009-08-07 07:14 | バイオリン | Comments(6)

Commented by nonchan at 2009-08-07 09:48 x
私も「新しいバイオリン教本」でした。4までやりました。
たぶん超メジャーだと思います。オケにいたときのバイオリンの友達は、鈴木の教本だったという人が少しいた他はみんな「新しいバイオリン教本」だったって言ってたし。
レッスン楽しみですねー(^^)
Commented by an-dan-te at 2009-08-07 12:13
nonchanさん、
おぉ、4まで…って、どんな世界なのか想像できませんが(^^;;
楽しみです。気長~にやります。
Commented by ま~にゃん at 2009-08-07 14:57 x
おひさしぶりです~♪ご無沙汰している間にバイオリン登場してましたんですね!!あたしもその教本1から4まで使ってました♪この本はスズキと比べて進度が早いようで4が終わった時は達成感がありました♪今は教本はもう卒業してスケールと曲なぞをやっております♪
Commented by an-dan-te at 2009-08-07 22:26
ま~にゃんさん、
私もその「4」まで到達できるようにがんばります(^^)
というかやっぱり「曲」ですね。今あんまりバイオリンの曲を知らないけど。
これまでなんとなくピアノのコンサートばかり聞きに行ってたので、今度はバイオリンも行ってみよっと。
Commented by ばよりん at 2009-08-08 17:08 x
「新しいバイオリン教本」は、6までありますよ。
6は、総合応用曲集。ヴィエニアウスキーのレゲンデ、パガニーニのモーゼ変奏曲、サラサーテのチゴイネルワイゼン等10曲と高度基礎練習です。
Commented by an-dan-te at 2009-08-09 18:41
ばよりんさん、
は~、それはなかなか…
長生きしよっと。。(^^;;

<< またろう期末テストの教訓 将棋部の中で >>